寺田邸

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

深沢ガレージハウス

住宅や住宅設備

SHIBASAKI ARCHITECTS and PARTNERS(福島県)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

杉の間伐材の利用を高度なデザインに結び付けた意欲的な試みである。

線材を多用した繊細なデザインは、単なる技術の提案で終わらず、新しい価値を創造している点を高く評価したい。

寺田邸の概要この中庭型の住宅は、東京都世田谷区深沢の極小地に、福島県南八溝山系の杉間伐材を6㎝と12㎝の角材にして交互に積層させたパネルを搬送し、都内で建設した地域連携のプロジェクトである。
構想中から福島県東白川郡塙町の製材会社と宮大工のもとに施主と訪れ、人的繋がりをつくることでこの2つの地域を連携させることができた。
12㎝と6㎝を積層させることで断熱と芳香効果、表面積がフラットに比べると1.5倍になることから調湿効果も図っている。
また、この積層の溝を利用して階段や机板、ベンチを楔で固定し様々な家具をつくり出すことができる。
スイッチプレートやコンセントダクトをここにレイアウトしてシステム化している。
デザイナー柴﨑恭秀
寺田邸の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
杉間伐材の有効利用は日本の林業の問題やCO2問題と直結している。
杉間伐材を最小限の加工で校倉のような積層壁パネルとすることで、将来の壁材の再利用も可能にしている。
また調湿効果、断熱効果、芳香効果等を期待して木材には塗装を施していない。
これも木材を再生材として利用することを意図している。
その他、この住宅では新建材と呼ばれる複合材の使用は最小限にしてほとんどの材料を再利用可としている。
寺田邸のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
人の身体は個人で異なり、また同じ人であっても年齢によって身体能力や負担が異なる。
この住宅の壁のシステムは家具や机、椅子の高さを可変させることができ、また階段も当初から緩やかにデザインしている。
また木のもたらす断熱、調湿作用や芳香効果は、人に安らぎをもたらすことは既知の通りである。
夏の猛暑時、冬の寒冷時には場所を移動することで快適な住空間を得ることができる空間構成としている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
中央に中庭を設けることで極小住宅に広がりを与えている。
居室のすべてと浴室はこの中庭に面しており、例えば浴室はこの中庭に対してフルオープンにすることができる。
ガレージに止めた車もこの中庭まで移動することができ、浴室から直接車に触れることもできる。
中庭はガレージから入ってきた風を、この中庭を介して煙突効果により各居室に風を通すことができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
この住宅の材料のほとんどは、いわゆる新建材と呼ばれる複合材的な材料を用いていない。
これにより廃棄物を最小限に抑えることができる。
また内部で用いているほとんどの材料を占める木材は福島県で伐採された杉間伐材を直接製材、乾燥し、そのまま地域の職人によってパネル製作がされていることから、先端産業というより、地域生産加工の単純な仕組みをベースにした流れで、これが今後の産業に重要であると考える。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
林業の再生は森林国である我が国の急務であると同時に地域の木材を如何にして都市部で利活用していくかも流通の観点から重要であると考えられる。
海外の木材を輸入することはCO2を増加させると同時にバランスを欠いた森林破壊を生む。
ウッドマイレージという観点でも地域材を国内でどのように活用していくかが課題である。
この住宅では施主に直接地域に入ってもらい、人的繋がりができた状況で建設している。
ユーザー・社会に伝えたいこと生活の中で体や手に触れるものが自然の素材であるということと、これが最大限の効果を発揮できる使い方、デザインを考えていく必要がある。
また林業の低迷や森林の問題を、流通やわれわれの生活の身近で解決する方法を模索していく必要がある。
この住宅で取り組んだテーマは以上のようなことと、さらには地域間の人の交流から生まれるものを形にしていきたいということだった。
これによる人の繋がりは今も継続している。
寺田邸をもっと見る・購入 楽天市場で寺田邸を探す

amazonで寺田邸を探す

Yahoo!ショッピングで寺田邸を探す

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン