北海道生まれ 発酵ミルク肥料 ミルキーパワー

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

有機肥料

ビジネスモデルのデザイン

株式会社バイオマスソリューションズ 、株式会社ファームステッド 、有限会社ガクデザイン

グッドデザイン賞

衛生管理の厳しい大手乳業メーカーから発生した捨てられゆく副産物を有効活用し、安心安全で臭いのしない肥料を製造している点を高く評価。

家庭での利用を想定し100g小分け袋で商品化している点もよい。

またパッケージも製品特徴をわかりやすく感じられる。

北海道生まれ 発酵ミルク肥料 ミルキーパワーの概要ミルキーパワーは日本一酪農の盛んな北海道別海町でつくられたミルク由来の食品副産物だけを使用してつくられた有機肥料。
大手乳業メーカー3社の工場衛生管理が大変厳しい乳製品工場から発生した副産物を高温度帯での発酵過程をへてリサイクルしているため、安全で臭いも最小限。
その特性から家の中でも使える、家の中で保管しておいても臭いや虫などの心配がない。
ミルク由来の栄養価が高く、安心安全な有機肥料。
北海道生まれ 発酵ミルク肥料 ミルキーパワーの製品仕様1kg入り袋、使いやすい小分けタイプ100g×5袋入り
プロデューサー長岡淳一
ディレクター阿部岳
デザイナー阿部岳
北海道生まれ 発酵ミルク肥料 ミルキーパワーの開発・企画について従来肥料は牛糞や鶏糞などの原料が多く臭いや菌といった問題から室内での使用にはむかなかった。
かつ肥料の売り場はホームセンターや郊外の園芸店などに限られる。
従来の肥料袋にないシンプルでやわらかな色とデザイン、置いておくだけでかわいくおしゃれな雰囲気により、ライフスタイルショップや自然食品の店など、新しいマーケットへの提案を行い、食品工場からのリサイクルである特性をアピールすることがねらい。
北海道生まれ 発酵ミルク肥料 ミルキーパワーのデザインについて環境に意識の高い人へ。
室内に置いておけるやわらかな色とデザイン。
北海道生まれ 発酵ミルク肥料 ミルキーパワーはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか従来の肥料の袋は花や植物のけばけばしい写真が大きく印刷されているものが多く屋外に保管するものというのが常識だった。
部屋のなかにも置ける、というコンセプトのため色使いを優しいアースカラーで色数も3色と抑え、デザインもその由来となるミルクを表現する牛やミルク缶などをピクトグラム的に、北海道のシルエットも使いその特性・由来をわかりやすく表現。
首都圏でのベランダガーデニングでは少ない量での使用が想定されることから100gの小袋にわけたパッケージを採用。
一回で使い切れるように工夫した。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項北海道という都市圏から遠い地で牛乳がつくられ、食品副産物が廃棄物として捨てられる。
それをリサイクルして生まれ変わらせる取り組みはすばらしく、これを商品イメージとしてもいままでにない肥料としていままでにない場所に置ける、売られる、そして買われるものにしたかった。
どこで購入できるか、どこで見られるかミルキーパワー ウェブショップ
北海道生まれ 発酵ミルク肥料 ミルキーパワーをもっと見る・購入 楽天市場で北海道生まれ 発酵ミルク肥料 ミルキーパワーを探す

amazonで北海道生まれ 発酵ミルク肥料 ミルキーパワーを探す

Yahoo!ショッピングで北海道生まれ 発酵ミルク肥料 ミルキーパワーを探す
オフィシャルサイト http://www.milky-power.com/

関連するグッドデザイン

築古ビルのバリューアップ転貸事業の写真

築古ビルの耐震化とリノベーションによるバリューアップ転貸事業『Reビル』

築古中小ビルの空室率が上昇し、特に耐震性に問題のある築古ビルの経済価値は急速に低下している。一方ビルオーナーの巨額投資による修復・スクラップ&ビルトは容易に行えないのが実情であった。この課題の解決には、信頼性の高い築古中小ビルの有効活用法が必要であると考え、三菱地所レジデンスが『Reビル』という事業モデルを創出した。始めに、ビルの耐震補強工事・デザインされた内装工事等リノベーションを行う。当該改修工事の投資費用はオーナー負担ではなく、100%同社が負担する。再生後のビルは、同社にて賃貸管理を行いつつビルオーナーへ空室保証型の賃貸料を支払い、その転貸差益にて投資回収を行う。10年程度経過した後、ビルはバリューアップした状態のままビルオーナーへ返還される。これにより無人の築古ビルを所有し収入を得られなかったビルオーナーがリスク・不安を抱えることなく、再び賃貸収益を得ることができ、最終的にリノベーションしたビルを手にいれることが可能となる。理想的な当該ビジネスモデルには既に実績があり、スクラップ&ビルドに替わる新たな選択肢の登場は、都市再生に寄与することが期待される。革新的なビジネスモデルとして高く評価した。

伝統工法の継承の写真

木組耐力壁が繋ぐ大工の技能

住宅業界において構造体プレカット加工は著しい進化を遂げ、一度もノミを使うことなく住宅を完成させることができる時代となった。大工の伝統技術/専門性は失われつつあり、将来の担い手の減少へと繋がっている。そこで技術継承とプライド復興のため本対象のプログラムが生まれた。木組耐力壁である理由は、現代のプレカット加工機では再現できない人の触覚や木の特性を見分ける力を要する技術であること。また住み手の暮らしを豊かにするものであること、というふたつの条件を満たすモノとして開発された。木組耐力壁は合決という技法で作られる最も初歩的な継手技術であるが、ノミさえ使ったことのない若い大工にとっては未経験の技術習得が必要となり、木組みの素晴らしさに触れるきっかけとなる。無論ただのトレーニング活動ではなく、量産性の高い住宅会社として現実的に普及可能な技術レベルをスタートラインとして設定している。先端技術は困難を容易へ変換し、一方で専門性を排除する。その結果として生じる職業意識やスキルの損失は看過できない問題である。市場から乖離することなく、職の誇りに着目/復興させるバランスの取れたプログラムとして高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン