ヘルスケア手帳サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ヘルスケアITソリューション・サービス

ビジネスモデルのデザイン

パナソニック ヘルスケア株式会社

グッドデザイン賞

医薬分業が制度化されてから久しいが、利用者目線から薬局選択肢が格段に増えた印象はなかった。

結局、医療機関隣接の薬局や、自宅近くの薬局に限られていたのが現実であった。

 スマートフォン普及を背景としたこのサービスは、利用者の生活フローと移動経路に合わせた薬局選択を可能にし、情報の確実な伝達、時間の無駄の削減といった薬を取得するまでのストレスを見事に低減している。

薬局側も、未知の顧客からアクセスが飛び込んでくるという新たな商機を獲得することができた。

現代の情報インフラを活用した社会的必要性の高いサービスソリューションである。

ヘルスケア手帳サービスの概要薬局に来局する利用者が待つことなく薬を受け取れる「ヘルスケア手帳」スマートフォンアプリを核にした業界初のヘルスケアITサービス。
利用者のスマートフォンから直接、処方箋を事前に送信するという新規メディカルサービスフローをデザインしたことで、利用者には薬待ちの時間を自分の時間に変えられる利便性と自由度をもたらし、保険薬局にはインターネットを介した距離に依らない送信で、医療機関からの近さに応じて集患力が決まっていた従来の薬局経営の常識にパラダイムシフトを創造し、大幅な増患効果と顧客満足度をもたらした。
更に分かりやすいGUIで、高齢者含め利用者の55%が行きつけの薬局を変更した実績も実証した。
ヘルスケア手帳サービスの製品仕様薬局に来局する利用者が待つことなく薬を受け取れる新規メディカルサービスフローをデザインしたスマートフォン活用サービス。
利用者には、処方箋を事前送信することでお薬待ち時間を自分の時間に変えられるという利便性による健康ライフのイノベーションを、薬局には、医療機関からの近さ(距離)に応じて集患力が決まる従来の薬局経営の常識を覆す程の、大幅な増患効果と顧客満足度をもたらし、医療業界にパラダイムシフトを創造
プロデューサー峰村 淳、小野 朝彦
ディレクター尾崎 亘彦
デザイナー辻 梨恵、森分 優太、森 政和
ヘルスケア手帳サービスの開発・企画についてこの医療システム業界初の新IT活用サービスが、従来になかったビジネスモデルで保険薬局に大幅な増患効果と顧客満足度をもたらし、薬局経営にパラダイムシフトを創造。
利用者は1万名を越え、待ち時間なく処方薬を受け取るスタイルが今後の薬局利用時のスタンダードになる兆し。
ヘルスケア手帳サービスのデザインについて・利用者には無償で価値提供しながら薬局経営に貢献するサービス ・患者と薬局のコミュニケーション深化
ユーザー・社会に伝えたいこと当社は診療所・保険薬局で利用される医療ITシステム:電子カルテや薬歴システム等で業界シェアNo1であるが、これまでのシステムは、医院内の業務効率化を支援するのみであった。
スマートフォンの台頭と共に利用者と薬局をクラウドでつなぐことで、利用者と薬局の絆を深める患者サービスとしてITがお役立ちできないかを着想し、薬局現場の方々の声に耳を傾け、使いやすい受付業務のフローを対話しながら開発を行った。
ヘルスケア手帳サービスはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか単に処方箋画像を電送する機能の実装だけではなく、新たな薬局経営貢献サービスとして位置づけ設計した。
特に、1)薬局と利用者の双方をつなぐサービス:かかりつけ薬局などこれまで以上に薬局と利用者のコミュニケーションが必要とされてきている中、そのつながりの強化を支援する機能、2)薬局と利用者の双方に付加価値を提供し続けるサービス:ヘルスケアサービスの基盤として発展的にサービスを重畳できる基本設計、を織り込んだ。
更に、3)薬局経営の根幹に寄与する付加価値の創出を重視した。
具体的には、①新規顧客獲得、より広域からの新規処方箋の受入・集客の実現。
②顧客満足度向上、待ち時間の短縮・有効活用化の実現。
③業務効率向上、薬剤師側で呼出やお薬の順序調整ができ、面前で待たせないことでのゆとりの実感によるストレス軽減・ミス低減。
④徹底的に分かりやすさに拘ったGUI。
を満たすサービスモデルをデザインしリリースした。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項1) 体調が悪い時の薬局での待ち時間を、処方箋事前送付とできあがり呼出で0にすること。
2) 処方箋送信と同時に、個人の服用履歴情報も一緒に薬局へ送り多重投薬チェックも両立させる安心な新メディカルフローの実現。
3) いつでも持ち歩くスマートフォンの活用で、災害時でも利用を可能とし、永続的なデータ蓄積と活用を実現
どこで購入できるか、どこで見られるかApp Store(Apple Inc,) 、Playマーケット(Google Inc.,)、ヘルスケア手帳サービス | ヘルスケア | Panasonic、ヘルスケア手帳アプリ | ヘルスケア | Panasonic、ヘルスケア手帳アプリ(App Store)
ヘルスケア手帳サービスをもっと見る・購入 楽天市場でヘルスケア手帳サービスを探す

amazonでヘルスケア手帳サービスを探す

Yahoo!ショッピングでヘルスケア手帳サービスを探す
オフィシャルサイト http://www.panasonic-healthcare.com/jp/medicom/healthcarenote/

関連するグッドデザイン

伝統工法の継承の写真

木組耐力壁が繋ぐ大工の技能

住宅業界において構造体プレカット加工は著しい進化を遂げ、一度もノミを使うことなく住宅を完成させることができる時代となった。大工の伝統技術/専門性は失われつつあり、将来の担い手の減少へと繋がっている。そこで技術継承とプライド復興のため本対象のプログラムが生まれた。木組耐力壁である理由は、現代のプレカット加工機では再現できない人の触覚や木の特性を見分ける力を要する技術であること。また住み手の暮らしを豊かにするものであること、というふたつの条件を満たすモノとして開発された。木組耐力壁は合決という技法で作られる最も初歩的な継手技術であるが、ノミさえ使ったことのない若い大工にとっては未経験の技術習得が必要となり、木組みの素晴らしさに触れるきっかけとなる。無論ただのトレーニング活動ではなく、量産性の高い住宅会社として現実的に普及可能な技術レベルをスタートラインとして設定している。先端技術は困難を容易へ変換し、一方で専門性を排除する。その結果として生じる職業意識やスキルの損失は看過できない問題である。市場から乖離することなく、職の誇りに着目/復興させるバランスの取れたプログラムとして高く評価した。

全国工務店の相互支援ネットワークの写真

JAHBnet(ジャーブネット):全国250社の工務店による相互支援ネットワーク

地域ごとに気候風土・文化・人は異なる。それを踏まえた建築を行えるのは、地域に根ざす工務店である。しかし旧態依然とした工務店には技術力・提案力の不足、根拠薄弱な価格設定など、大型住宅メーカーの画一的な住宅に劣る要素があるのも事実だった。アキュラホームは当該問題を解決するため、価格算出のための詳細なデータ・経営の収支バランスなど、膨大なノウハウをシステム化し公開した。しかし地域工務店ごとの異なった事情に対して、システムを一方的に公開するだけでは不足があることを鑑み、相互支援コミュニケーションの仕組みを開発した。これがJAHBnetである。特筆するべき点は『相互支援』の要素であり、アキュラホームが指導する形式はなく、工務店がそれぞれノウハウを共有することによって地域工務店全体のクオリティ向上を達成する。17年に渡るJAHBnet活動の中で『地域活性化のためのプロジェクト』『建築会社が倒産しても複数工務店が継続的に補完するシステム』など様々な取り組みが派生し、地域ごとにノウハウを提供するリーダー工務店が誕生している。その実績とノウハウ共有ネットワークの成功例として高く評価した。

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン