ランドベース6

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

テント

個人用品や育児・介護用品

株式会社スノーピーク

グッドデザイン賞

アウトドアに大型空間を作り出すテントは、集会所として、自転車や荷物などの一時倉庫として、あるいは大勢での寝泊まりなど、様々な使い方ができそうで楽しい。

天井が高く広々とした空間で、組み立てのし易さに配慮しながらも、居心地の良さを両立している。

大人数でのキャンプにおけるコミュニケーションを促すユニークな提案である。

ランドベース6の概要キャンプ用シェルターの中ではこれまでにない収容人数を実現した超大型のコミュニティシェルターです。
フレーム を組み合わせた構造ではなく、ポールとロープを使用するタープと同じ構造を使い、六角形のルーフからパネルを周囲に広げることで今までにない広大なスペースを確保することが可能になりました。
さらにシェルター同様の高い居住性を発揮しながらもタープのように簡単に建てることができ、このサイズの幕体としては必要十分の生地スペックでありながらも単体での重量が12.5kgと比較的軽量にできています。
ランドベース6の製品仕様●材質:本体/150Dポリエステルオックス・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム(天井部)150Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ウォール部)・テフロン撥水加工・UVカット加工、 マッドスカート/210Dポリエステルオックス・PUコーティング
プロデューサー株式会社スノーピーク 代表取締役社長 山井太
ディレクター株式会社スノーピーク 取締役 執行役員 企画本部長 小杉 敬
デザイナー株式会社スノーピーク 取締役 執行役員 企画本部長 小杉 敬
ランドベース6の開発・企画について早く大きな面積を作ることができるタープ構造の設営の利点を活かし、シェルターの持つ居住性を最大限に引き出すことで、従来の既成概念を打ち砕く設営のしやすさ、大きな容量を確保したテントを実現させました。
広いリビングスペースと余裕のあるインナールームにより、同じ目的で集い、共有するという今までにない新しいコミュニティーキャンプを確立することができます。
ランドベース6のデザインについて大容量で簡単な設営を可能にした、グループキャンプ用のフィールドベースとして活躍する大型シェルター。
ランドベース6はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか240cmのメインポール2本、180cmのサブポール4本の六角形の構造により、広大な室内空間、高い天井高を確保し快適なキャンプを楽しむことができます。
室内の周囲にインナーテントを5つ設営することが可能なため様々なバリエーションでグループキャンプをすることができます。
また、テント中央がリビングスペースになるように設計されているため皆で囲んで食事をすることも可能です。
さらに中央にリビングシートをセットしても周囲に有効なスペースがあるためギアを置くことができたりと様々なシチュエーションのスタイルが作れ、今までにないコミュニケーションを楽しめる空間を作り出すシェルターです。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項現在、生活の中でSNS等でのバーチャルで行われるコミュニケーションが増えてきています。
そのような一方的なコミュニケーションは様々なストレスを引き起こしています。
そんな今だからこそ、キャンプという自然の中で同じ目的のために集まりフィールドを共有し食事を囲む。
そのような「集う」「共有する」というコミュニケーションが仲間との絆を深め、新しい時間がかけがえのないつながりを生み出すことと確信しています。
どこで購入できるか、どこで見られるかHeadquarters他 全国のスノーピーク店舗とスノーピークウェブサイト、ランドベース6 オンラインストア
ランドベース6をもっと見る・購入 楽天市場でランドベース6を探す

amazonでランドベース6を探す

Yahoo!ショッピングでランドベース6を探す
オフィシャルサイト http://www.snowpeak.co.jp

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
個人用品や育児・介護用品の人気グッドデザイン