十勝デザインファームプロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

地域農業活性化のためのデザインシステム

ビジネスモデルのデザイン

有限会社ガクデザイン (東京都)有限会社フレーバー (北海道)

グッドデザイン賞

農産品の6次産業化に対して、デザインでのソリューションがある。

製品の品質イメージの可視化やブランディングという視点でのデザインに成功している。

農とデザインの良い関わり合いとして、一つの事例である。

十勝デザインファームプロジェクトの概要北海道十勝地方は大規模農業による日本の食料基地と呼ばれる。
農業を取り巻く環境が変化するなか、農家を、そしてその生産品、加工品を「十勝」の名のもとにブランディングして大消費地である首都圏に送り込むことはとても重要。
それが日本の農業を強くするためのブランドづくりのモデルケースともなる。
しかし地方においてはブランド化のためのデザイナー、プロデューサーは不足している。
その部分を東京のデザイナー、地域に根ざしたプロデューサー、先進的な意識をもった農業生産者が連携することにより、デザインのチカラで切り開いていこうという仕組みづくり。
プロデューサー有限会社フレーバー 長岡淳一
ディレクター有限会社ガクデザイン 阿部 岳
デザイナー有限会社ガクデザイン 阿部 岳
十勝デザインファームプロジェクトの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
この取り組みにより農業自体が「やりがいのある仕事」「カッコイイ生き方」と発信することにより、若い農業後継者や企業の農業法人参入などが促進されることをめざす。
十勝デザインファームプロジェクトのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
農業自体が「やりがいのある仕事」「カッコイイ生き方」と発信することにより、若い農業後継者が誇りをもてるようになる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
毎日口にする食事がじつは土から育つ植物でありそれをつくっている人々がいる。
製品を手にすることによりそれを感じと取れるよう、北海道十勝地方の農業生産者の生産品をデザインする
「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
デザインとは遠いところにあると思われがちな農業とデザインを直結して活用することにより、農業の魅力、食の安心安全などのブランド価値を高め発信力をつける
「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
大規模流通は資材や燃料も大量に消費し無駄な部分も多い。
少量生産を効率的に適正な価格でとどけるためにも商品の特性や生産者をうまく伝えてゆくためのデザインは大きなチカラとなる。
ユーザー・社会に伝えたいこと情報化社会が発達しているといわれるが、それでも地方にある「良い物」を全国に送り届けるのは大変。
だが「地方」の集合体が日本であり、そこでつくられるものが日本を形作っている。
それが注目されるようにデザインをチカラに、もっと地方を活性化させ、人を、マチを、元気にしなければならない。
どこで購入できるか、どこで見られるかとかちデザインファームとかちデザインファーム
十勝デザインファームプロジェクトをもっと見る・購入 楽天市場で十勝デザインファームプロジェクトを探す

amazonで十勝デザインファームプロジェクトを探す

Yahoo!ショッピングで十勝デザインファームプロジェクトを探す
オフィシャルサイト http://www.gakudesign.com/

関連するグッドデザイン

伝統工法の継承の写真

木組耐力壁が繋ぐ大工の技能

住宅業界において構造体プレカット加工は著しい進化を遂げ、一度もノミを使うことなく住宅を完成させることができる時代となった。大工の伝統技術/専門性は失われつつあり、将来の担い手の減少へと繋がっている。そこで技術継承とプライド復興のため本対象のプログラムが生まれた。木組耐力壁である理由は、現代のプレカット加工機では再現できない人の触覚や木の特性を見分ける力を要する技術であること。また住み手の暮らしを豊かにするものであること、というふたつの条件を満たすモノとして開発された。木組耐力壁は合決という技法で作られる最も初歩的な継手技術であるが、ノミさえ使ったことのない若い大工にとっては未経験の技術習得が必要となり、木組みの素晴らしさに触れるきっかけとなる。無論ただのトレーニング活動ではなく、量産性の高い住宅会社として現実的に普及可能な技術レベルをスタートラインとして設定している。先端技術は困難を容易へ変換し、一方で専門性を排除する。その結果として生じる職業意識やスキルの損失は看過できない問題である。市場から乖離することなく、職の誇りに着目/復興させるバランスの取れたプログラムとして高く評価した。

全国工務店の相互支援ネットワークの写真

JAHBnet(ジャーブネット):全国250社の工務店による相互支援ネットワーク

地域ごとに気候風土・文化・人は異なる。それを踏まえた建築を行えるのは、地域に根ざす工務店である。しかし旧態依然とした工務店には技術力・提案力の不足、根拠薄弱な価格設定など、大型住宅メーカーの画一的な住宅に劣る要素があるのも事実だった。アキュラホームは当該問題を解決するため、価格算出のための詳細なデータ・経営の収支バランスなど、膨大なノウハウをシステム化し公開した。しかし地域工務店ごとの異なった事情に対して、システムを一方的に公開するだけでは不足があることを鑑み、相互支援コミュニケーションの仕組みを開発した。これがJAHBnetである。特筆するべき点は『相互支援』の要素であり、アキュラホームが指導する形式はなく、工務店がそれぞれノウハウを共有することによって地域工務店全体のクオリティ向上を達成する。17年に渡るJAHBnet活動の中で『地域活性化のためのプロジェクト』『建築会社が倒産しても複数工務店が継続的に補完するシステム』など様々な取り組みが派生し、地域ごとにノウハウを提供するリーダー工務店が誕生している。その実績とノウハウ共有ネットワークの成功例として高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン