表参道akarium

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ウェブサイトのデザイン

商店街振興組合原宿表参道欅会(東京都) 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(東京都)

2007年度 日本商工会議所会頭賞 受賞

「akarium」は東京の表参道のイルミネーションプロジェクトで、今までのイルミネーションとは趣を異にした、和を感じさせる柔らかなあかりの空間をつくり出した新しいライトアップイベントである。

以前に同じ場所で行われていたケヤキ並木のイルミネーションは、近隣の苦情や電飾がケヤキを痛めていることが原因で中止された。

そのようなこともあって、8年ぶりに復活したイルミネーションに使われた光はLEDを使用し、消費電力量をおさえ環境問題にも配慮している。

光自体も微妙な表情でゆったりとしたものとなった。

またアカリウムコールという企画を同時に実施し、専用の電話番号に電話して発せられた声に合わせて、すべての光が点滅するというネットワークプロジェクトを行い、その状況をライブカメラで配信した。

単純なイルミネーションとしてではなく、どこにいても誰でも参加することがプロジェクトとしてイルミネーションを復活させたことが素晴らしい。

表参道akariumの概要「表参道akarium」は「原宿表参道憲章」および「エコアヴェニュー宣言」に則り、理想の街づくりの契機とすることを趣旨とし、約1kmにわたる欅並木に、和を感じさせる柔らかなあかりを発するLED(発光ダイオード)の塔「akari」(高さ:6m、幅・奥行:1.2m)60基を設置したもの。
点灯期間は2006年12月5日から2007年1月8日の35日間。
プロデューサー商店街振興組合原宿表参道欅会 理事長 松井誠一
ディレクター株式会社ライティング プランナーズ アソシエーツ 代表取締役 面出薫
デザイナー株式会社ライティングプランナーズアソシエーツ シニアアソシエート 田中謙太郎、アソシエート 永田恵美子+株式会社博報堂 MD統括局クリエィティブセンター  長嶋りかこ
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項表参道欅会の活動の核となる「エコロジー」の概念の具現化
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応明治神宮に続く「参道」という道の基本を活かした「和」の感覚
表参道akariumをもっと見る・購入 楽天市場で表参道akariumを探す

amazonで表参道akariumを探す

Yahoo!ショッピングで表参道akariumを探す

Yahoo!オークションで表参道akariumを探す
オフィシャルサイト http://www.hakuhodody-media.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ウェブサイトのデザインの人気グッドデザイン