GR-M FWX

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

冷凍冷蔵庫

家電機器

株式会社東芝 、東芝ライフスタイル株式会社

グッドデザイン賞

パネル面の分割が美しい。

「野菜がまんなか」が売りであるが野菜室を2段目に置くことで上部の上下の分割が一旦途切れ3段目でまた分割される。

見た目を優先させるためになされたデザインではなく使い勝手を優先させた結果であるが、必然性を感じる。

ボディの剛性にも少なからず寄与していると考える。

ガラス扉全周にカッティングを施しミラー面を際立たせるなど、ディテールの処理も効いている。

マークを触れるだけで扉が開くタッチオープンボタンも便利で、冷蔵庫を常に進化させたいというメーカーの強い意志が伝わって来る。

GR-M FWX シリーズの概要「限られた設置スペースで沢山の食材を無駄なく保存したい」というユーザーの声に応えた高容積大容量冷蔵庫。
断熱材を刷新して容積効率を高めながら、当社独自の設計により、高い収納力と省エネ性能を実現。
「人を想う」「簡潔な美」をテーマに、建具や家具との親和性の高い水平垂直を基調としたデザインを採用。
さわると光って浮かび上がる表示部や触れるだけで開くタッチオープンドアなど、家具のような佇まいの中にさりげなく機能性を表現。
本体中央にレイアウトした野菜室や庫内を正面から照らす扉に配したLED照明など、キッチンでの調理導線を考え、使いやすさに配慮した。
GR-M FWX シリーズの製品仕様GR-M600FWX 外形寸法 W685xD745xH1833mm 定格内容積601L
プロデューサー東芝ライフスタイル株式会社 冷蔵庫事業部 河村吉章
ディレクター株式会社東芝 デザインセンター 佐川崇
デザイナー株式会社東芝 デザインセンター 倉本幸重、吉田卓史、横山宏子、伊波潮
GR-M FWX シリーズのデザインについてインテリアに調和する高機能冷蔵庫
ユーザー・社会に伝えたいこと冷蔵庫のあるべき姿を追求していくために、日本の住環境や近年の共働き世帯の増加などライフスタイルの変化を考慮し、「限られた設置スペースで沢山の食材を無駄なく保存したい」というニーズに応えるべく、2014年に容積効率を高めたベースモデルを開発。
更なる進化を目指し「24時間稼働している冷蔵庫だから省エネは重要」というニーズにも対応して、2016年には冷蔵温度帯、冷凍温度帯など各温度帯室の冷却方式を改良し、省エネ性能も業界トップクラスを実現、競合他社を抑えて賞エネ大賞を受賞。
これに加えて、2017年の本モデルはユーザーの健康志向を反映し、使用頻度の高い野菜室の鮮度を長持ちさせることで、新鮮な野菜中心の食生活をご提供したいと考えた。
また居住空間のプレミアム化が進み、豊かで多様な素材が使われた住空間に相応しい冷蔵庫を考える必要があった。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項「インテリアへの調和」をコンセプトに、扉面材にリビングやキッチンのトレンドと親和性の高いミラー面材を考えた。
ともすると存在感が強く浮いてしまいがちなミラー素材をインテリアに調和させる為、色調や仕上げにこだわり、ガラスの硬質で清潔な印象はそのままに落ち着いて深みのある色調とした。
ガラス扉全周にカッティングと磨き処理を施すことで、カット面からはプリズム効果により虹色の光が現れる。
また、新たに透湿ユニットを搭載し、さらなる高湿度化を実現した真ん中野菜室の機能性の表現に注力した。
基本性能が高く使い勝手に優れた本冷蔵庫の良さをお客様にお伝えし長く愛着を持ってお使いいただければと考えている。
どこで購入できるか、どこで見られるか家電量販店
GR-M FWX シリーズをもっと見る・購入 楽天市場でGR-M FWX シリーズを探す

amazonでGR-M FWX シリーズを探す

Yahoo!ショッピングでGR-M FWX シリーズを探す
オフィシャルサイト http://www.toshiba.co.jp/living/refrigerators/index_j.htm

GR-D62Fのはてブでの話題

  • 11/11/19 21:38 最近のベジータは野菜室がすごいらしい。 [reot8]

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
家電機器の人気グッドデザイン