ユニバーサルデザイン定量評価手法の開発および社内商品認定制度の構築

このエントリーをはてなブックマークに追加

UD認定制度

ビジネスモデルのデザイン

パナソニック電工株式会社(大阪府)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

あらゆるモノづくりにおいて「人にやさしい」ことは不可欠のコンセプトである。

すべての商品開発において、この理念を基本にユニバーサルデザインに配慮した商品を生み出す取り組みが、このUD認定制度である。

一企業による社内制度ではあるが、曖昧だったUDの基準を客観的データに基づき科学的に明らかにし、UD配慮設計ガイドラインを策定、商品開発プロセスにこの制度を組み込むとともに認定制度により顕彰するという、常に質の高いUD商品を開発し続けられる仕組みを確立している。

社会制度ともなり得るモデルであり評価できる。

どこで購入できるか、どこで見られるか当社カタログ(UD認定マーク)
ユニバーサルデザイン定量評価手法の開発および社内商品認定制度の構築をもっと見る・購入 楽天市場でユニバーサルデザイン定量評価手法の開発および社内商品認定制度の構築を探す

amazonでユニバーサルデザイン定量評価手法の開発および社内商品認定制度の構築を探す

Yahoo!ショッピングでユニバーサルデザイン定量評価手法の開発および社内商品認定制度の構築を探す
オフィシャルサイト http://www.panasonic-denko.co.jp/corp/ud/

関連するグッドデザイン

合板の写真

あかね合板(APボード)が作り出すこれからの山のすがた

あかね材という名称の木材がある。育成不適地に植えた弱い杉が、スギノアカネトラカミキリという昆虫の食害にあった木材であり、被害は全国に広がる。あかね材か否かは製材後にしか判らず、あかね材の場合は食痕により価値を失いチップや燃料となる。これは手間と時間をかけて育てた商品価値が暴落するということであり、山は経済的打撃を受ける他、伐採/放置/腐敗/山の荒廃という負の連鎖の原因となる。それを断ち切るため本対象がプログラムされた。最終的な主旨は「現在の杉が大量に植えられた山は人工的/不自然な風景であり、次代に向けて生態系を取り戻す必要がある」というものであり、それは地域ごとの母樹から発芽させ育てた、地域性苗木を植えることで達成されていく。将来的にはそれら樹木の用途が生まれ、また景観資源となって地域の経済価値を生んでいく。このプロセスを実現するための資金源として、あかね材を合板として商品化し高付加価値利用をする試みが開始された。結果、チップとして処理されるのに較べ、多くの資金を山へ還元することに成功している。研究データに基づく実行プログラムと経済的好循環の実現、さらに本来の山の姿を復元することによる新たな森林経済の創世活動として高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン