「カルピスウォーター」 ホワイトボトル

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

清涼飲料水

パッケージデザイン

アサヒ飲料株式会社

グッドデザイン賞

伝統があり広く知られている商品ほど、パッケージを変更するのは難しい。

しかしこのカルピスウォーターはこれまでのイメージを保ちながらも、新しい洗練された印象を作り出すことに成功している。

特にボトルの形状に関しては「持ちやすさ」だけでなく、メッセージの「書きやすさ」も重視されている点が特徴的である。

17年ぶりのリニューアルの重責を、造形の変化だけに留めず「コミュニケーションツールとしての提案」という現代的なアプローチで突破している。

「カルピスウォーター」 ホワイトボトルの概要「カルピスウォーター」は、1991年に「カルピス」独自の爽やかな美味しさをそのままで、手軽に楽しめる飲料として誕生し、26年の歴史を持つロングセラーブランドです。
2017年、「カルピスウォーター」の“やさしさ”“白さ”“爽やかさ”を表現する新しいPETボトルとパッケージデザインにリニューアルしました。
一般的なPETボトルでは、胴下部に変形を防ぐ凹凸構造が必要とされていましたが、強度を確保しつつ凹凸による陰影を無くし、「カルピスウォーター」ならではの白い液色を際立たせています。
加えて、手触りがやさしく、角に丸みを感じるくびれ形状を採用し、幅広い年代の方が持ちやすいユーザビリティを追求しました。
「カルピスウォーター」 ホワイトボトルの製品仕様飲料容器に広く用いられているポリエチレンテレフタラート (PET:Polyethylene terephthalate)を使用。
寸法:胴径60mm× 高さ217mm 内容量:500ml
プロデューサーアサヒ飲料株式会社 マーケティング本部 マーケティング二部 谷 聡子
ディレクターアサヒ飲料株式会社 マーケティング本部 宣伝部 野村 典子、飯島 優
デザイナー株式会社デザインフィーチャー 白井 伸之、垣本 幸治+株式会社ブラビス・インターナショナル 渡辺 禎人、岩濱 周平+アサヒ飲料株式会社 研究開発本部 技術研究所 石川 将人、伊藤 悠太
「カルピスウォーター」 ホワイトボトルのデザインについて「カルピスウォーター」ならではの白い液色が映え、子供から大人まで誰にでも持ちやすいPETボトルです。
ユーザー・社会に伝えたいこと1991年に発売した「カルピスウォーター」は、子供から大人まで幅広いお客様にご愛飲いただき、今年で27年目を迎えます。
これからも長く愛されるブランドであり続けるために、主力商品である透明角型の500mlPETボトルを、ブランドの価値とユーザビリティを高めるボトルへと17年ぶりにリニューアルすることとしました。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項一般的なPETボトルでは、倉庫保管時の荷重や輸送時の衝撃に耐えるために変形を防ぐ凹凸構造が必要であり、デザイン上の大きな制約となっていました。
今回、角型でありながら曲面を複合的に繋ぎ合わせた形状とすることで、力が局所的にかかることを防ぎ、従来必要とされていた凹凸構造を取り除きつつ、強度の確保を実現しました。
形状についても、持ち方の調査や子供からお年寄りの手の寸法データから最適なボトル周長を見いだし、誰にでも持ちやすくいくびれ形状を開発しました。
また、やわらかな印象を与えるフォルムは「カルピスウォーター」らしい”やさしさ”を表現しています。
デザインと強度を両立するための研究から、持ちやすさなどのユーザビリティ、「カルピスウォーター」らしいフォルムへと発展させてブランド価値向上に結び付けたい思いで開発しました。
どこで購入できるか、どこで見られるか全国スーパーマーケット、コンビニエンスストア、インターネット通販
「カルピスウォーター」 ホワイトボトルをもっと見る・購入 楽天市場で「カルピスウォーター」 ホワイトボトルを探す

amazonで「カルピスウォーター」 ホワイトボトルを探す

Yahoo!ショッピングで「カルピスウォーター」 ホワイトボトルを探す
オフィシャルサイト http://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2017/pick_0223_2.html

関連するグッドデザイン

SUNRISE RE POTの写真

SUNRISE RE POT-Taiwan Alishan Clouds Series Gift Set

山里日紅は、台湾阿里山の最高級茶葉ブランドである。このブランドは、阿里山の地理的特徴である「群峰、日の出、雲海」という景色をブランドの視覚的イメージとし、それをデザインの要素としている。デザイナーは、簡略化した造形を鉄製の缶の外観の装飾として使い、素朴で精緻な質感を与えている。デザイン性を具える鉄製の缶は、遮光性や密封性が極めて高く、茶葉の保存や使用には非常に適している。その上、使用後には、家の中で保存用として再利用することも可能だ。デザイナーは、中国の象形文字の表現手法を取り入れ、「山」の形に赤い糸とボタンを用い、それに布の模様の質感を組み合わせて、贈物用とした外観イメージを表現している。こうした、東洋哲学の精神を備えるデザインは、茶葉商品のイメージパッケージのデザインとして非常にふさわしく、贈られた人は強いホスピタリティを感じ品位を感じることだろう。全体的に見て、このデザインは、単純にお茶を中心としていた従来のイメージデザインを脱して、生活を楽しむ美学をパッケージデザインに注ぎ込んでおり、シンプルで、落ち着いて、禅の心も持つ「山里日紅」のブランド哲学をつくりあげている。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
パッケージデザインの人気グッドデザイン