PJ-CS53CDP

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

18V充電丸のこ

オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備

マックス株式会社

グッドデザイン賞

通常の丸のこと、防塵丸のこを兼用するために開発されたダストボックスは、ワンタッチで脱着できるよう考えられている。

ダストボックスを外した際に、切粉排出アタッチメントによって切粉が、より後方に排出できる工夫もあり機能性に隙がない。

外観も無駄な装飾がなく、作業に集中できるよう配慮されており、機能性、審美性のデザイン・バランスが良い。

PJ-CS53CDPの概要新開発したワンタッチで脱着可能なダストボックスにより、通常の丸のこと、防塵丸のこを1台で兼用することが出来ます。
グリップ部分に凹みを設けることにより、持った際機械のねじれ方向の動きをを抑え、軽い力でグリップを保持することが出来ます。
また、窓開口等本体を持ち上げての作業を行う際に本体の安定性を向上させています。
PJ-CS53CDPの製品仕様ワンタッチで脱着可能なダストボックスを搭載した防じん兼用丸のこ。
グリップ部分に凹みを設け、握りやすさと窓開口等本体を持ち上げた作業時の安定性を高めている。
【寸法】約H248mm×W262mm×D191mm【重量】約3.25kg※電池込み
プロデューサーマックス株式会社
ディレクターマックス株式会社 開発本部 デザイン室
デザイナーマックス株式会社 開発本部 デザイン室 田淵宏輝、堀田悟史
PJ-CS53CDPのデザインについて操作性を分かりやすくし、動感と視覚的な小型化を図ったデザイン。
ユーザー・社会に伝えたいこと現在の建築現場では、リフォームや屋外での作業等、切粉の排出が気になる現場では通常丸のこと防じん丸のこを使い分けての作業を行っています。
その際の作業の手間や2台持つことへの負担の声に着目し、1台で多くの場面で使用できる防じん兼用丸のこの開発に取り組んできました。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項操作上の観点からコンパクト性が求められる本製品において、電池を横から差し込む新レイアウトにすることで自社の既存製品に対し全長の短縮を行っています。
また、ハンドル部分との一体感が出る様に電池周辺形状を作成し、全体的に面取りを行い抉った形状を持たせることで、動感と視覚的な小型化を図ったスタイリングにしています。
ソーカバー後方部分に大きく逆Rの形状を設け、コンパクトな印象を持たせるとともに他社との差別化を行っています。
ダストボックスにおいて、溝を境目にシボ塗装と透明の箇所を分けることで、前方に配置された内部機構を見えにくくすると共に、後方に溜まる切粉の排出量が分かるようにし、見た目と利便性の両立を行っています。
どこで購入できるか、どこで見られるか全国の建築工具販売店、金物店。
、マックス株式会社 製品情報 建築、建設工具ページ
PJ-CS53CDPをもっと見る・購入 楽天市場でPJ-CS53CDPを探す

amazonでPJ-CS53CDPを探す

Yahoo!ショッピングでPJ-CS53CDPを探す
オフィシャルサイト http://wis.max-ltd.co.jp/kikouhin/index.html

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン