タッチパネルを用いた可変インタフェースによる携帯電話でのユニバーサルデザインの取組

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

エヌ・ティ・ティ・ドコモ フォーマD800iDS

ウェブサイトのデザイン

三菱電機株式会社(東京都)

2007年度 ユニバーサルデザイン賞 受賞

IT環境でのユニバーサルデザインというと、誰でもが使える標準的なインターフェースを考えがちだが、万人向けのデザインは逆にすべての人に少しづつ使いづらいものになる可能性がある。

一人一台必須の情報環境となった携帯電話もまた、標準的なインターフェースによって普及したが、個々のユーザーのディスアビリティ/ディスアビリティを無視してきた。

タッチパネルによる可変インターフェースというアイディアは、個々のユーザーにカスタム化することで、アクセスビリティ、ユーザービリティを最適化させている点で評価できる。

もちろん、このデザインだけでは万人向けのものとはならないが、このインターフェースを実装できるメーカーからこのデザインが出てきたことは大いに評価したい。

タッチパネルを用いた可変インタフェースによる携帯電話でのユニバーサルデザインの取組の概要二つ折り形状のキー部分をタッチパネルにした携帯電話機。
2.2インチのQVGA液晶を上下に2枚配置、下部の液晶に取付けた触感フィードバック付きのタッチパネルで操作。
3個、6個、10個のキーから操作を選択でき、文字入力も2タッチ、5タッチ、手書き入力から選択可能。
筐体閉時には、144個のLEDで時刻や新着情報を大きく表示。
底面には机上で滑らないようにゴムを設けた。
手が不自由なかたにもご利用いただけるよう外部スイッチを装着して操作するスキャンモードを搭載。
タッチパネルを活かしたゲーム、ペイント機能が搭載されている他、電話、メール、カメラ、テレビ電話、各種インターネット、JAVAアプリに対応。
プロデューサー三菱電機株式会社 モバイルターミナル製作所 商品開発部 部長 東耕良夫
ディレクター三菱電機株式会社 デザイン研究所 インタフェースデザイン部 グループマネージャー 中洲次郎
デザイナー三菱電機株式会社 デザイン研究所 インタフェースデザイン部 樋口博彦、専任 城戸恵美子/情報システムデザイン部 専任 荒井秀文
タッチパネルを用いた可変インタフェースによる携帯電話でのユニバーサルデザインの取組のデザインについて『必要な時に必要なキーが表示される』『使う人に合わせてキーの数を切替られる』そんな携帯電話の使い勝手を2つの画面とタッチパネルで実現しました。
『みんなと同じ携帯電話が年配のかたや手が不自由なかたにも使いやすい』このコンセプトの実現に試作から製品化まで2年近く研究と開発を重ねてきました。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項『表示=ボタン』でダイレクトに画面を押して操作できる携帯電話の創出。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応『必要な情報』を『必要な時にだけ提示』することができる携帯電話の創出。
タッチパネルを用いた可変インタフェースによる携帯電話でのユニバーサルデザインの取組をもっと見る・購入 楽天市場でタッチパネルを用いた可変インタフェースによる携帯電話でのユニバーサルデザインの取組を探す

amazonでタッチパネルを用いた可変インタフェースによる携帯電話でのユニバーサルデザインの取組を探す

Yahoo!ショッピングでタッチパネルを用いた可変インタフェースによる携帯電話でのユニバーサルデザインの取組を探す

Yahoo!オークションでタッチパネルを用いた可変インタフェースによる携帯電話でのユニバーサルデザインの取組を探す
オフィシャルサイト http://www.mitsubishielectric.co.jp/mobile/foma/d800ids/index.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ウェブサイトのデザインの人気グッドデザイン