URBANCENTURY

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

工業化住宅

商業・産業用途の建築物・空間

ミサワホーム株式会社

グッドデザイン賞

1階を店舗として街に開いているところが良い。

都市における住宅のあり方として、コミュニティーの形成まで配慮できている点は高く評価したい。

1階に店舗と賃貸、2階に親世帯、3、4階に子世帯という盛り沢山なプログラムであるが、それぞれに小まめにバルコニーが設けられ、プライバシーを守りながら街へ開いている点も評価できる。

外観も全体としてすっきりとしたデザインに仕上がっている。

URBANCENTURYの概要都市において、コミュニティの分断、共生のあり方、災害に対する安全性への課題が議論される中、コミュニティの再構築、家族=世代間の繋がり、災害への備えに対する一つの解として提案する耐火構造の中層住宅である。
これまで戸建住宅において研究・採用してきた技術やデザインに、日本の住宅で継承されてきた様式やしつらえを加えながら、新しい都市型住宅の家族や地域との共生のあり方への最適解として提案する。
1階を賃貸エリア(店舗・住居)、2階を親世帯、3・4階を子世帯の住居としてオープンエリアとプライベートエリアの棲み分けと都市への開き方に配慮し、多世代間の共生を実現しながら、地域とのつながりを追求した住宅である。
URBANCENTURYの製品仕様重量鉄骨ラーメン構造
プロデューサーミサワホーム株式会社 商品開発部
ディレクターミサワホーム株式会社 商品開発部
デザイナーミサワホーム株式会社 商品開発部
URBANCENTURYのデザインについて都市とつながり、都市ともに成長する中層住宅
ユーザー・社会に伝えたいこと都市の住宅密集地、特に木造密集地域に於ける災害時の安全確保の為、行政が立て替えを推進しているエリア等で、耐火構造の中層建築物のニーズ増加がにある。
加えて、現在の社会が抱えるコミュニティの分断、共生社会の再構築という問題に対し、地域の文化を継承しながら都市の新陳代謝に対応する解決策として、コミュニティ形成の場を提供しながら災害に強く居心地の良い住まいを追求した。
都市との関わりや世代間の共生を実現し、いかに住まいとしての快適性を確保していくのか。
戸建住宅において蓄積してきた設計手法(蔵、ホームコモンズ設計等)を折り込み、更に日本の住宅が長く採用して来た風土に根ざした設計の作法(軒下空間等)を、中層建築にあう形でリ・デザインし、反映させている。
又、将来的な家族のあり方の変化に対応し、利便性の高い都市であるからこそ可能な賃貸物件を併用することで、経済的な負担も軽減するようプランニングしている。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項均質な街並は都市の活気を失い、都市のコミュニティの分断に拍車をかける。
都市においてコストと法律、最低限の機能のみをクリアしたビルが建ち並ぶ中、都市の一部としてその地域のコミュニティに潤いをもたらし、住宅で培ったノウハウを生かし、居心地の良さを追求した。
①都市の表情となる外観に大きく作用し、都市との境界となる窓・バルコニーを、多様な都市条件に対応するための機能、都市との関わりを調整するフィルターと捉え、様々な繋がり方、表情を提案している。
②1階部分を都市に開き、地域の文化を継承しながら繋いでいくコミュニティ形成の場となるよう設計している③災害・空き家の問題が都市における課題として挙げられる中、将来的にも優良ストックであり、状況に応じて用途変更等が可能となるプランニングにしている。
これらのデザイン的、社会的視点と将来を見据えたアプローチが、都市における問題を解決する原動力となると考えている。
どこで購入できるか、どこで見られるか錦糸町住宅公園 ミサワホーム展示場 東京都墨田区錦糸4-18-7
URBANCENTURYをもっと見る・購入 楽天市場でURBANCENTURYを探す

amazonでURBANCENTURYを探す

Yahoo!ショッピングでURBANCENTURYを探す
オフィシャルサイト http://www.misawa.co.jp/kodate/syouhin/urbancentury/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
商業・産業用途の建築物・空間の人気グッドデザイン