ヒトものバス

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

貨客混載バス

社会基盤・プラットフォームのデザイン

岩手県北自動車株式会社

グッドデザイン賞

中山間地域の公共交通とロジスティクスは危機的な状況に陥っているといっていい。

同一路線を走る移動空間のデザインに着目することで、人物一体輸送を実現する画期的なモビリティデザイン。

バス車内空間を再配置することで、物流の集配運行の効率化を同時に実現している点を高く評価したい。

ヒトものバスの概要岩手県中山間地域の路線バスと貨物トラックが並走しているエリアにおいて、従来トラックで運送していた貨物の一部を路線バスの空きスペースを活用して輸送すること(貨客混載)によって、バス路線の生産性向上によるバス路線の維持が図られ、地域住民にとってはバスが安定的に利用できることから、生活基盤の維持・向上に繋がるもの。
また、物流の効率化も図られ、トラックの集配運行の効率化やセールスドライバーの集配負担軽減による作業効率向上とそれに伴う地区住民へのサービス向上に繋がる。
なお、今回この取組みの実施にあたり、車両後方の座席を減らして、荷台スペースを確保した開発車両を導入している。
ヒトものバスの製品仕様路線バスとして運行しているバス車両を改造して貨物スペースを設け、旅客と貨物を同じ車両で輸送するもの。
一般の旅客は通常の路線バスとして利用可能。
プロデューサー岩手県北自動車株式会社 代表取締役社長 松本順
ヒトものバスの開発・企画について旅客を輸送するバスと貨物を輸送するトラックは、各々のターミナルや拠点間で其々の事業毎に輸送を行っているが、実際は同区間を並行して輸送しているケースも多い。
そのような区間において本来旅客を輸送するバスの空席スペースを使用して、同区間の貨物を輸送することにより、バス車両のデッドスペースの有効活用となり、その結果、バス一運行あたりの収益性や労働生産性改善が見込まれる。
ヒトものバスのデザインについて輸送するバスのルート・運行時間の設定等、バス・貨物の双方にメリットが生じるように設定した。
ユーザー・社会に伝えたいこと全国各地で中山間地域での高齢化が進み、路線バスなど公共交通ネットワークの重要性が高まる一方、過疎化による乗客数の減少から路線網の維持が困難になるケースが増えており、路線網維持のため生産性向上が課題となっている。
物流業界においてもドライバー不足から物流網の維持が困難になるケースが増えてきており、物流網を維持するために効率化が課題となっている。
そこで双方の課題の解決策の一つとして企画・実施したもの。
ヒトものバスはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか旅客輸送であるバスと貨物輸送であるトラックは、其々別の事業として、旅客需要に対する路線網や貨物輸送の運行効率など、その範囲内で最適になるよう其々の交通ネットワークを構築してしまっていた。
双方がそのネットワークの維持に対して課題が生じてきており、それを解決するため旅客・貨物双方を同じ交通インフラと捉え貨客混載バスを企画した。
運行するにあたっては、其々の運行に影響を与えず、且つお互いにメリットが生じるような輸送ルート、輸送時間帯を模索して設定を行った。
またバス車両についても、必要な旅客座席数と貨物スペースの適正なバランスを計算して設定を行い、貨物の積載が可能なようにバスの側面に貨物積載専用の扉を設置し、車内貨物室内には貨物積載用のローラーと荷物固定用具を設置するなど、安全対策も考慮した車体の改造を施工した。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項東日本大震災の5日後に運行を再開した盛岡・宮古間の都市間バスは、多くの旅客を輸送すると共に支援物資など荷物だけの輸送の依頼も多く、バス車両は人と荷物を満載して運行していた。
そのこともあり旅客と貨物を一体化して輸送する施策の実現可能性を考えたものである。
この取組によりバスの生産性の向上が図られることから、各地で維持に苦戦している路線バスの対策の一つになってほしいと願っている。
どこで購入できるか、どこで見られるか・岩手県盛岡市(盛岡駅前東口バス乗り場)、岩手県宮古市(宮古駅前バス乗り場)、岩手県北自動車株式会社ホームページ、ヤマト運輸株式会社ホームページ
ヒトものバスをもっと見る・購入 楽天市場でヒトものバスを探す

amazonでヒトものバスを探す

Yahoo!ショッピングでヒトものバスを探す
オフィシャルサイト http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
社会基盤・プラットフォームのデザインの人気グッドデザイン