中層木造耐火プラットフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

事業創出

ビジネスモデルのデザイン

株式会社日本ハウスホールディングス

グッドデザイン賞

市街地建物には高層化と耐火性が必須である。

木造で3階層の建築を行うこと自体は容易だが、耐火性能を達成するには様々な課題があった。

それを実現可能としたのが、日本ハウスホールディングスの『中層木造耐火プラットフォーム』である。

木造軸組工法で60分耐火構造とする為には分厚い耐火被覆層が必要だが、建物重量は3階建の準耐火建築物の1.5倍となる。

この重量増・高層化に対応しつつ地震・台風から住まいを守る、超高倍率耐力壁の開発に成功。

さらに横幅0.5mの壁でも耐力となる幅狭耐力壁、強固な門型フレームを作成することによって様々な間取りに対応可能となった。

また床・基礎の開発により、通常無窓空間か駐車場となる1階も居室としての活用を実現し、居住空間の質・量ともに向上することを達成した。

革新的な当該開発は木造4階建すら許容する耐久力であるという。

この技術をベースに国内森林資源を活用し、全国のプレカット工場で製造できるシステムに加え、どの地域工務店でも施工可能なオープン工法である点など、プラットフォームと呼ぶに相応しいビジネスモデルとして高く評価した。

中層木造耐火プラットフォームの概要人口減少や高齢化により利便性の高い市街地回帰は大都市から中小都市にも広がる。
この唯一拡大する市場は高層化と耐火性から鉄とコンクリート構造の独壇場で木造構造物は立ち遅れている。
当構造は木造でありながら市街地建物に求められる60分耐火性能を持ち、自重増となる建物の耐震性能と開口率を両立させる超高倍率耐力壁をはじめ、幅の狭い壁でも高い構造耐力も持つ幅狭耐力壁や、大開口を実現する門型耐力フレームからなる構造システムである。
施工技術は一般的な木造軸組工法の延長にあり、ゼネコンやプレハブ会社の独壇場である市街地耐火建築で地元工務店が活躍できる場を創り出す。
住む人には木の家の快適な暮らしを低価格で提供する。
中層木造耐火プラットフォームの製品仕様木造軸組構造
プロデューサー株式会社日本ハウスホールディングス 設計部 商品開発課
ディレクター株式会社日本ハウスホールディングス 設計部 商品開発課
デザイナー株式会社日本ハウスホールディングス 設計部 商品開発課
中層木造耐火プラットフォームの開発・企画について老朽化から建替えたいと考えても法規制から高額なコンクリートや鉄骨造にせざるを得ない顧客に対し、当構造体は都市で快適に暮らせる廉価な木造耐火建築物を提供出来る。
さらに収益物件にも利用可能な基準をクリアし建物の用途は広い。
地域の工務店で建築でき、建築材や副資材の調達による地元経済の好循環を生み、雇用が増え、税収も上がり、地方も自立する。
当構造体は住む人だけでなく、地域の産業や人々の暮らしを活性化する。
中層木造耐火プラットフォームのデザインについて唯一活性化する市街地住宅で快適な木の家を地場工務店が建設できる中層木造耐火プラットフォームの開発。
ユーザー・社会に伝えたいこと人口減少や高齢化により市街地回帰は大都市だけでなく中小都市でも進む。
市街地建物には高層化と耐火性が必須であるが、木造で容易に行える3階建ても60分耐火になると耐火被覆が42mmになり、建物重量は1.5倍となる。
一般の5倍壁では1階の間取りが成立せず木造住宅の市街地参入を阻む。
顧客が市街地でも廉価な木の家に住む事ができ、それを地元工務店が建てられる中層木造耐火プラットフォームの開発が必要と考えた。
中層木造耐火プラットフォームはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか木造軸組工法で60分耐火構造とする為には表面に42mmの耐火被覆層が必要で、建物重量は通常の3階建準耐火建築物の約1.5倍になる。
この重量増と高層化に対応でき地震力や台風力から住まいを守る為には超高倍率耐力壁が必要である。
この超高倍率耐力壁は数多くの実験を経て24mm合板と100KN級のHD金物と、柱の割裂を防ぐビス種や打込みピッチの検討により実現された。
さらに市街地住宅は短辺方向の壁の数は限られる。
例え0.5mの壁でも耐力となる幅狭耐力壁や、駐車場利用も考え壁倍率約7.5倍相当の門型フレームも用意した。
壁の強さを活かす為に500mmピッチの根太組に24mm合板を釘打ちする6.7倍の床倍率を持つ床も開発され、自重増と高倍率壁による引抜力に耐える基礎も開発された。
これらにより通常無窓空間か駐車場にせざるを得ない1階も居室として活用する事ができ、居住空間の質、量共に拡大が図れた。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項従来、建築産業は裾野が広く経済波及効果が高い産業と云われてきた。
しかし市街地建物はその求められる性能によりコンクリートや鉄に限られ、施工を担う建築会社は大企業で地元の経済波及効果は低い。
地方の時代といわれ地方が元気にならなければいけない現在、この中層木造耐火プラットフォームは地元の産業が取り扱える材料を使用し、地元の大工や職人が建てられ、地元の企業が潤い、税収が上がり、地方を元気にする事ができる。
どこで購入できるか、どこで見られるか株式会社日本ハウスホールディングス 全国支店 営業所
中層木造耐火プラットフォームをもっと見る・購入 楽天市場で中層木造耐火プラットフォームを探す

amazonで中層木造耐火プラットフォームを探す

Yahoo!ショッピングで中層木造耐火プラットフォームを探す
オフィシャルサイト http://www.nihonhouse-hd.co.jp/

関連するグッドデザイン

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン