成田国際空港 第3旅客ターミナルビル

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

空港

公共用途の建築物・空間

成田国際空港 第3ターミナル プロジェクト[成田国際空港株式会社+株式会社日建設計+株式会社良品計画+株式会社PARTY]

グッドデザイン金賞

LCCのための空港をローコストでつくるために、空間や素材、サインや家具など、様々な観点から徹底的に追求して生まれた、全く新しい空間の質を持った空港である。

その結果、わかりやすさ、歩きやすさ、使いやすさ、静かさ、楽しさなど、従来の空港の概念を覆すほどに新しい数々の価値が、誰にでもわかりやすいかたちで提示されている。

成田国際空港 第3旅客ターミナルビルの概要2015年4月8日開港の成田国際空港第3ターミナル。
成田空港として22年ぶりに建設されたLCC専用のターミナルで、 年間利用者数750万人と5万回の発着回数を見込んでいる。
国際線と国内線の両方が利用でき、ジェットスターグループ、 バニラエア、スプリングジャパン、チェジュ航空が乗り入れ。
成田国際空港 第3旅客ターミナルビルの製品仕様補足資料をご参照ください。
プロデューサー株式会社日建設計、株式会社良品計画、株式会社PARTY
ディレクター株式会社日建設計、株式会社良品計画、株式会社PARTY
デザイナー株式会社日建設計、株式会社良品計画、株式会社PARTY
成田国際空港 第3旅客ターミナルビルの開発・企画について提示された予算は通常のターミナルの半分であった。
予算的な制約はデザインの工夫によって 乗り越えていけることをひろく社会に伝えるとともに、第2ターミナルから最大1.5㌔程度の徒歩を必要するといった物理的な制約も、デザインの工夫によって空港利用者の心理を苦痛から快適に変えようという試みであった。
成田国際空港 第3旅客ターミナルビルのデザインについてローコストな旅を志向するローコストキャリア(LCC)利用客のための「ローコスト空港のデザイン」。
ユーザー・社会に伝えたいこと2015年には1500万人が見込まれる訪日外国人数。
東京オリンピックが開催される 2020年には2000万人にまで増加すると予想されている。
その半数以上を占めるアジア各国への増便やLCCの台頭が建設のである。
また国際線と国内線を同一ターミナル内にすることで諸外国から地方への 直接的なアクセスの利便性を向上することができる。
成田国際空港 第3旅客ターミナルビルはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか予算の関係上、通常よくある動く歩道、電照式のサイン看板や高価な革張りのチェアは設置できず、その課題を解決するため、ふたつ以上の機能をひとつに集約する“ more than 2 into 1”という 考え方によるデザイン上の工夫をおこなっている。
たとえば、陸上トラックの導入では、 誘導サインと足の負担を軽減する機能を兼ね、また、待ち時間も長く深夜便も多いLCC利用客のために、できる多くの人が長時間快適に座れる機能と時には仮眠をとることもできる機能を兼ね備えた オリジナルソファをデザインした。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項この「Terminal3プロジェクト」は、日建設計、良品計画、PARTYによる3社共同プロジェクトです。
建築、サイン家具といったすべてのデザイン要素をそれぞれが分断しておこなうことなく、 お互いの制作プロセスに協力しあい、密に連携することで、統合的にデザインをおこなっています。
どこで購入できるか、どこで見られるか成田国際空港 第3ターミナル、スペシャルサイト
成田国際空港 第3旅客ターミナルビルをもっと見る・購入 楽天市場で成田国際空港 第3旅客ターミナルビルを探す

amazonで成田国際空港 第3旅客ターミナルビルを探す

Yahoo!ショッピングで成田国際空港 第3旅客ターミナルビルを探す
オフィシャルサイト http://terminal3.jp/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
公共用途の建築物・空間の人気グッドデザイン