マネージドセキュリティサービスVSR-VarioSecure Router

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ネットワークセキュリティサービス

ビジネスモデルのデザイン

バリオセキュア株式会社

グッドデザイン賞

ネットワークセキュリティとハードウェアを連携させたサービスのデザイン。

遠隔サポートなど利用者にとっての利便性や信頼性を追求している。

導入企業でのアウトソーシングが可能になり、よいビジネスデザインとして評価できる。

マネージドセキュリティサービスVSR-VarioSecure Routerの概要企業負担の多いネットワークセキュリティ対策を、自社開発セキュリティ機器のレンタル提供と24時間対応の運用サポートでのアウトソーシングを可能にする画期的なセキュリティサービス。
セキュリティ機器や搭載OSの開発、運用・保守までを一括提供し、トータルなセキュリティサービスを実現。
マネージドセキュリティサービスVSR-VarioSecure Routerの製品仕様【自社開発セキュリティ機器VSR-VarioSecure Routerによるマネージドセキュリティサービス】 《機能》ルータ、ファイアウォール、IDS/ADS、マルチホーミング、ホットスタンバイ、拠点間VPN、ウィルスプロテクション、URLフィルタ、ロードバランサー(L4/L7)、リモートVPN等《運用サポート》管理者用コントロールパネル、自動監視システム、24時間対応保守サポート
プロデューサーバリオセキュア株式会社 代表取締役社長 稲見吉彦
ディレクターバリオセキュア株式会社 企画室 室長 藤田有悟
デザイナーバリオセキュア株式会社 樋口道夫
マネージドセキュリティサービスVSR-VarioSecure Routerの開発・企画について企業の費用・運用負担を最小限に、インターネットを利用する全ての企業が安心で快適にビジネスを遂行できるようなセキュリティサービスを提供します。
現在のクラウドサービスでは一般的となった「月額課金サービス」をセキュリティ業界ではいち早く2002年より提供開始し、高品質なサービスを幅広いお客様にご利用頂けるようにしました。
マネージドセキュリティサービスVSR-VarioSecure Routerのデザインについて企業のセキュリティ対策をシンプルかつ確実に実現することに特化したビジネスモデルを構築
マネージドセキュリティサービスVSR-VarioSecure Routerはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか自社開発のセキュリティ機器は、専用OSの開発、国内全機器の稼働状況を監視する専用システムにより、お客様の見えない部分を弊社の独自技術でサポートしています。
これにより、お客様はセキュリティ運用の心配なく、メイン業務に注力頂くことが可能となります。
多様なセキュリティ機能を搭載した専用機器は、ポート数やCPUの異なる7機種が用意され、企業規模を問わず均質のセキュリティ機能の提供が可能となり、幅広いお客様のご利用目的に対応したインターネットゲートウェイとしてご利用頂けるよう配慮いたしました。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項企業向けセキュリティ対策には、セキュリティ機器の導入だけでなく安心の運用体制が欠かせません。
弊社では、高度な技術をシンプルなサービスとして提供することで、お客様負担の軽減と安全なインターネット環境に貢献していきたいと考えています。
どこで購入できるか、どこで見られるかバリオセキュア株式会社 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー14F、マネージドセキュリティサービス
マネージドセキュリティサービスVSR-VarioSecure Routerをもっと見る・購入 楽天市場でマネージドセキュリティサービスVSR-VarioSecure Routerを探す

amazonでマネージドセキュリティサービスVSR-VarioSecure Routerを探す

Yahoo!ショッピングでマネージドセキュリティサービスVSR-VarioSecure Routerを探す
オフィシャルサイト http://www.variosecure.net/vms

関連するグッドデザイン

合板の写真

あかね合板(APボード)が作り出すこれからの山のすがた

あかね材という名称の木材がある。育成不適地に植えた弱い杉が、スギノアカネトラカミキリという昆虫の食害にあった木材であり、被害は全国に広がる。あかね材か否かは製材後にしか判らず、あかね材の場合は食痕により価値を失いチップや燃料となる。これは手間と時間をかけて育てた商品価値が暴落するということであり、山は経済的打撃を受ける他、伐採/放置/腐敗/山の荒廃という負の連鎖の原因となる。それを断ち切るため本対象がプログラムされた。最終的な主旨は「現在の杉が大量に植えられた山は人工的/不自然な風景であり、次代に向けて生態系を取り戻す必要がある」というものであり、それは地域ごとの母樹から発芽させ育てた、地域性苗木を植えることで達成されていく。将来的にはそれら樹木の用途が生まれ、また景観資源となって地域の経済価値を生んでいく。このプロセスを実現するための資金源として、あかね材を合板として商品化し高付加価値利用をする試みが開始された。結果、チップとして処理されるのに較べ、多くの資金を山へ還元することに成功している。研究データに基づく実行プログラムと経済的好循環の実現、さらに本来の山の姿を復元することによる新たな森林経済の創世活動として高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン