コミュニティデザイン プロジェクトガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

書籍

コミュニティ・地域社会のデザイン

株式会社studio-L

グッドデザイン賞

この本はコミュニティデザインの企画実施者が、活動を振り返りその内容や達成を共有できる「アーカイブ」としての意味と、地域づくりにこれから取組みたい人にとってのレファレンスという2つの機能を持った活用性の高いツールである。

地道な活動を書籍という誰でも共有しやすく、信頼性の高いメディアに丁寧にまとめていく事で企画実施者への自信を与えながら今後の継続・発展へのモチベーションにつなげている点と、知識やノウハウをわかりやすく一般化している点が評価された。

コミュニティデザイン プロジェクトガイドの概要広島県と愛媛県が共同開催した、広島県10市町と愛媛県3市町の島しょ部及び臨海部を舞台とした観光振興と地域振興を目的としたイベント「瀬戸内しまのわ2014」では、地域住民が主体となって企画・運営した「民間企画イベント」272件が実施された。
そのうち広島県でコミュニティデザインの手法を用いてブラッシュアップに取り組んだ69件について記録した書籍を制作した。
準備から実施までの約1年に、様々な出会いや学びによって企画が発展する過程や企画者自身に起こった変化、イベント実施後の波及効果などを丁寧に追った。
記録集のみならず、地域内外と連携したプログラムを実施したい人向けのノウハウ集としても役立つものである。
コミュニティデザイン プロジェクトガイドの製品仕様W210mm×H257mm、フルカラー、128ページ
プロデューサー株式会社studio-L 代表取締役 コミュニティデザイナー 山崎亮
ディレクター渡辺直子
デザイナーテンテツキ 金子英夫+たなかたかこ+株式会社studio-L 西上ありさ、出野紀子、丸山傑、宮脇亮平、佐谷圭、井上泰孝
コミュニティデザイン プロジェクトガイドの開発・企画について「しまのわ」ではコーディネーターとしてデザイナーが加わることで、地域住民と共にイベント自体のブラッシュアップに取組み、会期終了後にコーディネーターの関与がなくとも継続していけるよう、人材の育成に努めてきた。
企画の準備・実施、あるいは講座や交流会といったフォローアップを経て、それぞれの企画実施者が学んだ知識やノウハウ、得たつながりや経験を、広島県内という広域の実施者同士で共有するツールとなっている。
コミュニティデザイン プロジェクトガイドのデザインについて“目に見えない”活動を後押しするための“目に見える”プロジェクトガイド
ユーザー・社会に伝えたいこと古くより「海の道」として多くの人やモノが行き交った瀬戸内海で、地域やそこに暮らす人の「つながり」を取り戻すために、島の暮らしの博覧会として開催した「瀬戸内しまのわ2014(以下、しまのわ)」は、瀬戸内の魅力を発信するイベントであると同時に少子高齢化や担い手不足などの地域課題の解決に取組んできた。
そこで生まれた活動やつながりは会期終了後も継続・発展しており、地域住民主体の様々な取組みが生まれている。
コミュニティデザイン プロジェクトガイドはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか冒頭ではコーディネーターであるstudio-Lのしまのわでの役割を紹介した。
地域情報の収集や企画実施者の発掘、講座などのフォローアップの仕組みがわかる。
地域が抱える課題や実施者の年齢層、企画のタイプによって選んだ12企画は、より詳細に紹介した。
最初のページには、企画の様子が一目で伝わるイラストをつけ、地域を訪れたことがない人にもイメージしやすいよう、地域概要を掲載した。
次ページでは、企画実施のきっかけ、実施における課題とその乗り越え方、そして企画実施までを時系列で「タイムライン」としてまとめており、企画実施までの過程を大まかに知ることができる。
その次では、その過程を文章で詳しく紹介した。
最後のページは、実施者へのインタビュー形式の記事で、実施者自身の発見や今後の展望を伝えた。
まとめとして、そのケースから学び取れるコミュニティデザインのノウハウを一般化し、「ここがよかった!」として紹介した。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項読者には、小さな企画であっても、周囲の人々を巻き込むことで、いかに地域や周囲の人々に影響し地域づくりの役割を果たしているか、あるいは実施者が新しいつながりや経験を楽しみながら活動する重要性を伝えたい。
しまのわ実施者には、自らが約1年取組んできたことの価値を、客観的に整理することで改めて実感してほしい。
企画のイラストを実施者の似顔絵にしたのは、色々な人に自分たちの取組みを伝えてもらうためだ。
どこで購入できるか、どこで見られるかstudio-Lホームページより申込、studio-Lホームページ、瀬戸内しま博覧会「瀬戸内しまのわ2014」公式Facebookページ、せとうち参観〜しまのわイベント非公認応援団〜Facebookページ
コミュニティデザイン プロジェクトガイドをもっと見る・購入 楽天市場でコミュニティデザイン プロジェクトガイドを探す

amazonでコミュニティデザイン プロジェクトガイドを探す

Yahoo!ショッピングでコミュニティデザイン プロジェクトガイドを探す
オフィシャルサイト http://www.studio-l.org/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
コミュニティ・地域社会のデザインの人気グッドデザイン