5つのアイズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

マンション品質管理システム等

ビジネスモデルのデザイン

三菱地所レジデンス株式会社 (東京都)株式会社メックecoライフ (東京都)三菱地所コミュニティ株式会社 (東京都)セコム株式会社 (東京都)

グッドデザイン賞

マンションに求められる様々な「安心」と「クオリティ」を5つの視点とテーマで示している。

なかなか見えにくい、品質や性能、エコロジーへの取り組みや環境対応、居心地、セキュリティの高さなどを、ユーザーにわかりやすいように見える化しており、住まう人の安心を創り出している。

5つのアイズの概要「5つのアイズ」は、三菱地所レジデンスのマンション「ザ・パークハウス」全物件に対応する独自のシステム(一部首都圏のみ)。
マンションに求められる様々な「安心」と「クオリティ」を5つの視点とテーマでご提案するものです。
当社独自の品質管理と性能表示システム「チェックアイズ」、最先端の環境対応仕様「エコアイズ」、インテリアも含めた「居心地のよい住まいづくり」をお手伝いする「カスタムアイズ」、グループの管理会社・三菱地所コミュニティ、警備会社セコムで共同開発したセキュリティシステム「ライフアイズ」、24時間365日対応、入居後の安心を支える「コミュニティアイズ」の5つのサービスを提供しています。
プロデューサー三菱地所レジデンス株式会社 執行役員ブランド・CS推進部長 佐藤 公治
5つのアイズの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
ハード面では、「チェックアイズ」を通して末永く安心してお住まいいただけるマンションの提供を、環境では、「エコアイズ」を通してCO2排出量の削減を図り、ソフト面では、「コミュニティアイズ」を通してマンション入居者向けのライフサポートサービス、入居者を対象とした会員組織を通じて、様々な生活支援サービスを提供しています。
5つのアイズのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
マンション購入時にお客様にお選びいただける、カラーセレクト・オプション・インテリア相談など、「自分だけの住まいづくり」をサポートするサービス「カスタムアイズ」を提供することで、お客様のご要望にできるだけお応えしながら、選ぶ楽しみを感じていただく取り組みを行っています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
マンションでの毎日の生活の中で起こる様々な課題の解決や、居住者の皆様同士のコミュニティ形成を支援する総合的なコミュニケーションサービス「コミュニティアイズ」を提供。
グループの管理会社である三菱地所コミュニティより、管理計画や予算、会計やメンテナンス等、ひと目で理解しやすいよう工夫を凝らした報告書をお渡ししています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
「チェックアイズ」を通して、お客様に、建築・設計段階での細かなチェック項目を写真でご報告したり、耐久性・耐震性など目に見えない部分を具体的な数値で表し、ひとつひとつの仕組みを「見える化」してお伝えしています。
また、三菱地所コミュニティ、セコムと共同で開発した新しいマンションライフセキュリティシステム「ライフアイズ」を提供し、「安心」「安全」、「スピーディー」な対応をお届けしています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
「エコアイズ」では、食洗機や節水トイレなどのエコ設備から、最先端の太陽光システムまで取り揃えています。
特に、2010年にグッドデザイン賞を受賞した、「soleco(ソレッコ)」は、三菱地所グループの住宅事業における環境配慮の取り組みを推進するメックecoライフが中心に開発した独自のエコシステムで、「一括高圧受電」と「太陽光発電」を組み合わせ、エコロジー&エコノミーな生活を提供しています。
ユーザー・社会に伝えたいこと「5つのアイズ」は、これまで培ってきた歴史や伝統を継承しながら、マンションとしてのハード的な品質・機能はもちろん、コミュニティ、環境対応といった次代の価値を有機的につなぎながら新しい価値を実現するシステムです。
5つのアイズをもっと見る・購入 楽天市場で5つのアイズを探す

amazonで5つのアイズを探す

Yahoo!ショッピングで5つのアイズを探す
オフィシャルサイト http://www.mecsumai.com/5eyes

関連するグッドデザイン

伝統工法の継承の写真

木組耐力壁が繋ぐ大工の技能

住宅業界において構造体プレカット加工は著しい進化を遂げ、一度もノミを使うことなく住宅を完成させることができる時代となった。大工の伝統技術/専門性は失われつつあり、将来の担い手の減少へと繋がっている。そこで技術継承とプライド復興のため本対象のプログラムが生まれた。木組耐力壁である理由は、現代のプレカット加工機では再現できない人の触覚や木の特性を見分ける力を要する技術であること。また住み手の暮らしを豊かにするものであること、というふたつの条件を満たすモノとして開発された。木組耐力壁は合決という技法で作られる最も初歩的な継手技術であるが、ノミさえ使ったことのない若い大工にとっては未経験の技術習得が必要となり、木組みの素晴らしさに触れるきっかけとなる。無論ただのトレーニング活動ではなく、量産性の高い住宅会社として現実的に普及可能な技術レベルをスタートラインとして設定している。先端技術は困難を容易へ変換し、一方で専門性を排除する。その結果として生じる職業意識やスキルの損失は看過できない問題である。市場から乖離することなく、職の誇りに着目/復興させるバランスの取れたプログラムとして高く評価した。

合板の写真

あかね合板(APボード)が作り出すこれからの山のすがた

あかね材という名称の木材がある。育成不適地に植えた弱い杉が、スギノアカネトラカミキリという昆虫の食害にあった木材であり、被害は全国に広がる。あかね材か否かは製材後にしか判らず、あかね材の場合は食痕により価値を失いチップや燃料となる。これは手間と時間をかけて育てた商品価値が暴落するということであり、山は経済的打撃を受ける他、伐採/放置/腐敗/山の荒廃という負の連鎖の原因となる。それを断ち切るため本対象がプログラムされた。最終的な主旨は「現在の杉が大量に植えられた山は人工的/不自然な風景であり、次代に向けて生態系を取り戻す必要がある」というものであり、それは地域ごとの母樹から発芽させ育てた、地域性苗木を植えることで達成されていく。将来的にはそれら樹木の用途が生まれ、また景観資源となって地域の経済価値を生んでいく。このプロセスを実現するための資金源として、あかね材を合板として商品化し高付加価値利用をする試みが開始された。結果、チップとして処理されるのに較べ、多くの資金を山へ還元することに成功している。研究データに基づく実行プログラムと経済的好循環の実現、さらに本来の山の姿を復元することによる新たな森林経済の創世活動として高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン