PX-203

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

インクジェットプリンター

携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューター

セイコーエプソン株式会社(長野県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

全体の造形は、使わない時にはとてもシンプルなデザインで好感が持てる。

使う時には、使い方を考慮して、用紙交換や用紙受取りトレイのデザインがよくできている。

低価格の製品であるが、品位があり完成度の高いデザインとして、好感が持てる。

PX-203の概要シンプル&コンパクトなデザインで、一般家庭やSOHO、オフィスなどで普通紙にローコストで大量に印刷を行うことができるカラーインクジェットプリンターです。
4色顔料インクを採用し、普通紙の高速・高画質印刷かつ自動両面印刷が可能。
前面給紙カセット、無線LAN機能により、ラックの上や机の下など設置性の自由度を高めました。
達成しようとした目標ユーザー調査からわかったことは、プリンターは机の上を占領してしまい、物理的にも視覚的にも邪魔な存在であるということでした。
そこで、できる限り形状をコンパクトでニュートラルにすることを目標としました。
また、プリンタを置くことで物理的に占領してしまうスペースを有効に活用できないか、という視点で、上面は物を置かれることを想定してフラット形状にし、傷がつきにくい仕上げにも考慮しました。
プロデューサーセイコーエプソン株式会社 情報画像事業本部
ディレクターセイコーエプソン株式会社 機器デザインセンター 宮宇地博人
デザイナーセイコーエプソン株式会社 機器デザインセンター 山下祐介
PX-203のデザインについて電源を入れてスタッカーを開くという2ステップですぐに使うことができること。
また、使わない時は環境になじむようシンプルなたたずまいであること。
控えめなデザインながらも頼りになる、そんな使えるプリンターを目指しました。
天面には傷のつきにくいディンプルシボを、側面には荒めのシボを施し、しっかりしたイメージを与える新しい質感表現をいれました。
PX-203はどのような使用者・利用者を想定したか普通紙印刷しか行わず、仕事の資料や学校のレポートや論文などのテキストがメインで、スピードとコストを重要視されるお客様を想定しました。
ユーザーの訪問調査を行い、実際に使われる環境を調べた結果、限られたスペースのなかで空間を工夫して活用していることがわかりました。
PX-203はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか大容量用紙カセットは、わずらわしい用紙交換の頻度を大幅に削減し、消耗品の交換によって失われる無駄な時間を仕事や有益なことに費やすことができます。
また用紙交換をフロントから行えるようにした結果、従来のように目線より上に設置すると用紙交換が難しいといった問題が解消され、高さ方向で設置可能な場所が広がり、空間を有効に使うことができます。
その問題点に対し、どのように対応したか両面印刷機能の標準搭載により、資源の有効活用を提案。
また、塗装部品をなくす事により、環境に配慮しました。
どこで購入できるか、どこで見られるかエプソンダイレクト株式会社、 一般家電量販店など
PX-203をもっと見る・購入 楽天市場でPX-203を探す

amazonでPX-203を探す

Yahoo!ショッピングでPX-203を探す
オフィシャルサイト http://www.epson.jp

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューターの人気グッドデザイン