オソロ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

耐熱磁器&シリコン樹脂テーブルウェア

ビジネスモデルのデザイン

鳴海製陶株式会社 (愛知県)

グッドデザイン・ベスト100

歴史ある企業には確立されたノウハウや商品がある。

しかしそれは保守的な経営のための貯蓄であってはならない。

新たな使用価値を創出するための資源であるべきだ。

 高齢者や主婦のニーズなど利便性の高い電子レンジによる調理は、これから発展していくジャンルである。

しかし一方ではチープなイメージも存在する。

 その課題に対して『ボーンチャイナの技術を応用した新素材による機能的で美しい形態』『省エネ』『収納への配慮』など、これまでにないデザインコンセプトの実現は日常的な食生活の改革を導くことが期待される。

 またOSOROには食品開発やレシピ開発を誘引する汎用性があり、食生活をより豊かにする可能性を持つ。

長期的には回転寿司の搬送機械が寿司の世界普及を促進したように、OSOROを媒介として新たな食品、レシピが日本発の食文化として世界に発信・普及していく展開も考えられる。

 以上のことから経営資源を積極的に活かすことによる新たな商品開発の手法として、また発展性のある商品戦略マネジメントとして高く評価された。

オソロの概要調理もできて、コーディネートも抜群、冷凍庫や冷凍庫での保存もOKで、収納力も高い・・・ひとつで何役もこなしてくれる食器があるなら?ずばり、これがOSOROです。
名づけて「OPEN TABLEWARE SYSTEM」という新しい発想。
食卓から冷蔵&冷凍保存、調理、収納まで、「うつわ」に新しい発想を。
OSOROで変わる、食生活のカタチ。
あらゆる暮らしにフィットし、暮らしとともに組み合わせを変え、一緒に成長して行くうつわです。
プロデューサー鳴海製陶株式会社 代表取締役社長 松川力造
ディレクター株式会社エムテド 代表取締役 田子學+株式会社ウェルネス・アリーナ 代表取締役社長 梶川貴子
デザイナー株式会社エムテド 代表取締役 田子學
オソロの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
・電子レンジ調理や食材保存に使われるプラスチックラップや使い捨て保存容器と、それらから発生するゴミの量の削減が可能になること ・調理から食材の保存、食事までこれ一つでできることから、洗い物が少なく済むため、食器洗いの水量の削減が可能になること ・さらに、電子レンジ調理による調理水の軽減により、調理に使う水量の削減が可能になること ・電子レンジ調理によるCO2排出量の削減が可能になること
オソロのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
・上質感のある器で食事をすることによる心の満足度充足 ・炊事にかかる時間短縮による余暇時間の増加により、ストレスの軽減と心の満足度充足 ・驚異の収納力によるスペース効率の向上と整理整頓によるストレスの軽減 ・手に持ちやすいカタチで、積み重ねが可能な究極の側面角度が特徴
「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
・上質感のあるうつわと鮮やかなカラーのシリコンアイテムでキッチンや食卓を楽しく演出できる ・機能とデザインの両立により家事の負担軽減 ・驚異の収納力により食器棚やキッチンの整理整頓が可能となる ・どんな料理にもマッチし、これ一つで楽しむことができる ・新しいライフスタイル、豊かな暮らしの提案
「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
・フリット釉による上質感と耐熱性を両立した新素材の開発による陶磁器産業の進化 ・これまで不可能といわれていた直線デザインによる四角形の実現により、新しい技術を開発 ・器と器を組合せて調理や保存に使用するという発想により、新しい需要の開拓 ・新素材の開発(土と釉薬のマッチング) ・新しい焼成技術の確立
「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
・プラスチックラップや使い捨て保存容器の削減による資源の確保 ・ゴミの削減(プラスチックラップ、使い捨て保存容器、食材) ・調理水の軽減 ・CO2削減
ユーザー・社会に伝えたいこと世の中とともに人々の意識が変わりつつある中で、「うつわ」ができることを考えた時、「うつわ」はもっと、毎日の生活に存在する悩みを解決してくれる存在になれるはずです。
OSOROは、そんな生活の悩み-家事の時間短縮、食器棚や冷蔵庫の整理整頓、食器洗いの量と時間の削減、ゴミを削減、環境に優しい暮らし・・・等、食卓から暮らし全体、環境やエネルギー問題も超えていく、まったく新しい「うつわ」です。
どこで購入できるか、どこで見られるか東急ハンズ(東京店、新宿店)、ナルミ公式ネットショップe-narumi.com、ナルミ公式ネットショップ e?NARUMI.com
オソロをもっと見る・購入 楽天市場でオソロを探す

amazonでオソロを探す

Yahoo!ショッピングでオソロを探す
オフィシャルサイト http://www.osoro.jp

オソロのはてブでの話題

  • 14/08/02 10:16 昨日のイベントで話を聞いて、これは買い揃えようと思った。 [jamais_vu]
  • 14/03/06 13:44 器 [Yukarigohan]
  • 13/06/03 00:02 21cmラウンド+フタが茶色 [pw6]
  • 13/03/30 11:53 使いたい [Syuwo]
  • 13/01/22 19:57 これすてきすぎるなあ 使い方のhackingかあ... [plane25]
  • 12/12/29 17:28 名古屋の鳴海製陶によるプロダクトブランド。中垣さんと共有用にブックマークしときます。 [misaquo]
  • 12/11/08 14:24 調理しつつそのまま食べる時に器として使える。形も色も可愛らしい。 [kurobuchi]
  • 12/09/26 02:07 おーこれすごくいいかんじ、確認しよう。 [t___s]
  • 12/09/24 14:02 よくわからん [kaiteki61]
  • 12/09/24 01:05 実物見てみたい。 [aykt]

関連するグッドデザイン

全国工務店の相互支援ネットワークの写真

JAHBnet(ジャーブネット):全国250社の工務店による相互支援ネットワーク

地域ごとに気候風土・文化・人は異なる。それを踏まえた建築を行えるのは、地域に根ざす工務店である。しかし旧態依然とした工務店には技術力・提案力の不足、根拠薄弱な価格設定など、大型住宅メーカーの画一的な住宅に劣る要素があるのも事実だった。アキュラホームは当該問題を解決するため、価格算出のための詳細なデータ・経営の収支バランスなど、膨大なノウハウをシステム化し公開した。しかし地域工務店ごとの異なった事情に対して、システムを一方的に公開するだけでは不足があることを鑑み、相互支援コミュニケーションの仕組みを開発した。これがJAHBnetである。特筆するべき点は『相互支援』の要素であり、アキュラホームが指導する形式はなく、工務店がそれぞれノウハウを共有することによって地域工務店全体のクオリティ向上を達成する。17年に渡るJAHBnet活動の中で『地域活性化のためのプロジェクト』『建築会社が倒産しても複数工務店が継続的に補完するシステム』など様々な取り組みが派生し、地域ごとにノウハウを提供するリーダー工務店が誕生している。その実績とノウハウ共有ネットワークの成功例として高く評価した。

伝統工法の継承の写真

木組耐力壁が繋ぐ大工の技能

住宅業界において構造体プレカット加工は著しい進化を遂げ、一度もノミを使うことなく住宅を完成させることができる時代となった。大工の伝統技術/専門性は失われつつあり、将来の担い手の減少へと繋がっている。そこで技術継承とプライド復興のため本対象のプログラムが生まれた。木組耐力壁である理由は、現代のプレカット加工機では再現できない人の触覚や木の特性を見分ける力を要する技術であること。また住み手の暮らしを豊かにするものであること、というふたつの条件を満たすモノとして開発された。木組耐力壁は合決という技法で作られる最も初歩的な継手技術であるが、ノミさえ使ったことのない若い大工にとっては未経験の技術習得が必要となり、木組みの素晴らしさに触れるきっかけとなる。無論ただのトレーニング活動ではなく、量産性の高い住宅会社として現実的に普及可能な技術レベルをスタートラインとして設定している。先端技術は困難を容易へ変換し、一方で専門性を排除する。その結果として生じる職業意識やスキルの損失は看過できない問題である。市場から乖離することなく、職の誇りに着目/復興させるバランスの取れたプログラムとして高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン