Σ形デバイス

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

鋼製デバイス

住宅や住宅設備

大和ハウス工業株式会社

グッドデザイン賞

単発の地震だけでなく、余震などを含めて繰り返し働く建物への地震力を念頭に置き、建築本体への衝撃軽減性を考慮した接合部品の開発。

小さな部品ながら住宅の耐久性を高めるその開発の意義は大きい。

Σ形デバイスの概要建物は地震を受けると大きなダメージを受け、時には倒壊してしまいます。
倒壊を免れた建物でも大きなダメージが残るため、余震で倒壊してしまう可能性があります。
「Σ形デバイス」は独自の「Σ」形の形状により、建物全体が受けるダメージを軽減し、繰り返しの地震に耐えることを可能とします。
それはΣ形デバイスに、地震に耐えるという耐力壁としての機能に加え、地震のエネルギーを効率的に吸収する仕組みがあるからです。
大きな地震を受けるとΣ形デバイスがしなやかに動くことで地震のエネルギーを吸収し、建物のダメージを最小限に抑えます。
この仕組みを特殊な材料や装置を用いずに、一般的な建築材料で可能としました。
Σ形デバイスの製品仕様材料:鋼材、形状:ギリシャ文字「Σ(シグマ)」の形、鋼材厚さ:2.3mm〜6.0mm程度、主な対象:軽量鉄骨造住宅
プロデューサー大和ハウス工業株式会社
ディレクター大和ハウス工業株式会社 総合技術研究所 住宅工法開発グループ
デザイナー大和ハウス工業株式会社 総合技術研究所 西村健
Σ形デバイスの開発・企画について日本に暮らすことは地震と向き合うことです。
今後発生が予想される大地震や本震の後に繰り返される強い余震。
そんな大きな揺れに何度も耐え続けることが、日本の住まいに求められるこれからの耐震性能であると考えます。
今だけではなく、先々の幸せを支える安全・安心を深く追求した結果です。
繰り返す地震に強い=「持続型耐震」という新しい考え方で、日本の住まいをより安全なものにしていきます。
Σ形デバイスのデザインについて「繰り返す地震に強い住まいをつくる」を具現化し、地震後の生活にも安全・安心をお届けする。
Σ形デバイスはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか繰り返す大地震に耐え続けるには、「強さ」と「しなやかさ」を兼ね備える必要があります。
縦方向に板を並べた場合、強い構造となりますがしなやかさが無く、繰り返す地震に耐え続けることができません。
一方、横方向に板を並べた場合、しなやかさはありますが弱い構造となり、大きな地震に耐えることができません。
そこで、それらの中間的な形状である「Σ」形とすることで、両者のメリット同士を結びつけた性能を得ることができました。
「Σ」形を形成するそれぞれの材料の厚さや角度を調整し、最適な「Σ」形のバランスを見出しました。
このΣ形デバイスを耐力壁の筋かいの一端に組み込むことで、筋かいの弱点である「座屈」という現象を防ぎ、高い耐震性能が得られるよう設計しました。
また、構成材料を一般的な建築構造用の材料とすることで、製品の安定供給・信頼性の向上・低価格化が可能となります。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項地震は一回きりではありません。
何度も襲いかかってきます。
しかしそんな中でも安心して住み続けることが出来る安全な住まいを実現したい。
家族のこと・友だちのこと・会社のこと・学校のこと・・・様々な不安の中でも我が家にいれば安全で安心、そんな住まいをお届けしたいという想いを詰めました。
どこで購入できるか、どこで見られるか全国(北海道・沖縄県を除く)、大和ハウス工業〜住宅 マンション 賃貸住宅建設 土地有効活用 等の総合サイト
Σ形デバイスをもっと見る・購入 楽天市場でΣ形デバイスを探す

amazonでΣ形デバイスを探す

Yahoo!ショッピングでΣ形デバイスを探す
オフィシャルサイト http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/technology/sigma/quakeproof/performance1.html

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン