KM Kindergarten and Nursery

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

認定こども園

公共用途の建築物・空間

株式会社日比野設計+幼児の城

グッドデザイン賞

わざわざ遠く回り込むアプローチ。

変化のためにつけられた複数の段差。

子供たちはそれを全身で享受する。

受賞者はこども園、幼稚園などの設計経験が非常に豊富で、子供独自の特殊性を知り尽くし、そして幼児教育に一番大事である、教わることではない自ら学んでいく機会を沢山仕込み、そしてまさに高いデザイン性から感性の育成に供与している。

今後の日本が必要とする、非常に大事な要素を実践・実現させている好例と言える。

KM Kindergarten and Nurseryの概要大阪の南部にある老朽化した保育園の改築事例です。
この地域はは古くから織物が地域産業として栄えていました。
本計画において私達は二つのテーマを設定しました。
一つは、計画地が大変狭隘である事から子供達が運動不足になっている事を日常活動の中で解消する事。
もう一つは、子供達に地域の事を学び知ってもらう事として、地域産業である織物の要素を取り込む事。
です。
KM Kindergarten and Nurseryの製品仕様鉄骨造2階建 建築面積:799.38㎡ 延床面積:1224.44㎡
プロデューサー株式会社日比野設計+幼児の城 日比野 拓
ディレクター株式会社日比野設計+幼児の城 日比野 拓
デザイナー株式会社 日比野設計+幼児の城 佐々木真理、小西正人
KM Kindergarten and Nurseryのデザインについて都市の中の限られた敷地の中で、縦糸と横糸のように立体的に子どもたちの動きや視線が交差し身体を養う園舎
ユーザー・社会に伝えたいこと都市型の幼児施設には、このような狭隘な敷地が多く、近隣への配慮をしながら、いかに子どもたちの動きを制約せずに立体的な計画の工夫により身体性能や創造性を成長させることができるかということを意識しました。
さらに、地域と子どもたちの関係の希薄化への対策として、いかにして幼児期に地域のことを伝えることができるかということを意識しました。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項狭隘な敷地の中で運動量を増やすには、立体的に走り回れる環境やデコボコのある環境を作る事が効果的であり、園舎は中庭を囲う様に配置し、1階から屋根に向かって登っていける坂道を作りました。
これによって、駆けっこをしたりしながらいつの間にか屋根に登ったり、そのままグルッと走って階段を下りれば再び中庭に戻れる様に回遊性を持たせる事を実現し、子供達の運動量は飛躍的に向上しています。
地域産業である織物については、デザインモチーフの一つとし、柔らかい手触り感や、素材の質感が感じられるものを建材として使いました。
サインに布地を使ったり、カーペットを壁面に貼って子供達が遊びにも使える様な工夫をしました。
どこで購入できるか、どこで見られるかArchidaily、Architizer
KM Kindergarten and Nurseryをもっと見る・購入 楽天市場でKM Kindergarten and Nurseryを探す

amazonでKM Kindergarten and Nurseryを探す

Yahoo!ショッピングでKM Kindergarten and Nurseryを探す
オフィシャルサイト http://e-ensha.com/km-kindergarten-and-nursery/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
公共用途の建築物・空間の人気グッドデザイン