ココ!マーク高知道路案内標識および道案内システムの社会実験

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

道路案内標識

公共用途の建築物・空間

高知県土木部道路課(高知県) 有限会社ピージェーアイ(神奈川県)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

日本の道路標識は、海外に比べ認識しにくいと評価されている。

その大きな理由として日本独自の文字表記である「漢字かな交じり文字」の複雑さがあげられるだろう。

このプロジェクトでは交差点にアルファベット1文字を記し遠方からの視認性、高齢者でも早い解読性などを利用し、ナビゲーションシステムと同調することで、右左折などの間違い、渋滞、事故などの軽減に寄与している。

シンプルで解りやすいこのシステムは、今後全国レベルでの展開も期待される。

ココ!マーク高知道路案内標識および道案内システムの社会実験の概要道案内をわかりやすくするため、主要交差点にその目印としてアルファベット1文字を付す案内システム。
高知市内30交差点に実地展開され、2008年度より本格運用される。
日本には通り名式住居表示がないため、ドライバーへ「どこを曲がれ」と案内する際、代わりに交差点名やランドマークを用いる事が多い。
しかしその交差点が見つけにくい場合があり、間違い、事故、渋滞の要因となっている。
付されるアルファベットは地図データに記載され、ナビ、案内標識、紙地図等の右左折案内時に、交差点の目印として「Rを右折」と利用する事で、ドライバーが覚えやすく、見つけやすい案内が実現する。
全国の全交差点へ展開可能。
達成しようとした目標走行中のドライバーは、曲がるべき交差点を瞬時の判断で決断する必要がある。
一方日本の道路構造はその複雑性、通り名表示の少なさ等から、右左折案内しにくいという問題を抱えている。
アルファベット1文字のココ!マークで道案内を行うと、初心者、高齢者、外国人、運転の苦手なドライバーでもその案内を理解?記憶がしやすくなり、かつ交差点を遠方から瞬時に発見できる。
安全で安心な右左折行動を支援するシステムである。
プロデューサー高知県交差点記号化協議会・高知県土木部道路課
ディレクター有限会社PJI代表取締役 松平健
デザイナー有限会社PJI 代表取締役 松平健、中野真一
ココ!マーク高知道路案内標識および道案内システムの社会実験のデザインについて本プロジェクトは、「新しい道案内体系の提案」「実現へ向けての実証実験や協力体制の確立」そして現在行われている「高知での実地展開」まで全てデザイナーが主導、マネージメントをおこない実現させたものである。
ITSをサポートするシステムでありながら、モノ自体は1文字の標識のみという安価でシンプルな構成。
将来的に標識令改正によって正式な標識として全国展開される事が望まれる。
ココ!マーク高知道路案内標識および道案内システムの社会実験はどのような使用者・利用者を想定したか道案内を必要とする地理不案内なドライバー、とくに初心者、高齢者、外国人、運転の苦手な人といった、弱い立場の方の利用を前提としてシステムを構築した。
カーナビの案内で右左折する、地図で道を覚え右左折する、道路案内標識や口頭での案内で右左折する、といった場面で、ドライバーが交差点を見つける際の目印として活用される。
高知では、主に観光ドライバーの移動を想定し、交差点にマークが配されている。
ココ!マーク高知道路案内標識および道案内システムの社会実験はその使用者・利用者にどのような価値を実現したかマークでの右左折案内は理解、記憶が容易であり、運転中のナビ画面、地図、標識への注視時間を減少させる。
マークは遠方から瞬時に交差点を発見できる事は、余裕をもった右左折行動へつながる。
知らない道を右左折する際の不安、危険、間違い等を減少させ、安全に、安心して運転できる道路づくりを支援する。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点運転中にナビ画面や地図を注視する事による交通事故、迷走による交差点付近での交通事故等の社会的損失は社会問題となっている。
道の間違い、迷走運転による交通円滑性の低下等を原因とする化石燃料の損失、渋滞による社会的損失も問題となる。
複雑で閉鎖的、交通密度の高い日本の道路環境は、 高齢者などの本来車を必要とする弱者を運転から排除し、外国人の運転機会も奪っている。
その問題点に対し、どのように対応したか前述の課題が「曲がるべき交差点を見つけにくい」という問題に起因し、日本は通り名を持たない事で、その道案内を難しくしている、という知見を得た。
日本で通り名に代用されている「交差点名」が、全国全交差点から一意的に1つを示す原則であるのに対し、「周辺交差点との違いを示す」機能に集約し、シンプルなアルファベット1文字を各交差点に配し、同じ文字は遠くの交差点には再度用いる、アイデアで課題を解決した。
どこで購入できるか、どこで見られるか高知市中心部
ココ!マーク高知道路案内標識および道案内システムの社会実験をもっと見る・購入 楽天市場でココ!マーク高知道路案内標識および道案内システムの社会実験を探す

amazonでココ!マーク高知道路案内標識および道案内システムの社会実験を探す

Yahoo!ショッピングでココ!マーク高知道路案内標識および道案内システムの社会実験を探す
オフィシャルサイト http://www.pref.kochi.jp/~douro/cocomark/index2.htm

関連するグッドデザイン

市庁舎の写真

山梨市役所

熱い日差しの中、山梨市役所に着いた。キャノピーをくぐり、西館エントランスロビーに入る。わかり易くセンスの良いサインや家具、床やサッシには木を使用した上品な空間がある。吹き抜けのコミュニケーションラウンジと呼ばれる吹き抜け空間が続く。お年寄り達が気持ちよさそうに歩いていた。吹き抜け階段を昇ると広々としたコラボスペースがある。色彩はモノトーンでまとめられ、ギャラリーを思わせるシックな空間である。ゆったりとした時間を楽しむよう市民が利用していた。天井のダクトをみて初めて工場らしさを認識する。工場の外側に設けられたPca-Pc造の耐震補強アウトフレームは、内部空間にフレキシビリティー持たせると同時に、市庁舎のファザードとして品を感じさせるデザインとして成功している。市町村合併を機に民間の電気会社の工場からのコンバージョンであるが、初めて見るとそれを感じさせない完成度である。分断し、残された南側の既存工場をみて初めて元の状況を理解した。コストも新築した場合と比較し半分以下で済んだという。経済状況を考えると、今後の同様の空き工場が増加することは明らかだ。知恵と技術を合わせ、無駄のない、環境を考慮した、効率的で美しい空間。この建物はこれからの地域施設のあり方のひとつを示している

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
公共用途の建築物・空間の人気グッドデザイン