メディせーフィットプロ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

一般医療機器グルコース分析装置

医療や教育・研究に関する用品と機器設備

テルモ株式会社(東京都)

2009年度 グッドデザイン賞 受賞

メディセーフプロのデザインは従来血糖値測定用の交換チップが細いプレート状であったものを誰もが扱いやすい扁平な円筒形にした点、QC管理機能、患者バーコード認証、電子カルテとの連動など情報端末とした点、防水性により感染対策がおこなえる点、血糖測定を容易に行なえるよう適度なサイズや本体先端にアングルを付けた点などにより、全体としてまとまった形態となっている。

従来にないユーザビリティを持つユニバーサルデザインを実現した点を評価した。

メディせーフィットプロの概要メディセーフフィットプロは医療機関専用の糖尿病患者管理を行なう血糖測定器である。
現在、多くの医療機関において患者の血糖測定には簡易な自己測定用機器を用いている。
それは、複数の患者を測定する病院用としてのスペックは備えておらず、リスクを伴う。
本機はハンディーながらも、QC管理機能、患者バーコード認証、電子カルテとの連動、インスリン処方情報の確認などを可能にした。
また、防水性を備えているため、血液汚れなどはアルコールで洗い流すことができ感染対策もできている。
本機は医療機関における糖尿病管理の安全性と効率を大幅に向上させることができる。
達成しようとした目標医療機関で正確に血糖値を測定するためには、患者の血液検体を検査室へ運んで結果が出るのを待つ必要がある。
本機はそのクオリティと同等の検査を患者のベッドサイドで行なうことを可能にした。
また、患者取り違いやインスリンの処方量の間違い、データの入力ミスなど、医療機関における糖尿病管理周辺の問題もクリアすることで、医療機関にとってふさわしい血糖測定器を提供することを目標とした。
プロデューサーテルモ株式会社 ホスピタルカンパニー 第3グループ プレジデント 青山聡
ディレクターテルモ株式会社 マーケティング室 室長 木田健一
デザイナーテルモ株式会社 マーケティング室 デザインチーム 大橋広孝+株式会社ホロンクリエイト
メディせーフィットプロのデザインについて従来製品の多くは精度を確保するのみで小型化への取り組みはあまり見られなかった。
本機では精度やデータ管理・連動などを満たした上で、コンパクトさにこだわった。
例え医療事故のリスクが軽減できる機器であったとしても取り扱いに支障があれば新たな事故のリスクを生む可能性がある。
看護師の扱いやすい製品というコンセプトに開発当初から拘り続けられたことで過去には無い良いシステムを作り上げることができた。
メディせーフィットプロはどのような使用者・利用者を想定したか医療機関の医師、検査技師、看護師を主なターゲットとしている。
医師は患者へのインスリンの処方内容をPC画面にて指示する。
検査技師は測定器の精度管理を行なう。
看護師は患者の血糖値を測定し、測定結果を元に医師のインスリン投与指示から投与量を確認し、患者へ投与する。
これらチームで関係する3者が本機の利用者となる。
メディせーフィットプロはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか医師においては患者の状態からインスリンの投与量を変更し、確実な指示が可能になる。
検査技師はネットワーク経由で院内のすべての機器のQC管理状況を把握することが可能になる。
看護師においては、患者の取り違い、データの入力ミス、インスリン投与量の2?3重の確認など神経をすり減らしてきたリスクから解放され、業務を効率化することができる。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点社会的な問題として大きく2つの課題があった。
1つは医療機関における糖尿病管理の安全性の問題、測定器の精度の問題、測定データやリスクの高いインスリン投与情報の紐付けに人的要因での取り違いリスクがあること。
もう1つは看護師の労働負荷の問題、患者の取り違い防止、インスリン投与量を間違い防止など看護師の仕事には常に確認・照合作業がつきまとうため、そのようなストレスを少しでも軽減する必要がある。
その問題点に対し、どのように対応したか糖尿病管理の安全性向上を目的として、測定器の精度管理を厳格に行えるシステムを作成した。
そして、看護師負荷の軽減と安全性のために測定器が電子カルテと連動するとともに、測定前に必ず患者のバーコードスキャンを必要とすることで、データの紐付けを確実にした。
そして、測定器に患者データが表示されることで、患者のインスリン投与情報を測定後、確実に照合することを可能とした。
どこで購入できるか、どこで見られるか医療機関のみ購入可能
メディせーフィットプロをもっと見る・購入 楽天市場でメディせーフィットプロを探す

amazonでメディせーフィットプロを探す

Yahoo!ショッピングでメディせーフィットプロを探す
オフィシャルサイト http://www.terumo.co.jp/index.html

関連するグッドデザイン

smart guitarの写真

Poputar P1

製品の名前だけ見ても、スマート機能付きのギターであることが分かる。楽器を習うには根気が必要とされるが、入門段階で良い先生に出会えれば、言うまでもなく半分の労力で倍の成果をあげることができる。ネットワークの時代では様々な情報収集手段が発達していて、楽器教育の動画が簡単に見つかる。しかし、それにもかかわらず、やはり自分自身が時間をかけて繰り返し練習して初めて徐々に自信を持てるようになる。初心者が独自に練習する際のディメリットに対して、Poputarは、ギターの取っ手のデザインで120粒のLEDをはめ込み、付属する教育APPに合わせてプロンプトフラッシュを発して、初心者が1つ1つの拍子、メロディーと運指法に慣れるよう、1歩ずつ指導する。まるでゲームで遊んでいるような面白さが味わえる。この他に取り上げるべき点は、このギターがスマート技術として多くのブラックテクノロジーを取り入れているが、ギター自体の制作技術の上でも完璧さが追求されていて、少しのいい加減さもないことである。表面の処理や、色選択、部品の組み立てと接続のいずれでも匠級の技術レベルに達していると言える。必ず人々に愛されて手放せなくさせる逸品である。ソフトウェアのインターフェースのデザインもとても簡潔で分かりやすく、初心者の良い手助けになるに違いない。賢さ、精致さ、美しさ、面白さが、このギターの受賞に関するキーワードである。

医療ガス供給設備の写真

ユニライン

病院内の医療行為の中で、医療ガスは患者の生命を維持するために欠かせないものだが、これまでは建築付帯設備としての側面が強く、ユーザー目線のモノづくりに欠けていた点は否めなかった。本システムは「見えないガスを見えるガスに」をコンセプトに開発された、先進的な医療ガス供給システムとなっている。ガスの供給装置は従来は建物の地下などに設置されていたが、エレベーターへ積載できるサイズまでコンパクトにパッケージ化され、移動性の向上と共に建物屋上などへの分散配置を可能とした。この発想は東日本大震災における津波被害の教訓から生まれたという。人々を救う機器はどのような非常時においても働き続けなければならない。これは災害時における医療の継続性を守る視点において重要な取り組みであろう。ガスの出口である病室用アウトレットは、システムの中で唯一患者の目に触れる機器である。これまで操作時に隣り合う機器の操作部に触れてしまうなどの問題点があったが、本製品では基本モジュールを見直すことでそれらの課題を解決している。新たなモジュールの採用によって生まれた心地よい「間」のあるデザインは、機能的であるだけでなくシンプルで美しく、院内空間に優しい佇まいをもたらしている。建築付帯設備であることや、工業規格の任意基準に慣例的に準じてきたことで進化の遅れていた設備機器において、一つ一つの課題に対しこうあるべきという信念のもと、トータルな問題解決型デザインを提供している点を高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
医療や教育・研究に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン