ディアレンス田園調布

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

独身寮

住宅や住宅設備

菱重エステート株式会社(東京都)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

省エネルギーのための様々な取り組みが積極的になされているところが評価された。

独身寮ではあるが、今後は、居住者の生活への提案も期待されるであろう。

ディアレンス田園調布の概要この建物は閑静な住宅に囲まれた風致地区に計画された220室の独身寮であり、「緑地の保全と共生」、「周辺環境との調和」、「省エネルギー対策」に積極的に取り組んだ計画である。
太陽光発電システムやエコスカイルーフシステム(太陽光発電と太陽熱回収とをハイブリッド化することで電力と温熱源を同時に得るシステム)を核に、LED照明、有機EL照明、ヒートポンプ冷排熱回収、雨水再利用システム等による省エネ・省資源技術と、屋上・壁面緑化を核とした環境技術を計画に取り入れた省エネルギー・環境配慮型の寮として創り上げた。
プロデューサー菱重エステート株式会社一級建築士事務所 酒井貴博
ディレクター菱重エステート株式会社一級建築士事務所 酒井貴博 清水建設設計本部 山下英樹
デザイナー清水建設設計本部 中村新
ディアレンス田園調布の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
この建物は3つの棟により構成され、寮室を東棟と西棟に、エントランス、ラウンジ、食堂等を東棟と隣接する北棟に集約した明快なゾーニングとした。
更に単純なスパン構成と余裕をもった設備スペースの確保により将来のプラン変更も見据えた計画とし、今後の利用者ニーズに合せて用途変更や増改築に対応可能な建物としている。
また、環境技術についても将来の変更に関わらず継続して利用ができるよう十分配慮し計画している。
ディアレンス田園調布のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
この建物は、二つのセキュリティラインを設けるだけでなく、全ての寮室を「在室管理システム」により中央管理することで、寮生の安全性を確保している。
又、敷地周囲に向けて設置したソーラーウィンドゥライト(風力と太陽光を電源とする夜間照明)や前面の歩行者通路に設置した畜光式床材は、省エネルギーに配慮しつつ周辺環境の夜間安全性の向上に貢献している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
この建物の共用ラウンジや、周辺住民に開放された集会室にはインフォメーションシェアボードを設置しており、これは利用者が「趣味」や「地域の情報」などを自由に意見交換するアイテムとして計画している。
人との繋がりが希薄になった現在社会に於いて、このシェアボードは有効な情報交換の場としてだけでなく、新しいコミュニティを生み出す装置として考えている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
エコスカイルーフ技術は多くの人々に環境配慮型最新技術を身近に感じてもらい、環境技術の普及に繋げることを目的として、周辺住民に一般開放される集会室に利用されている。
この技術は新しい省エネ技術として共同住宅では初めて実用化され、太陽光パネルによる発電量等の計測値が集会室に設置されたモニターで確認でき、熱回収した暖気についても集会室へと繋がるダクトの一部を透明とすることで確認できる計画とした。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
周辺地域一体は本計画地と同様風致地区に指定されており多くの樹木が立っているが、これらは決して整備が十分ではなく、中には倒木寸前の危険木もあるため近隣住民から不安の声が多くあった。
これを受け本計画では環境配慮の一環として、周辺住民や行政と意見交換を十分に行い、樹木医の診断のもと適切な伐採・剪定・植樹を行い環境の向上に努めた。
これにより緑に囲まれ安全に生活できる街の維持に貢献できたと考えている。
ユーザー・社会に伝えたいこと本物件の設計において、環境技術や省エネ技術を可能な限り生活者や周辺住民の人々に「目」や「肌」で感じてもらえるように計画した。
それは「エネルギー削減や緑化」という目に見えることだけでなく、「本物件に関わる人々に「環境・省エネ」への強い関心・意識を促がすこと」が本件にとって大切だと考えているからである。
そしてその人々を発信源として更なる意識の拡がりが生まれることを切に願っている。
どこで購入できるか、どこで見られるか菱重エステート株式会社への申し込みによる。
ディアレンス田園調布をもっと見る・購入 楽天市場でディアレンス田園調布を探す

amazonでディアレンス田園調布を探す

Yahoo!ショッピングでディアレンス田園調布を探す
オフィシャルサイト http://www.rje.co.jp/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン