オーガビッツプロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

オーガビッツプロジェクト

ビジネスモデルのデザイン

豊島株式会社

グッドデザイン賞

綿花の1%にも満たないオーガニックコットンを普及させるのための新しい仕組み。

一着の服においてのオーガニックコットンの使用率を下げることで、メーカー側のコストを抑え、使いやすくすることで全体の使用量を上げるという逆転の発想がユニークである。

その結果、65のブランドで累計500万枚を超えるアイテムを生産という規模感と実績につながっている。

オーガニックコットンを普及をドライブさせることで途上国の農家の健康被害の低減というソーシャルデザインにもつながっている。

オーガビッツプロジェクトの概要日本で最も多くのブランドが参加するオーガニックコットン普及プロジェクト。
日本最大の綿花商社としてファッション性と社会貢献を両立しつつオーガニックコットンを楽しめる仕組みをアパレル業界に提供。
オーガニックコットンの需要を無理なく高めていく為に100%にこだわらず10%以上使用することを条件に掲げ65ブランド累計500万枚を超えるアイテムを生産。
服を通して7つのNPOを資金援助する仕組みを制度化。
若手デザイナーや知的障害のあるアーティストとアパレルブランドとのマッチングも行っています。
印・米・中国の農家を支援。
(株)フェリシモと協働するインドでは栽培農家6,000軒を援助。
250名に奨学金を授与。
プロデューサー溝口 量久(豊島株式会社 営業企画室室長)
ディレクター上妻 善弘(株式会社アナイスカンパニー 代表取締役社長)
デザイナー村山 創
オーガビッツプロジェクトのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
通常のコットン栽培に使用される殺虫剤や落葉剤などの強力な農薬が後進国の綿花農家の健康被害を招いています。
オーガニックへの転換を説得して回ることで農家の健康被害が低減されています。
消費面では通常綿の服もオーガニックコットンの服も肌に与える影響に差はありません。
オーガニックコットン=肌に良いという間違ったイメージをオーガビッツプロジェクトを通して払拭します。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
オーガニックコットンの栽培が進むことで後進国では農家が現金収入を得るようになり就学率が上がります。
一方で村を離れる若者が増える為インドでは奨学金の分配に配慮して村への定着を進めます。
オーガビッツファンドの支援先のNPOではダウン症の方の自由な画が服となり人気ブランドの店頭で販売されたり、インドネシアの障害児学校がアートスクールバスを受け取るなど社会との関わりが深まります。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
農家・メーカー・ブランド・消費者・NPOが繋がることでサプライチェーン全体が一つの目的意識を共有します。
支援するNPOの皆様はCSR的な寄付では無く経済活動の一員として積極的に交流する事で報酬的な意味合いで基金を受け取ります。
参加意識が商品作りに活かされます。
栃木では和綿を育て有機野菜を味わうイベントを通して衣と食の繋がりを伝えます。
それぞれの立場での繋がり意識の共有が良い商品を産みます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
オーガニックコットンは中国・米国では環境問題、インドではそれに加えて貧困問題を解決に導くコットンです。
共通しているのは生産者に繋がるコットンだということです。
服は農作物です。
自分が着ている服が誰かのまいた種から出来ている。
そのイメージを喚起する力がオーガニックコットンにはあります。
オーガビッツの服を通して海外の問題を肌で感じ、身近な問題への関心を持ち解決に向けて行動し参加することが出来ます。
ユーザー・社会に伝えたいことオーガニックコットンを楽しみましょう!一枚の服が社会を変える力を信じて、かわいい服を作りましょう!オーガビッツプロジェクトはキッカケです。
オーガビッツの服を通して環境や貧困やハンディキャップに向き合って解決への第一歩を踏む出すカッコイイ人が増えること、それがオーガビッツプロジェクトの願いです。
よろしくお願いします!
どこで購入できるか、どこで見られるか各ブランドの店頭。
、オーガビッツ、オーガビッツ「アトリエ・エレマンプレザンプロジェクト」、オーガビッツ「地雷原を綿畑にするプロジェクト」
オーガビッツプロジェクトをもっと見る・購入 楽天市場でオーガビッツプロジェクトを探す

amazonでオーガビッツプロジェクトを探す

Yahoo!ショッピングでオーガビッツプロジェクトを探す
オフィシャルサイト http://orgabits.com/

オーガビッツプロジェクトのはてブでの話題

  • 14/09/14 17:23 オーガビッツは、繊維専門商社の豊島株式会社が推進しているオーガニックコットンを通して、みんなで“ちょっと”ずつ地球環境に貢献しようという想いから始まった、社会貢献プロジェクト [yu76]
  • 10/06/15 11:34 ファッション [mjelly3]

関連するグッドデザイン

合板の写真

あかね合板(APボード)が作り出すこれからの山のすがた

あかね材という名称の木材がある。育成不適地に植えた弱い杉が、スギノアカネトラカミキリという昆虫の食害にあった木材であり、被害は全国に広がる。あかね材か否かは製材後にしか判らず、あかね材の場合は食痕により価値を失いチップや燃料となる。これは手間と時間をかけて育てた商品価値が暴落するということであり、山は経済的打撃を受ける他、伐採/放置/腐敗/山の荒廃という負の連鎖の原因となる。それを断ち切るため本対象がプログラムされた。最終的な主旨は「現在の杉が大量に植えられた山は人工的/不自然な風景であり、次代に向けて生態系を取り戻す必要がある」というものであり、それは地域ごとの母樹から発芽させ育てた、地域性苗木を植えることで達成されていく。将来的にはそれら樹木の用途が生まれ、また景観資源となって地域の経済価値を生んでいく。このプロセスを実現するための資金源として、あかね材を合板として商品化し高付加価値利用をする試みが開始された。結果、チップとして処理されるのに較べ、多くの資金を山へ還元することに成功している。研究データに基づく実行プログラムと経済的好循環の実現、さらに本来の山の姿を復元することによる新たな森林経済の創世活動として高く評価した。

築古ビルのバリューアップ転貸事業の写真

築古ビルの耐震化とリノベーションによるバリューアップ転貸事業『Reビル』

築古中小ビルの空室率が上昇し、特に耐震性に問題のある築古ビルの経済価値は急速に低下している。一方ビルオーナーの巨額投資による修復・スクラップ&ビルトは容易に行えないのが実情であった。この課題の解決には、信頼性の高い築古中小ビルの有効活用法が必要であると考え、三菱地所レジデンスが『Reビル』という事業モデルを創出した。始めに、ビルの耐震補強工事・デザインされた内装工事等リノベーションを行う。当該改修工事の投資費用はオーナー負担ではなく、100%同社が負担する。再生後のビルは、同社にて賃貸管理を行いつつビルオーナーへ空室保証型の賃貸料を支払い、その転貸差益にて投資回収を行う。10年程度経過した後、ビルはバリューアップした状態のままビルオーナーへ返還される。これにより無人の築古ビルを所有し収入を得られなかったビルオーナーがリスク・不安を抱えることなく、再び賃貸収益を得ることができ、最終的にリノベーションしたビルを手にいれることが可能となる。理想的な当該ビジネスモデルには既に実績があり、スクラップ&ビルドに替わる新たな選択肢の登場は、都市再生に寄与することが期待される。革新的なビジネスモデルとして高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン