「椀」

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

漆器

食卓・調理用品

オークヴィレッジ株式会社

グッドデザイン賞

自然で控えめなフォルムは日常生活になじんだ汁碗の原型を思わせる。

拭き漆を施した椀は耐久性に優れ、多くの人がその普遍的な佇まいに愛着を持ち長く使いたくなるだろう。

この製品の優れた特徴は、機能的で美しいデザインだけでなく、塗り直して使う体験を促すしくみと、漆についての知識を伝える付属の冊子だ。

古来より、漆器は塗り直しを重ねることで半永久的に使われてきた。

道具の成り立ちを知り、手入れをしながら使い続ける行為の価値を伝えるデザインが素晴らしい。

「椀」の概要日本に古くから伝わる漆にまつわる文化にふれ、実際に漆器を使うことを通してその循環する時間に身をおき、モノを永く使うという、人とモノとの本来あるべき関係の再構築を目指した製品。
日本人の暮しに馴染みの深い椀という漆器(欅材を刳り、拭き漆塗を施したもの)と、漆という自然塗料についての小冊子(漆の歴史、樹液の採取に始まり椀ができるまで、そして塗り直し永く使うことについて日本語と英語で表記)、さらに、拭き漆塗を施したうつわは定期的な漆の塗り直しにより永く使うことができるため、塗り直し券(塗り直しを一回無料で承る)の3点により構成されている。
「椀」の製品仕様サイズ:φ12×7.2cm 素材:ケヤキ 仕上:拭き漆塗 セット内容:椀1脚、小冊子『漆器のはなし』、塗り直し券1回分
プロデューサーオークヴィレッジ株式会社 常務取締役 佐々木一弘
ディレクターオークヴィレッジ株式会社 常務取締役 佐々木一弘
デザイナーオークヴィレッジ株式会社 意匠設計室 矢島章亜
「椀」の開発・企画について漆の文化へ興味を喚起し、また実際に漆塗の椀を使うことで、時間と共に風合いが変化していく様や、それに伴い生じる愛着など、感情と共にモノを使う喜びを伝えたい。
さらに椀を塗り直すという行為を通じて、永く使い継ぐことのリアリティを届けたい。
「椀」のデザインについて漆の世界への序説、椀を使う経験、さらに塗り直す体験を通し循環型の時間そのものの製品化を目指した。
「椀」はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか椀というシンプルな生活道具であるが故、その形、使い勝手について検証を重ねて到達した、美しく機能的なフォルムを木塊から削り出した。
また、漆の塗りは、長い時間の使用に耐えうるよう、下地から拭き漆を施す回数等の検討を重ね、華美になりすぎない塗膜感と耐久性に重きを置き、バランスのよい仕上げを目指した。
また、小冊子には日本語と英語により漆の歴史、樹液の採取に始まる工程を通じて、一つの椀が繋ぐいくつもの時空間を束ねた。
これを読むことで深遠な漆の世界に接続することができる。
そして、漆器の大きな特徴である、塗り直しができるという点について、実際に体験することでメンテナンスしながら永く使う手応えと愉しさを実感できる。
椀1脚(もの)と漆についての小冊子(こと)、そして塗り直し券(循環する時間)からなる立体的な製品として構成した。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項永い時間をかけて先達が構築してきた漆の文化にふれ、実体験することから、モノと人との良い関係について考えを馳せることに繋げたい。
永く使うことのできる自然素材の道具をもう一度、広く社会に浸透させ、プロダクトとそれを使う人という観点からも持続可能な社会の構築を目指したい。
どこで購入できるか、どこで見られるかオークヴィレッジ 高山、オークヴィレッジ 自由が丘ショールーム、オークヴィレッジ
「椀」をもっと見る・購入 楽天市場で「椀」を探す

amazonで「椀」を探す

Yahoo!ショッピングで「椀」を探す
オフィシャルサイト http://www.oakv.co.jp

スワロウ チェアのはてブでの話題

  • 07/09/11 16:48 代表:稲本正 [hotsuma]

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
食卓・調理用品の人気グッドデザイン