NJ501 

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

マシンオートメーションコントローラ

生産、加工、流通に関する用品と機器設備

オムロン株式会社(京都府)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

マシンコントローラとして様々なユニットや機能をインテグレイションできる信頼感のあるデザインとなっている。

製品の性質上、部分部分のデザインになりがちだが、トータルコンセプトをイメージさせ上手くまとめている。

またカラーコーディネイションやグラフィックの細部まで、次の世代を感じさせる奇を衒わない真面目さや安全性といった、製造現場においては機械本来の持つ特性を確かに感じさせ、信頼性を増している。

NJ501 シリーズの概要サーボドライバや視覚センサなどの様々な入出力機器を簡単につなげ、従来のコントローラでは困難だった高性能なモーション制御を実現し、機械全体をひとつのコントローラで制御できる新しいマシンオートメーションを実現するために、最新の高速マイクロプロセッサと、FAのパイオニアとして製造現場で培ってきた知見・ノウハウを融合することにより生まれた、ロバスト性(安定性/信頼性)と高速・高性能を両立する次世代コントローラ。
プロデューサーオムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー アプリケーション開発センタ NEX-PJ 富永篤史
ディレクターオムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 企画室 事業企画部 デザイングループ 名田平太
デザイナーオムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー オートメーションシステム統轄事業部 開発センタ 機構開発課 大津貞仁、因幡和生、東義巳+ 株式会社モビールデザイン 奥野博嗣
NJ501 シリーズの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
ロジック制御とモーション制御をひとつのコントローラに統合し、省スペース・省資源化を実現することで環境への負荷を低減するとともに、ユーザのプログラム開発生産性を飛躍的にあげることにより、サステナブル社会の実現に貢献する。
NJ501 シリーズのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
状態表示LEDのレイアウトを集約し、使用頻度の少ないインタフェイス部や電源ケーブルを接続する端子台をカバーリングすることで、煩雑さを抑え、視認性を向上させた。
また、常時使用するネットワークケーブルのインタフェイスを前面に設け、操作性を向上させた。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
本商品を使用してつくられた機械の加工精度や生産性が飛躍的に向上することにより、生活用品の良質化や低価格化に貢献し、快適な生活の下支えをする。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
先進の性能をリアルタイムに実現することにより、機械・装置のパフォーマンスを総合的に進化させることが可能となる。
また、個別のコントローラのモデルチェンジに費やす膨大な労力からユーザを開放し、機械の機能・性能進化に専念していただくことで、機械の生産能力向上に大きく寄与する。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
ロジック制御とモーション制御をひとつのコントローラに統合し、省スペース・省資源化の実現により環境への負荷を低減する。
ユーザー・社会に伝えたいこと世界のFA現場を一変させる革新的な性能を斬新な表現で顧客に伝えるとともに、シンプル且つ業界最小レベルのコンパクトなパッケージングにおさめた。
本商品により、生産現場の生産性を飛躍的に向上させ、環境への負荷低減も実現することで社会に貢献する。
NJ501 シリーズをもっと見る・購入 楽天市場でNJ501 シリーズを探す

amazonでNJ501 シリーズを探す

Yahoo!ショッピングでNJ501 シリーズを探す
オフィシャルサイト http://www.omron.co.jp

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
生産、加工、流通に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン