Panasonic ホスピタルコンフォート NNF41870

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラケットライト

医療や教育・研究に関する用品と機器設備

パナソニック株式会社 (大阪府)

グッドデザイン賞

病室のベッド上に取り付けるLEDブラケットである。

点光源であり光の直進性が強く色温度の高いLEDの特性は、そのままでは、病でベッド生活をする患者にとって好ましいものではないが、LEDを囲う拡散カバーと、それを包み込む ブラケットボディーのガラスクロスの2重のカバーが、上手にLEDのギラツキ感を抑え眩しくない上質な灯りを創っている。

また、作業用、日常用、読書用と3つの点灯モードも病院生活者にとって嬉しい機能であろう。

3角形の必要最小限 でシンプルな断面フォルムは、独自のガラスクロスの質感と相まって美しいデザインに仕上がっている。

Panasonic ホスピタルコンフォート NNF41870をもっと見る・購入 楽天市場でPanasonic ホスピタルコンフォート NNF41870を探す

amazonでPanasonic ホスピタルコンフォート NNF41870を探す

Yahoo!ショッピングでPanasonic ホスピタルコンフォート NNF41870を探す
オフィシャルサイト http://panasonic.jp/

関連するグッドデザイン

胸部大動脈用ステントグラフトの写真

カワスミNajuta胸部ステントグラフトシステム

動脈瘤を患う患者に使用する体内埋め込み型セミカスタムメードのステントグラフである。従来のステントグラフは、個々の医師による手作りで、技術上の限界から直線構造にならざるを得なかった。そのために千差万別である患者 の臓器・血管に追従せず、術後もストレスを与え続けていた。加えて耐久性、価格、制作時間など数々の問題があった。本製品は、2000症例以上の患者の血管が持つ屈曲やねじれを解析し、950パターンの3次元構造を持ったセミカス タムメードのステントをデザインしたものである。これにより医師は、患者の血管形状に最も近いデザインパターンを 選択することで、手術に着手する時間を短縮できるようになった。もう一つの特徴はフェネストレーションという穴を有し ていることで、分岐血管の付近に発生した動脈瘤治療のために、8時間以上に及ぶ人工血管置換手術をせずとも、90分前後のカテーテル手術を可能にした。人体への負荷低減と合わせて医療費の大幅低減にも貢献している。デザインの基本である「造形」行為が、そのまま先進医療機器の性能を創り上げているこの事例は、日本のデザイン 領域とデザイナーの専門性について多くの示唆を与えている。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
医療や教育・研究に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン