xevo

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

工業化住宅

住宅や住宅設備

大和ハウス工業株式会社(大阪府)

2008年度 グッドデザイン賞 受賞

照明は住宅にとって非常に重要な要素であるにも関わらず、今まで商品化住宅で照明に焦点を当てた商品は存在しなかったように思う。

商品化住宅における新しい取り組みとして評価したい。

xevoの概要「あかり」(自然光による明かり、照明による灯り)が居住空間に与える影響に着目し、朝には朝の、夜には夜にふさわしい「あかり」を通して、時間のうつろいを楽しむことができる住まいを提案している。
通り土間を中心としたゾーニング、障子に映る光など和の要素を取り入れ、日本人の感性を刺激する空間を表現。
ダイワハウスと照明デザイナー村角千亜希氏が、プラン検討段階から素材選択まで協同で取り組むことにより実現した。
達成しようとした目標自分らしい生活を楽しみたいと考えている住まい手に、機能・性能的な快適性だけでない、家族の生活のシーンに合せて表情を変える上質な生活の場を、高い基本性能を持つ工業化住宅xevoで提供することを目標とした。
プロデューサー大和ハウス工業株式会社
ディレクター大和ハウス工業株式会社
デザイナースパンコール 村角千亜希+大和ハウス工業株式会社 デザイン室 野口豊樹
xevoのデザインについて日常空間の様々な光のうつろいの表現で、住まい手の感性を刺激する事を主眼に考えた。
ファサードの限定された開口からは、美しいもれ灯りと室内の情景を見せ、建物を街の照明としたこと、外と生活空間を結ぶ領域として通り庭を計画したことで、周辺環境との良好な関係を築く。
xevoはどのような使用者・利用者を想定したか自分らしい生活を楽しみたい生活者。
暮らしの中に感性価値を求めている生活者。
xevoはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか昼間はコーナー窓、ピクチャーウインドウ、天窓を障子等の透過素材で制御した自然光(明かり)。
夜はタスク・アンビエントの考え方と、調光システムを導入した照明計画(灯り)。
これら光のシークエンスを住まい手の生活シーンに合せてコントロールすることにより、自分らしい心豊かな暮らしを実現した。
社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点環境負荷低減の為の、照明用電力量の削減について
その問題点に対し、どのように対応したか人が暮らすために必要な光量を考え、最小限の照明器具で豊かな暮らしが出来る様に設計した。
また、主要部分を調光システムでコントロールすることで消費電力の抑制も期待できる。
あかりによる空間演出を楽しみながら、地球にも優しい生活の両立を目指した。
xevoをもっと見る・購入 楽天市場でxevoを探す

amazonでxevoを探す

Yahoo!ショッピングでxevoを探す
オフィシャルサイト http://www.daiwahouse.co.jp/akarinomaho/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン