ロイヤルSSS構法

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

構法

住宅や住宅設備

ロイヤルハウス株式会社

グッドデザイン賞

最近の木造住宅では、構造体の接合部にかつてのような仕口接合ではなく、接合金物を使用することが多くなった。

構造用の木材として集成材が多用されるようになったのは、強度の問題だけでなく、乾燥収縮によって接合部に隙間が生じるのを避けるためである。

これに対して、本構法は接合金物でありながら、かつての仕口接合のような「引き寄せ」の機能を備えている点がユニークである。

ロイヤルSSS構法の概要弊社は地域工務店を束ねる全国展開の木造住宅FC本部です。
木が持つ「強さ」「美しさ」等のポテンシャルを存分に引出し、地場工務店が自信を持って提供できる「木の家」を開発。
品質や施工性を保ち、シンプルで美しい画期的な構法です。
現代木造住宅は強度を高める為、鉄骨住宅の様に柱と梁をボルトとナットで接合する金物工法が主流ですが、木は経年変化により収縮し、長く住まう間に徐々に接合部が弛んでしまう課題が残ります。
この構法は温故知新のテクノロジー『引寄せの技』により、柱の中心側で捻ってガッチリ接合できます。
弱みである「経年変化」を活かし木が痩せるほどに接合部が締まり強度が増す、逆転の発想から生まれた構法です。
プロデューサーロイヤルハウス株式会社 代表取締役 森田勉
ディレクターロイヤルハウス株式会社 商品部 齋藤陽久
デザイナーロイヤルハウス株式会社 商品部 齋藤陽久
ロイヤルSSS構法のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
使い易く明快:金物は木芯でねじるだけで設置、高度な技術を必要とする事なく、少ない部材点数で将来の人材不足でも建てられます。
建設の安全性:金物構法だが在来仕口も併用した構法なので、建方時に金物の入れ忘れによる梁の倒壊を防ぎます。
高齢者配慮:設計ルールとして、Mモジュールを採用。
基本バリアフリー設計ルールです。
長く使える:長期優良住宅適合のストック型住宅が、設計施工ルールの基準となります。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
家族のあり方: 開放的で心地いいリビングは家族の自然な交流を育みます。
この構法では、吹抜けや木肌の美しいあらわし梁など、家族の団らんを演出する空間提案も多彩に演出できます。
しかも、この仕組(設計施工ルール)で建てた家は、長期優良住宅適合、性能表示性能7つの最高等級に対応。
大切なご家族を守る安心の超寿命な家づくりが実現します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
革新性:金物が雄ネジ、ドリフトピンがメスネジの役割で、捻ってとめる世界初構法。
新技術で課題解決:金物が木に埋まるので、塩害や炭化現象により火災倒壊防止。
経年で金物工法はガタつきますが、木芯に設置なので逆に強固になる。
簡易性:捻るだけなので高度な技術がいらずに人材不足に対応。
梁成が増せば同じ金物を増やすだけなので、部材点数が少ない。
低コスト:構造は在来に比べ約坪5000円UPで可能。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
社会基盤の充実:簡易で塩害耐風に強いので。
木造が少なく大工不足の離島地区に基盤を充実しやすい。
社会文化の価値創造:木組みの美しさの復活と、本来木の文化である沖縄離島への木住居文化の復興。
持続的な社会:金物技術と長期優良住宅性能を基準とする事で、木造住宅の長期化を図ります。
地球環境:炭素を貯める木材の拡販 社会貢献:林野庁の進める国産材利用の促進に、最適な木造金物構法。
ユーザー・社会に伝えたいこと今後淘汰されてゆくであろう、小さな工務店を、ロイヤルSSS構法で元気にしたい。
日本の心地よい住まいである木造住宅を、RC住宅ばかりの離島へも利用促進してゆきたい。
日本の本来の暮らし方は、木に囲まれた国内の材を利用した木造住宅が一番だと思っています。
国内産材も利用促進できればと思っています。
どこで購入できるか、どこで見られるか北海道から沖縄(離島)まで、約100社のロイヤルハウス加盟店、ロイヤルハウス、ロイヤルハウス全国加盟店
ロイヤルSSS構法をもっと見る・購入 楽天市場でロイヤルSSS構法を探す

amazonでロイヤルSSS構法を探す

Yahoo!ショッピングでロイヤルSSS構法を探す
オフィシャルサイト http://www.royal-house.co.jp/technology/index.html

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン