動物と共生の暮らし

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

住まい造り支援

デザインによる教育・人材育成

大賀建設株式会社

グッドデザイン賞

日本は今後、超長寿社会を生きなければならない。

高齢者は段階的につながりを失っていくことを経験する。

友人や配偶者や兄妹を次々と失う。

その際、高齢者とのつながりを担保する対象のひとつがペットである。

ペットの殺処分などが問題になる一方で、ペットと生きる人生の重要性が増す時代だからこそ、ペットとともに住む住宅のあり方を検討する意義は大きいといえよう。

動物と共生の暮らしの概要介護人口は限られ使役動物が人を支える時代が迫る。
核家族さえ崩壊し心や暮らしに空いた穴を埋める為に動物を飼う人は増える。
一方社会は頑なになり動物との暮らしには様々な障害が存在する。
当企画はペットの概念を超え人の体や心の一部となった動物と人が共生し、ストレスの無い互助関係を作り出す為の家とそれを支えるサービスである。
建築の専門家である当社と共生住宅設計者が共生を快適に行う住環境作りを行うと共に、動物の専門家が共同で暮らす前の準備と、暮らしのフォローを行う。
家造りと動物との共生はほぼ同時に始まり同じプロセスで計画が進められ、双方の連携により最良の環境を作り出し、その関係は終の場まで続いていく。
動物と共生の暮らしの製品仕様住まい造り支援
プロデューサー大賀建設株式会社 常務取締役営業推進部部長 須賀亮
ディレクター大賀建設株式会社 営業推進部企画課課長 荒井秀一
デザイナー大賀建設株式会社 営業推進部企画課主任 安下茂
動物と共生の暮らしの開発・企画について異なる習慣や習性を持ち、異なる環境を求める生命同志がお互いの行動特性に適した空間で快適に暮らせ、頑なになった社会に対し負荷を掛ける事無く協調して暮らす事ができる住環境を提供する。
また一時の可愛さや衝動的な想いからの安易な共生から来る、動物と人間双方がストレスを感じながらの暮らしや、近隣とのトラブル等の不幸を防ぎ、人・動物・周辺の人々が快適に共生出来る関係を、各種サポートを通じ作りあげていく。
動物と共生の暮らしのデザインについて人々の体や心の不足を補う動物達との共生を、社会の中で適切に行う為の住まいと仕組みの提供。
ユーザー・社会に伝えたいこと介助出来る施設が埋まり介助者も不足する。
一人暮らしや、長い老後の寂しさを埋める動物を求める人も増える。
動物が人の体や心の不足を補う存在となった。
しかし社会は以前より頑なになり動物との暮らしには問題が付きまとう。
このような社会の中で人と動物、動物を飼う家庭と周囲に人が共生出来る環境作りが必要である。
その為の動物行動を考慮した家の提供と、共生の暮らしを支え命に責任を持つ永続的なサービスが必要である。
動物と共生の暮らしはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか一戸建て住宅の建築を機会に動物との共生の暮らしを始める人は多い。
新たな家でどう暮らすかという家づくりと並行して、動物とどう暮らすかを、ペットライフ・マップを作成し双方の暮らしを具現化する。
これらは共生の暮らしに精通した獣医生命科学大学の専門家によって進められ、共生する犬種にも言及する。
動物の問題行動は生活環境起因による所が大きい。
住いの設計は当社と動物行動学に精通した共生を専門とする設計者により行われる。
暮らし始めた後も日常の暮らしをフォローするシッターやホテルの紹介や病気やけがの病院の紹介を行い、問題行動や悩み事にはドックトレーナーの派遣も行う。
動物との共生生活を行う当社の入居者専用のサイトも開設する予定で、そのサイトを通じ共生の暮らしをする家庭同士の交流や随時行われるセミナーの案内も行う予定である。
不幸にして共生を止めざるを得ない場合の里親探しや適応教育もこのサイトを活用予定である。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項同じ世界に住む異なる生命として共存してきた人の動物との関係はここ数年で大きく様変わりした。
外で飼われていた犬の大半は室内で暮らし、外で飼うと虐待と通報されることすらある。
本来日本文化には無い動物と同じ床で暮らす生活形態を行うには人の意識改革が必要である。
動物と共生する喜びを最大化し、その恩恵をうける為には、その住処だけでなく暮らし方もサポートし、人と動物とが良好な関係を築いていくことが必要である。
どこで購入できるか、どこで見られるかアルネットホーム各展示場、LA VING各ショールーム
動物と共生の暮らしをもっと見る・購入 楽天市場で動物と共生の暮らしを探す

amazonで動物と共生の暮らしを探す

Yahoo!ショッピングで動物と共生の暮らしを探す
オフィシャルサイト http://www.taiga-k.com

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
デザインによる教育・人材育成の人気グッドデザイン