ソリッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ソリッド

住宅や住宅設備

木本 功次郎+Ks Gallery(福岡県)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

新興住宅地に建てられた賃貸用の共同住宅である。

4.2×8.4×3.1mの箱をひとつのユニットとし、このユニットを立体的に組み合わせることによって、2層のクロスメゾネット住戸6戸を構成している。

遮音性を確保することと、個性のはっきりしない都市コンテクストへの対応として、外部に対して閉鎖的な表情とし、開口部はユニットの隙間がつくる路地的空間に向けている。

ガルバリウム鋼板の外装で統一したキレのいいデザインが印象的である。

ソリッドの概要学研都市内の新興住宅地に計画された6戸のファミリー向け共同賃貸住宅である。
入居者が部屋を決める理由の一つに遮音性能があげられ、これを解決することがオーナーの利益と入居者の安心に繋がる。
4.2m×8.4m×3.1mの12ヶの箱(ユニット)が間隔をあけ積み重なった個性的な型は、視覚的に遮音性能が理解できる外観を求め、固体音を伝える界壁と階床面積を少なくした結果。
また、この行為から敷地を縫うように横断する「公」と「私」の中間に存在する共用路地空間が生まれた。
無機質なガルバリュウムに囲まれたこの路地は、植栽することにより光・風・雨といった自然を感じる空間となった。
達成しようとした目標賃貸物件である以上オーナーには収益を、入居者には安心して生活できる空間を提供することを目指した。
収益のためには入居率を上げ、競合物件よりも魅力的でなければならない。
そこでデザイン力によって安心感(遮音性能)と異なるライフスタイルを許容するプラン、「公」と「私」の中間に存在する共用路地空間を導き出すことによって魅力的なものとした。
プロデューサー木本功次郎+Ks Gallery 木本功次郎
デザイナー木本功次郎+Ks Gallery 木本功次郎
ソリッドのデザインについてこれまで手掛けてきた賃貸物件は、他業者から真似されることが多々あったので、この物件では「デザイン面でもコスト面でも真似できないものをつくろう」という強い思いから始まりました。
プラン面では「共同住宅での入居者同士の距離の取り方」や、「設計側からの暮らし方の提案」を自問自答しながら平面や窓の位置について計画しました。
部屋の間仕切りは主に建具とし、使い方を入居者に委ねることにしています。
ソリッドはどのような使用者・利用者を想定したかこの物件は北九州市街から車で25分程度の学研都市に位置し、徒歩圏内にショッピングセンターは無く車での往復となります。
ターゲットは平均的な年収でマイホームか賃貸に住むかで悩む、北九州市内の職場に自動車通勤する父を持つ3?4人のファミリー。
家賃設定は、間取り(広さ)と立地条件から導き出された標準的な金額です。
ソリッドはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか競合物件と比べ、高遮音性能や個性的なプランとデザインによって賃貸でありながら戸建ての所有感と安心感を得られ生活できます。
また、共用路地空間を自分の領域として感じられるので、不動産上の数字では読み取れないゆとりを感じられます。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点共同住宅の場合戸建て住宅よりヴォリュームが大きいため、ひとつひとつのシステムや材料の選択が地球環境へ貢献できるか否かの分かれ道となります。
生活文化面では個々のライフスタイルが細分化されているため、隣人や時間帯を気にせず安心できる住環境をプランニングによって解決しなければなりませんでした。
その問題点に対し、どのように対応したか地球環境面ではオール電化や、建物をすっぽり覆う外断熱とペアガラスを採用することによりエネルギー消費を抑え、CO2の削減となるように計画しました。
生活文化面では入居者同士の距離の取り方に気をつけ「隣の住戸に固体音を伝える壁を離すこと」「ペアガラスを採用し遮音性能を高めること」「駐車場側には窓を付けない平面計画とすること」によって対応しました。
ソリッドをもっと見る・購入 楽天市場でソリッドを探す

amazonでソリッドを探す

Yahoo!ショッピングでソリッドを探す
オフィシャルサイト http://www.ksgallery.com

関連するグッドデザイン

MNHの写真

MNH

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン