スマートフォン

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

Huawei Ascend

携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューター

華為日本技術株式会社 (東京都)

グッドデザイン賞

NTTドコモ初となる中国メーカー Huawei のスマートフォン。

もちろん日本市場でのチャレンジがあるのでスペックも高速 LTE 通信 ワンセグ、おサイフケータイ、NOTTV 等に対応している。

CPUには1.5GHzデュアルコアのSnapdragonを搭載、LTEも採用したミドルレンジの端末で、このスマートフォンのハードウエアとしての特徴はまず機動の早さが挙げられる。

これは全てのスマートフォンでの課題である、立ち上げ時のストレスを消化することに成功している。

このような配慮は技術者の努力によるものだが、総合的に感覚の領域であるから完成度の安定感からデザインとして評価出来る。

外装デザインは全体的に丸みを上手く配置して手に持ったときにしっくりと馴染む。

外装のパーツを極力少なく設計している為に背面がすっきりとデザインされている点も評価できる。

スマートフォンの概要ファーウェイ製、NTT Docomoさんから発売する予定の新スマートフォン製品。
4.5寸hdクラス1280*720解像度、快速デュアルコア1.5、13mバックライト式高精細度バックカメラ、1.3mフロントカメラ。
本体幅は65mm未満、世界で最も薄い4.5寸LTE携帯、immbアンテナ後置、日本規格のテレビ番組の視聴が可能、Felica機能を本体に搭載し、クレジットカード決済をより便利に。
プロデューサーファーウェイ・デバイス・カンパニー
ディレクター原泽、伍国平
デザイナー王千
スマートフォンの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
スマートフォンのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
本体はインパクトのあるフォルムと親しみやすいCMFで更に使いやすい。
背面の小さな突起は、周波数の問題を解決するだけでなく、本体を横に向けて撮影する際に、より一層安定感のある構造になっている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
多数の機能をコンパクトにまとめ、TV、Felica、Wi-Fi高速インターネット接続、高画素撮影、LTE 4G通信及びデータ送信、本体自身をホットスポットとして、モバイルWi-Fi設定を行うことができる。
社会及び環境におけるリソースの整合、エコリーダーとして大きな役割を果たす。
複数の機器を融合することで、デジタル機器の消耗や無駄を最小限に抑え、環境を最大限に保護する。
ユーザー・社会に伝えたいことビジネスや生活を軽快にし、1台で多機能を有し、複数台のデジタル機器を持ち歩く必要がなきる。
最新の高速伝送ネットワークにより作業効率が向上でき、親しみやすいマテリアルやカラーはユーザーの生活により一層馴染み、高精細度撮影で生活シーンを鮮明に残すことができる。
どこで購入できるか、どこで見られるかDocomo ショップ
スマートフォンをもっと見る・購入 楽天市場でスマートフォンを探す

amazonでスマートフォンを探す

Yahoo!ショッピングでスマートフォンを探す

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューターの人気グッドデザイン