青白磁・一段

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

食器

食卓・調理用品

伊万里鍋島焼・虎仙窯(佐賀県)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

その透明感と形の美しさもさることながら、実際に手にすると「段」が指にすいゆくような感触があり、使いやすい。

伝統のものの良さを現代の食卓に使いつづけることを奨励する、すぐれた製品群だと思う。

青白磁・一段の概要青白磁釉薬を使って、青白磁の透明感と軽快感をテーマにデザインしました。
食器には「手に持つ」部分と、「口を当てる」時があり、手に持つスペースと口を当てる領域を「区分」するための2つの面を作ろうと、わずかな「段」をつけました。
単に「段」を付けるだけでなく、そこに青白磁の透明感と軽快感を表現するために、食器の厚みは「うすく」していますが、この「うすさ」によって、釉薬の生地吸い込みも少なくなり、軽量化へとつながり、同時に軽快感がデザインできたように思います。
プロデューサー伊万里鍋島焼虎仙窯 代表 川副虎隆
ディレクター平松保男
デザイナー平松保男
青白磁・一段の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
伊万里鍋島焼が出来上がるまでには、生地、成型と専門化した分業システムで構成されており、今回にデザインした食器も同様に、従来の生産システムが持続継続するように関わっています。
青白磁・一段のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
食器は、手に持つ道具であり、また口をつける時もあります。
手に持つスペースと口を当てる所を、「区分」することで、食器の役割り分担を明確にして、豊な食生活を提供できる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
スタッキングできるようにデザインしているため、食器棚などへの収納も効率的に提供できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
伊万里鍋島焼の食器プロセスは、生地、成型などが専門化した分業システムになっており、今回の新たな食器は、こういった分業システムに貢献できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
「うすい」食器ですから、生地素材や青白磁釉薬などの利用も従来品と比較して少なく、省資源になります。
少エネルギーでありながら、完成度を高めています。
ユーザー・社会に伝えたいこと伊万里鍋島焼の青白磁でありながら、従来の既成概念の殻をやぶって、「うすく」、「軽やかな」青白磁の食器ができました。
特に、青白磁釉薬を使った食器の「透明感あふれる清々しさ」に似合う形状は、「よりうすく」であり、「より軽快に」といった当初のイメージが形になったのではないかと思います。
光に向けると、底書きの文字が透けて見えるぐらいにうすく作りこんでいますので、うすさには注目していただきたい。
どこで購入できるか、どこで見られるか伊万里市大川内山の虎仙窯の自社店舗
青白磁・一段をもっと見る・購入 楽天市場で青白磁・一段を探す

amazonで青白磁・一段を探す

Yahoo!ショッピングで青白磁・一段を探す
オフィシャルサイト http://www.imari-kosengama.com/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
食卓・調理用品の人気グッドデザイン