セキテイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

食器

雑貨・生活用品

株式会社トーク

グッドデザイン賞

表面に施された凹凸、その凹凸にあわせて表れる釉薬の濃淡、これらの表現により形状の凹凸が平面的な柄に見えるような良い意味で不思議なイメージが感じられた。

形状、釉薬、表面の触感が装飾的な表現でありながら細部に至るまでコントロールされており、非常によく調和がとれている。

セキテイの概要艶のない、しっとりとした手触りのグレーの器は「石」を、白のビスクは玉砂利の「白砂」を感じさせ、それらが配された卓上には「石庭」が立ち現れます。
白砂の「えん」と「せん」の紋様は、器の表面にやわらかな陰影を生み、器の内側に余白を設けて盛りつけるように誘います。
器と器の間に生まれた余白は、卓上に静謐な空間と、安らかな食事の時間を創り出します。
セキテイの製品仕様材質 : 磁土/マット釉 プレート φ155xH7.5mm ティーカップ W107xD85xH60mm カップ&ソーサー φ155xH67.5mm マグカップ W110xD85xH90mm
プロデューサー梶原典男
ディレクター山田佳一朗
デザイナー山田佳一朗
セキテイの開発・企画について「石庭」は石によってその周辺の空間を美しく見せていますが、「セキテイ」も同様に空間を作り出す器です。
その佇まいは余白を意識して料理を盛るように誘い、器の内側に空間が生まれます。
同時にセキテイが置かれた卓上にも、器と器の間に余白が生まれ、静かな空間が卓上に広がります。
セキテイのデザインについて白磁と灰磁特有の艶のない質感を用いた器によって卓上に石庭を創り出し、器の内と外に余白ある空間を生む。
ユーザー・社会に伝えたいこと株式会社トークは、以前は「リビングトーク」ブランドで輸出していましたが、現在はLSAなど上質な海外の日用品輸入が事業の大半を占めてます。
海外の上質なもので日本のリビングスペースを彩るだけでなく、日本特有の「感覚」と「間隔」、そして多治見の技術を活かしたものづくりで世界中のリビングスペースに和みと語らいを生むべく、2015年に「リビングトーク」をリ・ブランドし、デザイン、開発を始めました。
セキテイはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか石庭では白砂に直線と曲線が連続した紋様が施されていますが、それを分解して「えん」と「せん」の最低限の装飾を器の表面に刻んでいます。
その小さな起伏と、ビスクの艶のない質感がやわらかな陰影を生み出し、静かな空間を作るのを助けています。
また、ソーサーは飲み物がこぼれないように通常はフチに高さがありますが、白砂の地面を表現したく、平らな面形状としました。
平らな形状は歪みが出やすい陶磁器では避けられますが、「えん」と「せん」の起伏がリブの役割を果たし、歪みにくさを抑えています。
ビスクという釉薬を掛けない仕上げは通常、手触りがざらざらし、汚れも付きやすくなります。
そのため、表面を研磨で仕上げ、触感と防汚を高めています。
特に口元は手間のかかるダイヤモンド研磨を施し、口触りを滑らかにしています。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項料理は盛られる器によって美味しそうにも、そうでないようにも見えます。
同様に、卓上も置かれる器によって美しく見せることができます。
多治見の白磁と灰磁という素材、形状と質感を向上させる技術、そして日本特有の感覚と間隔。
それらを活用し、用いる器によって日々の卓上が美しく保たれる事で、食事の時間が整う一助となればと考えています。
どこで購入できるか、どこで見られるかSpiral Market/REAL Style 金沢店/Day by Day コピス吉祥寺店、Spiral Market、REAL Style 金沢店、Day by Day コピス吉祥寺店
セキテイをもっと見る・購入 楽天市場でセキテイを探す

amazonでセキテイを探す

Yahoo!ショッピングでセキテイを探す
オフィシャルサイト http://www.living-talk.jp

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
雑貨・生活用品の人気グッドデザイン