プロギア オプティカル

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

眼鏡

個人用品や育児・介護用品

株式会社ミック (神奈川県)

グッドデザイン賞

ヘッドバンド機能付き一体型眼鏡。

眼鏡の意匠に注目したのではない。

落下防止のストラップにイヤホンケーブルを収納させるなど新たな機能を付加し、アクティブな場面での眼鏡の「一体感」に焦点を当て開発された。

ストラップは精度も高く、樹脂の柔らかさが心地いい。

色使い、眼鏡各部位の精度も高く、男女を問わずスポーティーな質感で仕上がっている。

眼鏡というよりもアイウエアという開発視点を評価したい。

プロギア オプティカルの概要カジュアルで且つ、スポーティブな場面で使用できるアイウェアをコンセプトに、革新的な機能とデザインを取り入れました。
1.軽い運動時でもアイウェアーを保護できるヘッドバンド 2.イヤホンを取り付けできるケーブルホルダー 3.軽量フレームに3Dノーズパッド 4.超弾性TR90素材のテンプル 5.ネジ無しの簡単メンテナンス (1/2は特許出願中) カジュアルなシーンからスポーツシーンまで、使う場所を選ばないマルチアイウェアーです。
プロデューサーオブジェクト・オプティクス
ディレクタートーマス・トラウス氏 トーマス・トラウス デザイン社
デザイナートーマス・トラウス氏
プロギア オプティカルの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
様々な場所・場面でも共通に使って頂けることが、我々の開発の発端です。
どんな方にでもその高品質と機能を長く使って頂けることが、環境面を通じて、社会に還元出来ることではないかと信じています。
プロギア オプティカルのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
人体工学を基にしたフレームデザインはもちろん、さらに開発した機能が発揮される事で、より商品を使い易く、又ストレスに感じずに使って頂けるものと思います。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
より多くの場所・場面で使い分ける事無く、気兼ねなく色々な人に使用して頂ける商品になっています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
私たちの商品は、ライフスタイル、デザイン、技術をそれぞれバランス的に考え、反映した形になっています。
この3つの要素は消費者にとってニーズであり、製造側の立場からは商品開発に無くてはならないものと考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
現代のライフスタイルにあった機能的で、誰にでも使用してもらえるアイウェアーになっていると考えています。
ユーザー・社会に伝えたいことProgear Opticalは様々な人に使用して頂けるスポーツ・アイウェアブランドです。
オフィスでも、レジャーでも、その用途・場所によって利用者に合わせられる商品になっています。
利用者みなさんのライフスタイルに合った商品で長く使用して頂けることが、私たちの目標になります。
是非、マルチに使えるアイウェアーを楽しんでください。
プロギア オプティカルをもっと見る・購入 楽天市場でプロギア オプティカルを探す

amazonでプロギア オプティカルを探す

Yahoo!ショッピングでプロギア オプティカルを探す
オフィシャルサイト http://www.e-mic.co.jp

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
個人用品や育児・介護用品の人気グッドデザイン