おおきなかさの下で

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

住宅

住宅や住宅設備

アトリエルクス一級建築士事務所

グッドデザイン賞

分棟状に広がる幾つかの部屋を大きな屋根で覆うことで、外部でありながら内部のような空間を随所に生み出した心地よい住宅である。

生活とは本来住宅の内部空間だけに留まるものではなく、夕涼みをしたり、庭いじりをしたり、子供たちと遊んだりと、様々な活動の広がりを持っている。

こうした生活に的確に応えつつ、空間としてもこれまでにない新鮮なものとなっている。

おおきなかさの下での概要敷地は、名古屋市の高台となる見晴らしの良い、とても住環境の良い場所に位置します。
それぞれの居室、所要室を分節し、独立をさせ、外部を挿入することによって内部空間が外部に、外部空間が内部に共有する事が可能になる。
また空間的に奥行きが出て、より広がりのある空間となる。
断面計画において、ボリュームとボリュームが重なり合う部分を半階地面に埋め込むことによって、光、風、を取り込む事ができ、視線も通す事が可能となる。
おおきなかさの下での製品仕様平屋建 木造 132.15㎡
プロデューサーアトリエ ルクス 一級建築士事務所 宇佐見 寛
ディレクターアトリエ ルクス 一級建築士事務所 宇佐見 寛
デザイナーアトリエ ルクス 一級建築士事務所 宇佐見 寛
おおきなかさの下でのデザインについて高さの異なる建物をさらに大きな傘のような大屋根で覆い、外部空間と内部空間の融合を目指しました。
ユーザー・社会に伝えたいこと敷地が当初、2Mほど上がった形状であり、周辺環境より建物の高さを変え、床レベルも変えて奥行きのある計画としました。
周辺環境を取り込みつつ内部空間がそとへとつながる様に、大きな屋根で覆われた外部を内部へと取り込む空間を計画しました。
その実現によって、内部空間が外部へと無限につながる住宅が実現しました。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項分節したボリュームの建物を挿入した外部空間を大きな屋根で覆う事で、雨、太陽光の熱を防ぎ、より快適で伸びやかな空間を実現する。
大きな屋根と分節した建物の屋根の間に生じた空間が断熱材としての役割も果たすこととなります。
外部を挿入したり、大きな屋根で覆ったりすることにより、内部と外部を融合する事を目指した。
人間の行動心理などから、自然に半外部、外部へと誘われ、伸びやかでより豊かな生活の実現を目指した住宅を計画しました。
どこで購入できるか、どこで見られるかアトリエ ルクス 一級建築士事務所、おおきなかさの下で
おおきなかさの下でをもっと見る・購入 楽天市場でおおきなかさの下でを探す

amazonでおおきなかさの下でを探す

Yahoo!ショッピングでおおきなかさの下でを探す
オフィシャルサイト http://www.atelier-lx.jp/index.html

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン