バッテリーロック

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

アウトドアレジャー用グッズ

スポーツ・趣味用品

コールマン ジャパン株式会社

グッドデザイン賞

製品が開発される社会的必然性があり、そのストーリーがとても分かりやすい。

「乾電池を抜いて保管するわずらわしさを解消し、液漏れのリスクを低減する」、というコンセプトを実現するための必要十分な機能とデザインが、誠実に満たされていることが審査委員共通の高い評価に繋がった。

持ち運びを考えるともう少し軽い方がうれしい、という意見もあったが、電池そのものの重量と緊急時に求められる堅牢さを考慮すれば、この点も許容範囲内であろう。

バッテリーロックシリーズの概要乾電池を入れたままでもロックをかける事で、実際に乾電池を抜いて保管しているのと同じ状態を保つ事ができます。
乾電池製品は使用しない時は電池を抜いて保管しないと通電が起こりつづけ過度な放電が起こり、その結果液漏れが発生します。
本製品はひねるだけで電池を抜いた時と同じ状態に出来るため電池の出し入れのわずらわしさを軽減し、いざ必要というときの電池の液漏れや製品ダメージなどのトラブルを大きく改善する事が可能になりました。
電池を入れたまま安心して保管できると言うことは、地震や停電などの災害時に直ぐに使えるということです。
まだ、電池を長持ちさせることもできます。
バッテリーロックシリーズの製品仕様乾電池製品は使用しない時は電池を抜いて保管しないと通電が起こりつづけ過度な放電が起こり、その結果液漏れが発生します。
その通電による過放電を制御するには使用しない時は電池を抜くことが必要ですが、本製品はひねるだけで電池を抜いた時と同じ状態に出来るため電池の出し入れのわずらわしさを軽減し、いざ必要というときの電池の液漏れを大きく改善する事が可能になりました。
プロデューサーコールマン カンパニー インク
デザイナーコールマン カンパニー インク
バッテリーロックシリーズの開発・企画について乾電池を取り扱う製品はどれも乾電池を抜いて保管してくださいと注意喚起されています。
しかし、実際には出し入れのわずらわしさで多くの人が乾電池を入れっぱなしで保管しています。
そして、次に使おうとした際すでに液漏れが発生していて製品が使えないといった経験をしています。
そのわずらわしさを解消し通電による過放電をなくしたのが本製品です。
バッテリーロックシリーズのデザインについて乾電池を抜いて保管するわずらわしさを解消し液漏れのリスクを低減。
ユーザー・社会に伝えたいこと防災意識の高まりの中で、懐中電灯やランタン等をいざというときに使おうと保管している家庭が多くありますが、乾電池を入れっぱなしで保管していることで、いつのまにか液漏れをおこしていることがよくあります。
乾電池を抜いて保存するようにどんな製品にも書いてありますが、いざというときに電池を入れてからでないと使用できないわずらわしさを解消しようと開発しました。
バッテリーロックシリーズはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかひねるだけで簡単に電池を絶縁させることができる。
また基本的な明るさや連続使用時間などについてもユーザーが満足いくレベルにする。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項災害はいつやってくるかわかりません。
電池を入れたまま保管して、いざというときに備えてほしいと思います。
どこで購入できるか、どこで見られるかコールマンオンラインショップ、オンラインサイト、You Tube
バッテリーロックシリーズをもっと見る・購入 楽天市場でバッテリーロックシリーズを探す

amazonでバッテリーロックシリーズを探す

Yahoo!ショッピングでバッテリーロックシリーズを探す
オフィシャルサイト http://www.coleman.co.jp

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
スポーツ・趣味用品の人気グッドデザイン