ハートリーフ ジェイフィット

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

座位保持装置

家具・インテリア用品

川村義肢株式会社

グッドデザイン賞

応募情報での一般名称は座位保持装置となっていた。

確かに現状では、金属フレームにウレタンビニールレザーをセットした、装置的な体裁の製品がほとんどである。

頑丈でひとりひとりの身体のサイズ特徴に合わせるための可動域を持った金属フレームはネジ類も見えてしまい、いくつものベルトをセットした姿勢を保持させる装置のような形態にならざるを得なかった。

もう少し家ので生活に馴染む体裁にならないものかと、使われている方々は思ったのではないか。

見た目が良くなることで、心にも良い影響を与えてくれる。

この座位保持装置は、構成素材の選定がよく、好感が持てる。

木質フレームは細やかな曲線カーブを使って切り取られ曲げられていて、ダークブラウンのファブリックの組み合わせは、ナチュラル感があり優しい印象で心地よい。

インテリア素材としても和洋ともに相性が良い。

木製椅子としてデザインした心意気が感じられ、評価した。

ハートリーフ ジェイフィットの概要このJFitは脳性麻痺の子ども向け座位保持装置である。
脳性麻痺患者は一般の椅子では姿勢を保持できず、座ることができない。
今までの座位保持装置はオーダーで製作するものは見た目のクオリティに問題があり、汎用品は姿勢保持能力に問題があった。
JFitは高い座位保持機能と広い適合性を両立させ、使用する子どもと親の両方が喜べる座位保持装置である。
ハートリーフ ジェイフィットの製品仕様Ssize 寸法 460×420×605 重量 5.8kg Msize 寸法 520×520×665 重量 7.0kg Lsize 寸法 560×580×750 重量 8.5kg
プロデューサー川村義肢株式会社 川口敏和
ディレクター川村義肢株式会社 當舍正啓
デザイナー株式会社GKダイナミックス 三富貴峰
ハートリーフ ジェイフィットの開発・企画について子どもに障がいがあっても気持ちよく生活するために、デザインでできることを考えた。
子どもが快適に使えるのはもちろんのこと、身体の成長に対応して長く使える構造や、家庭の和、洋室にインテリアとして美しいデザインをした。
見た目を軽快にすることで、家庭において存在感が重くならないように心がけた。
ハートリーフ ジェイフィットのデザインについて子どもと親のQOLの向上がコンセプト。
使用する子どもの気持ちと介護する親のモチベーションを考えた。
ハートリーフ ジェイフィットはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか・高品質な素材で長く使えるようにし、身体に合わせるための調整範囲を非常に広く取った。
またそれを超えた場合にもモジュールシステムによって対応が可能であり、高い姿勢保持能力を持つ。
・合板に取り付け穴を開けたデザインにより、豊富なオプションに対応でき、個人対応が可能。
・インテリア性の向上のために、高品質な成型合板を全面的に使用した。
木の持つ素材感とシンプルな構成により、和、洋室どちらにでもフィットするデザインとなった。
とくに脚部の成型合板は畳を傷めないデザインである。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項部屋に置いて空間が美しくなり、存在が軽快で重くならないデザインを考えた。
この座位保持装置によって、生活における苦労が少しでも気軽に楽しくなってくれれば、と思う。
ハートリーフ ジェイフィットをもっと見る・購入 楽天市場でハートリーフ ジェイフィットを探す

amazonでハートリーフ ジェイフィットを探す

Yahoo!ショッピングでハートリーフ ジェイフィットを探す
オフィシャルサイト http://www.kawamura-gishi.co.jp/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
家具・インテリア用品の人気グッドデザイン