メディエア スカイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

車いす用エアーセルクッション

個人用品や育児・介護用品

横浜ゴム株式会社 (東京都)

グッドデザイン賞

車いす用座面クッションにはさまざまな種類があるが、一般的に、エアーセルを用いたものが体圧の分散に有効で、褥瘡の予防に効果的だとされている。

この製品は、エアーセルを利用する利点を更に進化させ、空気配管を左右独立とすることで体幹安定性を確保、手動ポンプにより空気量の微調整を可能とし、さらに底付き防止のためのブザーを備えることで、利用者に安心感を与え、行動範囲の拡大に寄与している。

メディエア スカイの概要車いすユーザーはお尻の床ずれを危惧しています。
床ずれの心配を解消することを目指し、このクッションを開発しました。
このクッションは、エアーセルでお尻をやさしく支え、座骨などの突起部分にも集中的に圧力が掛からないようにしています。
体幹安定性を得るため空気の配管は左右独立とし、座面両サイドにはガードセルと呼んでいる大きなエアセルを配置しています。
また、底付手前を検知するセンサーをエアセル内部に配置し、センサーがお尻が下がってきたことを検知すると、ブザーでお知らせする機構を設けています。
これにより、利用者に合った空気量の調整がしやすくなりました。
プロデューサー横浜ゴム株式会社 工業品事業本部 エアシートクッションタスクリーダー 飯田 潔
ディレクター横浜ゴム株式会社 工業品事業本部 エアシートクッションタスク 二瓶 秀規
デザイナー横浜ゴム株式会社 工業品事業本部 エアシートクッションタスク 大仲 敏章、芳賀 功幸/タイヤグローバル製品企画本部 PC製品企画部 デザイングループ 佐藤 健一
メディエア スカイの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
高齢者、身障者であっても、自由に、快適に過ごす生活の道具を提供すること。
メディエア スカイのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
障がい、高齢であっても、快適な車いす座面を提供することにより、車いすユーザーの明るく開放感のある製品を目指しました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
車いすユーザーの臀部に対する床ずれの心配を、底付手前を検知して音でお知らせすることにより、安心して車いすで行動範囲をより広げて頂くことを目指しました。
映画館などでは消音できるスイッチも設けています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
横浜ゴムの持つエラストマー(ゴムなど)と空気による緩衝技術(車両と路面の衝撃を緩衝するタイヤ、エアーサスペンション、船舶が岸壁に接岸する時にエネルギー吸収する空気式防舷材やその空気圧センサーなど)を応用し、工業品から福祉産業へと他分野の産業へ貢献することを目指しています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
車いすユーザーの行動範囲をより広げるため、バリヤーフリー環境に貢献できるように開発しました。
ユーザー・社会に伝えたいこと一般的な折りたたみのできる車いすシートは、キャンプに使われる折りたたみ椅子と同じ構造です。
もしその椅子に、毎日16時間も座るとしたら・・・。
床ずれは、感染症から命にかかわる問題に繋がります。
より快適で安心してして座っていられるおしりにやさしい空気式クッション。
車いすで「もっと気軽に、もっと自由に、空の下に」という願いを込めて開発しました。
メディエア スカイをもっと見る・購入 楽天市場でメディエア スカイを探す

amazonでメディエア スカイを探す

Yahoo!ショッピングでメディエア スカイを探す
オフィシャルサイト http://www.yrc.co.jp/medi-air/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
個人用品や育児・介護用品の人気グッドデザイン