注ぎやすく

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

タートルボトル

パブリックコミュニケーションのデザイン

有限会社あづみ野インターナショナル(長野県)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

審査会場で実際に液体を入れ試したところ、想像以上に注ぎやすく、特に水量が多い際はスムーズに注げることを体感した。

使用者に対するメリットとともに、金型コストなど製造工程でのメリットも考えられており、同社の意欲的な開発姿勢を評価した。

注ぎやすく、液ダレしないプラスチック容器の概要この容器は、容器中の液体を注ぐときにスムーズに注ぐことができ、かつ液ダレしないことを目的に開発したものです。
(特許第3890382号、意匠登録第1275910号、ヨーロッパデザインパテントNO000501028-001)注ぐ方向にむけて下へ容器のネック部分が曲がるようになっています。
また、小型容器で直接口をつけて中の飲料を飲む場合、首をあげないで、飲めます。
製造側のメリットとして、容器のネック部分のみの金型の変更だけで済みますので、製造コストの増加が最小限に抑えられます。
飲料用としてのほか液体調味料などさまざまな用途に使用する際のメリットがあります。
プロデューサー有限会社あづみ野インターナショナル 代表取締役 野澤 定雄
ディレクター有限会社あづみ野インターナショナル 代表取締役 野澤 定雄
デザイナー有限会社あづみ野インターナショナル 代表取締役 野澤 定雄
注ぎやすく、液ダレしないプラスチック容器のデザインについてこの容器は、中の液体を注ぐときに、スムーズに注ぐことができ、かつ液ダレしないことを実現することを目的に開発したもので、特許、意匠登録、ヨーロッパデザインパテントも取得しています。
また、製造側のメリットとして、容器のネック部分のみの金型の変更だけで済み、製造コストが変わりません。
飲料用としてのほか、液体調味料などさまざまな用途に使用する際のメリットがあります。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項容器中の液体を周囲に飛び散らすことなく、スムーズに注ぐことができるよう、また、液ダレしないようにすること。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応容器の製造側のコスト増加およびライン変更を最小限におさえること。
注ぎやすく、液ダレしないプラスチック容器をもっと見る・購入 楽天市場で注ぎやすく、液ダレしないプラスチック容器を探す

amazonで注ぎやすく、液ダレしないプラスチック容器を探す

Yahoo!ショッピングで注ぎやすく、液ダレしないプラスチック容器を探す
オフィシャルサイト http://www.azumino-i.com/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
パブリックコミュニケーションのデザインの人気グッドデザイン