カタリナ・ターゲット・メディア

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ショッパー・マーケティング

ビジネスモデルのデザイン

カタリナ マーケティング ジャパン株式会社

グッドデザイン賞

流通店舗で、個々の顧客に対応してマーケティング情報を提供するという試みはこれまでもなされてきた。

このツールは販売時点のPOSデータをもとにキャンペーン情報とマッチングさせてクーポンを提供するというデジタルとアナログの合体したシンプルな仕組みであるが、流通の現場でクロスセリングやリピーター化、ブランドスイッチ等のトリガーを活用できる可能性を広げるであろう。

カタリナ・ターゲット・メディア(レジ・クーポン)の概要カタリナ・ターゲット・メディアはショッパーに焦点を当て購買行動変容を促すショッパー・マーケティングです。
具体的にはPOSと連動したクーポン発券システムです。
個々のショッパーにとって最適な情報がクーポンとして提供されることで購買行動は、よりパーソナルなものへと回帰しショッパーはもちろん、メーカー、リテーラーそれぞれに利益をもたらします。
それは、「限りあるパイを奪い合うマーケティング」ではなく「ショッパー、メーカー、リテーラーの三者によって育てていくマーケティング」です。
プロデューサーカタリナ マーケティング ジャパン株式会社
ディレクターカタリナ マーケティング ジャパン株式会社
デザイナーカタリナ マーケティング ジャパン株式会社
カタリナ・ターゲット・メディア(レジ・クーポン)のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
各ショッパーにはPOSデータから分析した事実に基いて必要な情報だけが提供されるので、本来必要のない情報の洪水に煩わされることがなくなります。
それはショッパーにとって本当に必要な情報を明確にすることであり日々の豊かな購買行動につながります。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
ショッパーは、レジ・クーポンによって常に自らの嗜好に合った商品情報を得た上で商品を購入することができます。
また、企業の立場から見ると、情報を届けたいターゲットに確実に提供できることから、企業と消費者の健全なコミュニケーションが構築できます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
◎ショッパー:それぞれの生活、嗜好に合った商品情報と、割引などの特典を得ることができます。
◎メーカー:購買意欲が高いショッパーに的確にターゲットでき、過度な広告費を使うことなく顧客のロイヤリティを育成できます。
◎リテーラー:値引きを最小限に抑えながら、顧客のロイヤリティを育成できます。
ショッパー、メーカー、リテーラーそれぞれが利益を得ることができる、健全な関係を構築できます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
カタリナのショッパー・マーケティングが大切にしていることは「いかに情報を必要な人にだけ届けるか」ということです。
それは過度な広告を投入することなく効果的なマーケティングをすることであり資源のムダの回避にもつながります。
ユーザー・社会に伝えたいこと物や情報が溢れる時代にあって私達の果たす役割は、「真に必要なものを必要とする人に提供する」お手伝いです。
商品やサービスの情報を的確に提供することで、ショッパー、メーカー、リテーラーを結び、健全な市場の長期的成長、「本当の豊かさ」に貢献したいと考えています。
どこで購入できるか、どこで見られるか日本全国のリテーラー[一例]イオングループ、イトーヨーカドー、ダイエー、ユニー各店舗 その他、導入実績 / イオンリテール株式会社様のターゲット・マーケティング事例、導入実績 / 株式会社 ダイエー 様のターゲット・マーケティング事例、導入実績 / ユニー株式会社様のターゲット・マーケティング事例
カタリナ・ターゲット・メディア(レジ・クーポン)をもっと見る・購入 楽天市場でカタリナ・ターゲット・メディア(レジ・クーポン)を探す

amazonでカタリナ・ターゲット・メディア(レジ・クーポン)を探す

Yahoo!ショッピングでカタリナ・ターゲット・メディア(レジ・クーポン)を探す
オフィシャルサイト http://www.catmktg.co.jp/

カタリナ・ターゲット・メディア(レジ・クーポン)のはてブでの話題

  • 15/01/27 13:21 クーポン [kitayama_t]
  • 10/09/08 19:46 ターゲット・マーケティング等の企業 [EulerDijkstra]

関連するグッドデザイン

合板の写真

あかね合板(APボード)が作り出すこれからの山のすがた

あかね材という名称の木材がある。育成不適地に植えた弱い杉が、スギノアカネトラカミキリという昆虫の食害にあった木材であり、被害は全国に広がる。あかね材か否かは製材後にしか判らず、あかね材の場合は食痕により価値を失いチップや燃料となる。これは手間と時間をかけて育てた商品価値が暴落するということであり、山は経済的打撃を受ける他、伐採/放置/腐敗/山の荒廃という負の連鎖の原因となる。それを断ち切るため本対象がプログラムされた。最終的な主旨は「現在の杉が大量に植えられた山は人工的/不自然な風景であり、次代に向けて生態系を取り戻す必要がある」というものであり、それは地域ごとの母樹から発芽させ育てた、地域性苗木を植えることで達成されていく。将来的にはそれら樹木の用途が生まれ、また景観資源となって地域の経済価値を生んでいく。このプロセスを実現するための資金源として、あかね材を合板として商品化し高付加価値利用をする試みが開始された。結果、チップとして処理されるのに較べ、多くの資金を山へ還元することに成功している。研究データに基づく実行プログラムと経済的好循環の実現、さらに本来の山の姿を復元することによる新たな森林経済の創世活動として高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン