次世代開発のためのクリエイティブ・コミュニティによるモノづくりプロセスの変革

このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン開発プロセスの変革

ビジネスモデルのデザイン

株式会社デンソー (愛知県)

グッドデザイン賞

デザインの持つ本質的な価値や可能性を認識し、社内にデザインマインドを根付かせる活動のひとつとして評価できる。

もともと技術的な先進性やポテンシャルのある企業が、デザインの力によって生みだすソリューションやイノベーションに大きく期待をしたい。

次世代開発のためのクリエイティブ・コミュニティによるモノづくりプロセスの変革をもっと見る・購入 楽天市場で次世代開発のためのクリエイティブ・コミュニティによるモノづくりプロセスの変革を探す

amazonで次世代開発のためのクリエイティブ・コミュニティによるモノづくりプロセスの変革を探す

Yahoo!ショッピングで次世代開発のためのクリエイティブ・コミュニティによるモノづくりプロセスの変革を探す
オフィシャルサイト http://www.denso.co.jp/ja/

関連するグッドデザイン

築古ビルのバリューアップ転貸事業の写真

築古ビルの耐震化とリノベーションによるバリューアップ転貸事業『Reビル』

築古中小ビルの空室率が上昇し、特に耐震性に問題のある築古ビルの経済価値は急速に低下している。一方ビルオーナーの巨額投資による修復・スクラップ&ビルトは容易に行えないのが実情であった。この課題の解決には、信頼性の高い築古中小ビルの有効活用法が必要であると考え、三菱地所レジデンスが『Reビル』という事業モデルを創出した。始めに、ビルの耐震補強工事・デザインされた内装工事等リノベーションを行う。当該改修工事の投資費用はオーナー負担ではなく、100%同社が負担する。再生後のビルは、同社にて賃貸管理を行いつつビルオーナーへ空室保証型の賃貸料を支払い、その転貸差益にて投資回収を行う。10年程度経過した後、ビルはバリューアップした状態のままビルオーナーへ返還される。これにより無人の築古ビルを所有し収入を得られなかったビルオーナーがリスク・不安を抱えることなく、再び賃貸収益を得ることができ、最終的にリノベーションしたビルを手にいれることが可能となる。理想的な当該ビジネスモデルには既に実績があり、スクラップ&ビルドに替わる新たな選択肢の登場は、都市再生に寄与することが期待される。革新的なビジネスモデルとして高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン