セイコー アストロン エグゼクティブライン SBXB123

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

腕時計

スポーツ・趣味用品

セイコーウオッチ株式会社

グッドデザイン賞

素材・加工方法への深い理解と、ものづくりへの愛が美しいデザインに昇華した秀作。

全体のデザインが良く整っており、バランスが良い。

表面に設けられたソーラー式のGPSも評価が高かった。

セイコー アストロン エグゼクティブライン SBXB123の概要アストロンは、地球上のどこにいても正確な時を刻む、世界初のGPSソーラー腕時計として2012年に登場して以来、パイオニアとして着実に進化・発展して参りました。
今回の、アストロン・エグゼクティブラインではアストロンで初となる「サファイアガラス製ベゼルリング」を搭載し、サファイアガラス特有の高級感と透明感に加え、シャープな面で構成されたケースとブレスレットデザインでワンランク上の上質なデザインを目指しました。
ビジネスユースとして開発されたレギュラーラインに加え、エグゼクティブラインは、より個性的でGPSウオッチの世界観を体現したモデルとしての役割を果たしています。
セイコー アストロン エグゼクティブライン SBXB123の製品仕様GPS受信ソーラー腕時計。
ケース長さ:51.4mm、ケース径:46.1mm、ケース厚:14.3mm。
ケース:ダイアシールドコーティングチタン。
バンド:ダイアシールドコーティングチタン。
ベゼル:セラミックス+サファイアガラス製表示板。
ガラス:スーパークリアコーティング付サファイアガラス
プロデューサーセイコーウオッチ株式会社 マーケティング統括本部 マーケティング一部
ディレクターマーケティング統括本部 デザイン統括部 佐藤紳二
デザイナーマーケティング統括本部 デザイン統括部 鎌田淳一
セイコー アストロン エグゼクティブライン SBXB123のデザインについて透明度の高いサファイアガラスの特性を活かした洗練されたデザイン。
ユーザー・社会に伝えたいことユーザーインタビューやトレンドの潮流を調査した結果、GPSソーラーウオッチに、より上質で洗練されたデザインが求められていることが分かった。
デザインが考え抜かれ、多くのプロセスを経て造られるものに人々は感動し、所有したいと考える。
そこで、造りやすさを主眼に置いた大量生産向きのデザインではなく、人の手を介して丁寧に磨き上げられるケースやバンドの仕上げの美しさを効果的に見せられる造形に重きを置いてデザインした。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項腕時計には視認性や耐久性などの機能性を求められるのと同時に装飾品としての付加価値が求められる。
腕時計の外装部品は剥離の問題から塗装をすることができないため、素材そのものの色調と表面仕上げによってでしか表情をつくり出すことができない。
各部品の素材や加工方法を十分に理解し、特性を最大限に活かした美しいデザインとすることを心がけた。
表面硬度が高く彩色が可能で付加価値の高いサファイアガラスを採用することで、機能性と審美性を両立することができた。
どこで購入できるか、どこで見られるか銀座和光、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、銀座・和光、ヨドバシカメラ、ビックカメラ
セイコー アストロン エグゼクティブライン SBXB123をもっと見る・購入 楽天市場でセイコー アストロン エグゼクティブライン SBXB123を探す

amazonでセイコー アストロン エグゼクティブライン SBXB123を探す

Yahoo!ショッピングでセイコー アストロン エグゼクティブライン SBXB123を探す
オフィシャルサイト http://www.seiko-watch.co.jp/astron/executive/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
スポーツ・趣味用品の人気グッドデザイン