ハーフ調光レンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

メガネレンズ

スポーツ・趣味用品

伊藤光学工業株式会社

グッドデザイン賞

ユーザビリティに沿った商品開発がなされており、使用者に対して新しいレンズの価値が提案できている点が評価された。

ハーフ調光レンズの概要屋内での使用時は透明なメガネレンズですが、太陽光のあたる屋外ではレンズの上半分だけが着色し、レンズの下方向に向かうにしたがって、徐々に色が薄くなる屋内・屋外両用のメガネレンズです(「ハーフ調光」という)。
レンズの濃淡の色合いはグラデーションになっているためサングラスとしてファッション性にも優れています。
また、昨今の高齢化社会において遠近両用メガネにも対応し、白内障などで目に眩しさを感じられる方でも、遠くを見る時はサングラスとして眩しさを軽減し、手元は明るい視界となるメガネになります。
ハーフ調光レンズの製品仕様眼鏡用プラスチックレンズ
プロデューサー伊藤光学工業株式会社 技術部 ゼネラルマネージャー 瀬戸宏人
ディレクター伊藤光学工業株式会社 技術部 マネージャー 小田博文
デザイナー伊藤光学工業株式会社 技術部 山本宏幸
ハーフ調光レンズの開発・企画について太陽光にあたるとレンズの上半分が着色されることから、照りつける眩しさを和らげ、なおかつレンズ下半分は色が薄くなっているため、手元の物を見たときにスッキリ明るく見えます。
見た目にはハーフカラーのサングラスとしてファッション性にも優れ、人とは違うお洒落を楽しむことができます。
また、太陽光が当たらない屋内では透明レンズなため、外出後サングラスから屋内用のメガネに替える必要も無くそのまま使用できます。
ハーフ調光レンズのデザインについて「屋外で強い日差しをシャットアウト、しかも手元は明るく」「屋内では透明なクリアレンズ」
ユーザー・社会に伝えたいこと一般的にメガネは使う用途別にそれぞれ持つ必要があります。
例えば日差しの強い外ではサングラス、屋内は透明レンズなど、掛け替えることが煩わしく携帯性を考えると出来るだけ1本で済めば便利になることから開発をスタートしました。
さらに近年の高齢者人口の増加から白内障・加齢黄斑変性症・緑内障などにより太陽光の眩しさを強く感じる方も増えており、中高年の方にも対応した日常使い用のメガネが求められています。
ハーフ調光レンズはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか太陽が出ている屋外でメガネをかけた時に、色が付く部分と付かない部分の境界線が見えてしまうと違和感があるため、レンズの上から下に向かってグラデーション状に色が薄くなるようにさせて自然に見えるようにしました。
さらにグラデーションの幅を出来るだけ狭くすることで下へ目線を動かした見た時、濃淡の差が分かりやすいように調節しました。
また、幅広い方に使って頂きたいことから、基本的な視力矯正メガネとしての機能を充実させました。
特に近眼など目の悪い方に向けてレンズを薄くできる素材も採用しており、遠近両用メガネとしても作ることができます。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項もっとメガネを楽しもう。
最近は機能性レンズ(ゴルフ用、ドライブ用など)のラインナップが増えてきており、必ずしも目が悪い人だけがメガネをかけるということは無くなりつつあります。
色メガネのサングラスはちょっと遠慮してしまっている方に、日常用メガネとしても使えるハーフ調光メガネを手に取って頂きたい思います。
どこで購入できるか、どこで見られるか眼鏡市場
ハーフ調光レンズをもっと見る・購入 楽天市場でハーフ調光レンズを探す

amazonでハーフ調光レンズを探す

Yahoo!ショッピングでハーフ調光レンズを探す
オフィシャルサイト http://www.itohopt.co.jp

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
スポーツ・趣味用品の人気グッドデザイン