MasterPit

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

基板検査機

生産、加工、流通に関する用品と機器設備

株式会社日本マイクロシステム

グッドデザイン賞

本製品は、多数のピンを基板部に接触させて、基板に実装された個々の部品の特性を微小電力で検査する検査機である。

ピンを基板に接触させる動力は、従来は空気圧が主流であったのに対し、本製品では電動方式の機構を開発、導入している。

それによってコンプレッサーやエアー配管が不要となり、騒音の低減、省電力化、省スペース化、設置場所や配置の制限の緩和など、多くのメリットをもたらしている。

筐体開口部内側の面取りによる作業空間の拡大など、作業者の作業性、安全性に対する配慮もなされ、それが造形的特徴としても活かされており、総合的に優れたデザインであると評価した。

MasterPitの概要基板に実装された個々の部品の特性を、基板を動作させることなく微小電力で検査する基板検査機。
検査の際、多数のピンを基板部に接触させる動力は、これまで空気圧によるプレス方式が主流であったが、新たに電動プレス方式の機構を開発。
コンプレッサーやエアー配管が不要となり、省電力化、省スペース化を実現した。
人の作業性を考慮した形状やセンサー類の安全性にも配慮し、労働環境と作業性・安全性を高めた。
MasterPitの製品仕様製品サイズ:W700×D545×H1600mm電動プレス式
プロデューサー株式会社日本マイクロシステム 専務 齊鹿勉+地方独立行政法人鳥取県産業技術センター 亀崎高志
ディレクター株式会社コボ 代表取締役社長 山村真一
デザイナー株式会社コボ 常務取締役 熊澤雅紀
MasterPitの開発・企画について新たに開発した電動プレス式の機構により、コンプレッサーやエアー配管が不要となり、工場の省電力化に寄与する。
また、工場や施設のインフラに影響されることなく設置が可能で、システム展開も容易となるほか、労働者に対する作業性や安全性、意匠などを含め、基板検査機における労働環境全体の向上を目指した。
MasterPitのデザインについてクリーンで快適な設置環境を意識し安全性・作業性の追及と今後のシステム化に対応できるデザイン。
ユーザー・社会に伝えたいこと従来の空気圧プレス式の検査機では、動力にコンプレッサーやエアー配管が必要なため、工場での設置場所の制限や、配管工事の複雑化、騒音などの問題が生じていた。
工場での検査方法には人が操作する独立型と自動ライン型があり、開発にあたっては双方に対応可能とすることも求められた。
MasterPitはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか特許機構の電動プレス式により、スリム化を実現。
電動化により生じた門型の機構を活かし、作業性を確保しながら独立型と自動ライン型の双方に対応可能。
プレス動力には非サーボのDCモータ1台のみで稼働し、低コストを可能とした。
センサーと電動機構によって、空気圧プレス式では応答に時間のかかる停止動作が瞬時に可能となり、安全性が向上。
プレス中は電流を遮断してノイズを除去し、より正確な検査が可能に。
これらの機能をスリムなスタイリングにまとめた。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項人の作業が必至となる独立型の場合、従来の製品で採用していた両手による起動スイッチに加え人感センサーで高い安全性を確保した。
また、検査基板をセットする作業エリアでは、作業空間を広げる工夫として筐体開口部の内側を面取りし、筐体の造形に活かした。
一方、自動検査ライン型への展開も見据え、筐体の外観イメージはこれらが両立できるシンプルな造形を目指した。
どこで購入できるか、どこで見られるか株式会社日本マイクロシステム、株式会社日本マイクロシステム
MasterPitをもっと見る・購入 楽天市場でMasterPitを探す

amazonでMasterPitを探す

Yahoo!ショッピングでMasterPitを探す
オフィシャルサイト http://www.jpms.co.jp/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
生産、加工、流通に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン