住宅×ICT

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

住宅建設プロセスの共通座標情報管理・検査

ビジネスモデルのデザイン

E-パイルネットワーク有限責任事業組合 、江間忠ウッドベース株式会社 、千代田機電株式会社

グッドデザイン賞

様々な分野でICTの導入が検討され、情報化による新しい価値の創造が産み出されている。

人生の中で高額な買い物である住宅についても、これまで以上に価値が求められる。

住宅の価値をICTで実現した具体例として秀逸である。

住宅に対してセンサーや太陽電池などの付属的な価値ではなく、住宅が持つべき核となる価値をICTで実現している。

設計から施工、更には維持まで、住宅のライフサイクルにおける精度保証、強度保証へとつなげ、ライフサイクル全般の安心の創出を実現している。

情報による本質的な価値の向上例として評価したい。

住宅×ICTの概要これまで、建物が完成するプロセスとして①土地形状の決定②地盤対応③基礎施工 ④躯体設置まで、段階ごとに目的物を完成させても、共通座標軸により位置決定されなければ、最終段階の建物として段階ごとにズレが生じると「強度的」「美観的」不具合となります。
そこで、ズレの原因となる人的管理の限界点にフォーカスし測量機を住宅ICT機器と位置付けた共通座標管理・検査方法を住宅に導入することでICT機器による建物建設プロセスが構築されます。
そして、「住宅×ICT」は建物建設プロセスに留まらず、建物維持プロセスに新たなシステムが構築され、住宅に「新しい価値」を提供して行きます。
住宅×ICTの製品仕様国内建築事業者向けビジネスモデル(総事業費1,680万円)
プロデューサーE-パイルネットワーク有限責任事業組合 代表理事 杉浦謙一
ディレクター千代田機電株式会社 工事部次長 鳥竹一大 +江間忠ウッドベース株式会社 取締役社長 中野喜隆
デザイナーEPN LLP 事務局長 前川敦宏
住宅×ICTのデザインについて住宅×ICTは、住宅施工の見えない部分を見えない線で結んで「見える化」します。
ユーザー・社会に伝えたいことディレクター鳥竹は、土木分野で進められている建設ICT技術で、建設機械を自動制御し道路等の施工を行う事業を推進していました。
プロデューサー杉浦は、熟練工で対応される住宅建設プロセスには様々な施工クレームが内在し、見えない部分の施工が住宅分野のアキレス腱となっている現状を踏まえ建設ICTを住宅に取り入れられないか?と考え①土地形状の3D確定 ②地盤補強施工位置の決定 ③基礎検査による施工結果の確立までのプロセスについて共通座標軸で対応する「住宅×ICT」プロジェクトを立上げました。
ディレクター中野は、基礎施工の精度向上が実現するならば建物躯体の設置精度も向上するとして、躯体配置までのプロセスを科学的な手法で行う本プロジェクトに参加し、3社がコラボレーションして住宅建設の躯体部分までの「見える化」を導入する、住宅×ICTプロジェクトが進められました。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項近年様々な分野でICTの活用が盛んになり、住宅業界にもICTの波が押寄せています。
ICTを活用した住宅設備は各種ありますが、住宅建設時にICTを活用している事例は 我々のモデルの他には少数と考えます。
測量機を「住宅ICT」として活用によることで共通座標点を構成し、見えない部分に「美」と「力強さ」を織り交ぜた住宅建設を実現するため、「土地」「地盤」「基礎」「躯体」を結んで行く「見えない線」を作り上げることが重要です。
外観デザインと躯体の見えない線が融合することで、素晴らしい建物が作り上げられるスキームを構築できるよう、住宅の検査・管理にICTを活用して、住宅の見えない部分を「見える化」し、木造建築物の維持のプロセスに、「新しい価値」を 提供するビジネスモデルをデザイナーとして、住宅分野に新たな息吹きを吹き込んで 行こうと考えております。
どこで購入できるか、どこで見られるかホームページ 
住宅×ICTをもっと見る・購入 楽天市場で住宅×ICTを探す

amazonで住宅×ICTを探す

Yahoo!ショッピングで住宅×ICTを探す
オフィシャルサイト http://epn114.com

関連するグッドデザイン

合板の写真

あかね合板(APボード)が作り出すこれからの山のすがた

あかね材という名称の木材がある。育成不適地に植えた弱い杉が、スギノアカネトラカミキリという昆虫の食害にあった木材であり、被害は全国に広がる。あかね材か否かは製材後にしか判らず、あかね材の場合は食痕により価値を失いチップや燃料となる。これは手間と時間をかけて育てた商品価値が暴落するということであり、山は経済的打撃を受ける他、伐採/放置/腐敗/山の荒廃という負の連鎖の原因となる。それを断ち切るため本対象がプログラムされた。最終的な主旨は「現在の杉が大量に植えられた山は人工的/不自然な風景であり、次代に向けて生態系を取り戻す必要がある」というものであり、それは地域ごとの母樹から発芽させ育てた、地域性苗木を植えることで達成されていく。将来的にはそれら樹木の用途が生まれ、また景観資源となって地域の経済価値を生んでいく。このプロセスを実現するための資金源として、あかね材を合板として商品化し高付加価値利用をする試みが開始された。結果、チップとして処理されるのに較べ、多くの資金を山へ還元することに成功している。研究データに基づく実行プログラムと経済的好循環の実現、さらに本来の山の姿を復元することによる新たな森林経済の創世活動として高く評価した。

伝統工法の継承の写真

木組耐力壁が繋ぐ大工の技能

住宅業界において構造体プレカット加工は著しい進化を遂げ、一度もノミを使うことなく住宅を完成させることができる時代となった。大工の伝統技術/専門性は失われつつあり、将来の担い手の減少へと繋がっている。そこで技術継承とプライド復興のため本対象のプログラムが生まれた。木組耐力壁である理由は、現代のプレカット加工機では再現できない人の触覚や木の特性を見分ける力を要する技術であること。また住み手の暮らしを豊かにするものであること、というふたつの条件を満たすモノとして開発された。木組耐力壁は合決という技法で作られる最も初歩的な継手技術であるが、ノミさえ使ったことのない若い大工にとっては未経験の技術習得が必要となり、木組みの素晴らしさに触れるきっかけとなる。無論ただのトレーニング活動ではなく、量産性の高い住宅会社として現実的に普及可能な技術レベルをスタートラインとして設定している。先端技術は困難を容易へ変換し、一方で専門性を排除する。その結果として生じる職業意識やスキルの損失は看過できない問題である。市場から乖離することなく、職の誇りに着目/復興させるバランスの取れたプログラムとして高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン