アイスピック プロフェッショナル プレミアファースト

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

アイスピック

食卓・調理用品

友井工芸(大阪府)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

ひと目見て、欲しくなる高級感溢れるアイスピックである。

 滑らかな連続性を持つ構造は、単に美しいだけでなく、重量バランスから、グリップ方法、肌触りまで全てが計算されてうまれたデザインである。

本来日本人が得意とする工芸的なレベルの高さを思い起こさせる。

アイスピック プロフェッショナル プレミアファーストの概要アイスピック 「プレミア-1ST」はプロバーテンダーの為のアイスピックとして開発されました。
 従来のアイスピックとは一線を画すデザインと機能は、使い手の現場からの意見が多く反映され、その重量バランス、針先の硬度、角度、使用感から手触りに至るまで数多くのテストを経て生まれました。
 多様な要望を妥協なく取り入れ、それらをシームレスに繋ぐことでシンプル且つ優美なデザインが生まれました。
 試作の段階から手で考え、手で造り、手で確かめながら造られていったその形状は熟練の職人による時間を掛けた手仕事でしか形作ることができないものです。
達成しようとした目標プロのバーテンダーの要求に応えることが出来る性能とその作法を崩さないデザインとの共存。
プロデューサー友井工芸代表 現代美術作家 友井隆之、友井工芸チーフディレクター 小林治夫
ディレクター友井工芸 チーフ 小林治夫
デザイナー友井隆之
アイスピック プロフェッショナル プレミアファーストのデザインについてかねてから、「手の仕業」が作り出す美しさに魅かれていた。
手で考え、手で造り、手で確かめながら造られていったその形状。
 流れるようなライン、曲面は熟練の職人による時間を掛けた手仕事でしか形作ることができない。
 そのような生産性や作業効率等に逆行する「手仕事」こそが、使う人の「手」を彩る事が出来るように思う。
アイスピック プロフェッショナル プレミアファーストはどのような使用者・利用者を想定したかプロのバーテンダー、ロックウイスキーをこよなく愛する人々。
アイスピック プロフェッショナル プレミアファーストはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかお酒を味わう際にその風情や雰囲気すらが「味わい」に一役買っている。
 ただ単に「便利な道具」として追求するのではなく、手の仕業、使用感に伴う美しさ、使う楽しさ、良いものを持つ喜びを提供する。
その問題点に対し、どのように対応したか衛生面に関しては、汚れのたまらない形状、素材にステンレス304を使用し錆などが発生しないようにすることで対処している。
 使い捨てられるものではなく、針全体に焼き入れが施されていて料理人の包丁のように砥ぐことでその切れ味を長く保持できる。
また長く愛用して頂けるよう針部分の差し替えも可能である。
アイスピック プロフェッショナル プレミアファーストをもっと見る・購入 楽天市場でアイスピック プロフェッショナル プレミアファーストを探す

amazonでアイスピック プロフェッショナル プレミアファーストを探す

Yahoo!ショッピングでアイスピック プロフェッショナル プレミアファーストを探す
オフィシャルサイト http://tomoikougei.main.jp/wp_icepick/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
食卓・調理用品の人気グッドデザイン