マジックセーフ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

シャッター用危害防止装置

オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備

文化シヤッター株式会社

グッドデザイン賞

子どもなどの挟まり事故防止機能は新規に設置するシャッターの場合は電源等の確保が容易ですが,後付けの場合はバッテリー式になるためいざという時作動しない場合があります.本製品は可動時の発電機構を有することで電気供給の課題を解決している点で高く評価されました.毎日の安全をさりげなく守る優れた製品といえます.

マジックセーフの概要シャッターは店舗等で遠隔操作されたり、火災時に延焼や煙の燃え広がりを防ぐため、煙・熱感知器で自動閉鎖するといった、当該部位を未確認のまま作動するものが少なくない。
その際問題になるのが、人や物が挟まれて事故になることである。
それを防ぐため、シャッターカーテンの最下部に約2cm程可動する下枠を設け、その可動域で衝撃を緩和すると共に、可動時の運動エネルギーで発電させ、天井内に隠された本体に電波で危険信号を送り、閉鎖するシャッターをストップさせるのが本品である。
人や物が挟まれると通常は反転上昇し、停電や火事により電気供給が無くても約10秒停止し、再度閉鎖作動を始め、閉まるまでその動作を繰り返し続ける。
マジックセーフの製品仕様「マジックセーフ」はシャッターカーテン再下部に約2cm程度可動する下枠を設け、その下枠の可動による運動エネルギーによって発電し、危険信号を送信するシャッターカーテン最下部へ設置される「送信機」と、その危険信号を受け取り、天井部へ設置される制御盤へ送る「受信機」とで構成され、シャッター降下時に人や物が挟まれるとシャッターを停止させることができるシャッター用の安全装置である。
プロデューサー文化シヤッター株式会社 商品開発部長 尾登宏幸、次長 岡田秀正、課長 高井邦治
ディレクター文化シヤッター株式会社 商品開発部 課長 大館一樹、係長 猪俣聡
デザイナー文化シヤッター株式会社 購買部 係長 阿部裕輔、商品開発部 係長 橋本淳、主任 長峰大輔
マジックセーフの開発・企画について遠隔操作時や火災時などシャッターを降下させる際、当該部位を目視せず作動させる場合、障害物を感知したらシャッターの降下を停止させることで、人や物の挟まれというリスクを排除できる安全装置はこれまでもあったが、「マジックセーフ」はそれらの課題だった信号伝達コードのいたずらによる断線防止、信号送信機のバッテリー切れ防止を実現させ、人や物の挟まれに対する安全性を大幅に向上させた安全装置である。
マジックセーフのデザインについてシャッター降下時に障害物を感知すると発電し、危険信号の伝達を無線で行うことができる電池レスの安全装置
ユーザー・社会に伝えたいこと過去、営業終了後の駅で、遠隔操作で閉鎖してきたシャッターに、偶々そこで寝ていた方が挟まれて亡くなるという事故があった。
その反省から挟まれ事故を防ぐ危害防止装置の取付が義務付けされた。
しかし構造上下枠と天井内の本体をつなぐのが難しい。
ワイヤー式は露出するため、イタズラや断線の恐れがあり今一つだった。
電池式ワイヤレスは、緊急時に切れている可能性もありうる。
そこで自己発電する本品を開発するに至った。
マジックセーフはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか従来のシャッター用の安全装置は大きく分けて2タイプ。
①危険信号の伝達にワイヤー類を用いたタイプ。
構造上ワイヤー類が意匠面に露出するため、いたずらの対象となって断線してしまうことがある。
②電気的に危険信号を伝達するため送信機側にバッテリーを搭載するタイプ。
使用しているうちにバッテリー切れになるが、それに気づかず使用し続けると、緊急時に安全装置が働かないことになる。
それらの問題を本品では、いたずら防止対策、そして意匠性の向上を図るため危険信号の伝達に電波を用いることでコードレス化を図り、断線のリスクを根本的に排除した。
またバッテリー切れ対策として、危険信号伝達のための送信機に発電スイッチを内蔵し、障害物を感知した際にその発電スイッチをONすることで得た電力により電波を発信する方式とすることで、バッテリー不要の本システムを完成させた。
さらに安全装置が未装備の既存シャッターにも取付可能である。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項シャッターは街の安全安心を司る物で、確実な開閉があってそれが成り立っている。
その根幹を担う安全部品が、普段使いの中で過度に目立つのはスマートでない。
またその維持管理(例えば、電池交換など)をエンドユーザーに委ねてしまうのは問題で、皆様がそれを意識することなく使用できるようにすることが重要であると考えた。
その答えがシャッターが閉まる動きとリンクさせて自己発電で半永久的に機能が持続することである。
どこで購入できるか、どこで見られるか文化シヤッター株式会社 各支店、営業所、ニュースリリース:防火/防煙シャッター用安全装置「無線式危害防止装置“マジックセーフ”」を新発売
マジックセーフをもっと見る・購入 楽天市場でマジックセーフを探す

amazonでマジックセーフを探す

Yahoo!ショッピングでマジックセーフを探す
オフィシャルサイト http://www.bunka-s.co.jp/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン